2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.01.20 (Fri)

クリスマスプレザーブを使ったフルーツケーキ

 アヲハタのクリスマスプレザーブが特価で売っていたので買ってきました。今回はラムブラウンを使ったアオハタのレシピでフルーツケーキをいけのこが焼いてくれました。
フルーツケーキ(ラムブラウン)

IMG_4221.jpg
IMG_4223.jpg

 なお、アマゾンの商品説明にこちらのレシピがありました。
【フルーツケーキ(ラムブラウン) 作り方】8人分 18cmパウンド型

(1)型に無塩バター(分量外)を少量ぬり、軽く薄力粉(分量外)をふるう。
(2)薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ1/2は合わせてふるう。
(3)無塩バター100gをクリーム状に練り、砂糖20gを2~3回に分けて加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
(4)溶いた卵2個を少しずつ加え、分離しないようによく混ぜる。
(5)(2)を2回に分けて加え、さっくりと混ぜる。
(6)「アヲハタ クリスマスプレザーブ ラムブラウン」1瓶(170g)を加え混ぜ合わせる。
(7)型に流し、160℃に予熱しておいたオーブンで50~60分焼く。竹串をさして何もついてこなければ焼きあがり。冷めたら型からはずす。

 無塩バターの100gと120gはレシピによってそれくらい違うのは分かるのですが、砂糖が100gと20gなのはちょっと違いすぎてドキドキですね。どちらも2016年の製品用のレシピではない感じだし、焼き色も全く違うし・・・。

IMG_4224.jpg

 焼きあがりました。レシピは上記URLの物を使いましたが、焼き色は上のレシピに近いものになりました。

IMG_4246.jpg
IMG_4248.jpg

 翌日頂きましたが、これは日本のケーキの味じゃないですね。外国のケーキの味がします ^^ とても気に入ったので、まだ残っていたら買いたいけど、カロリーが怖いな。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.08 (Thu)

けだるい日のコブラー

 コブラー第三弾です。今回はかなり作り方が違うコブラーで、けだるい日でも簡単に作れるお手軽コブラーということです。一昔前のアメリカじゃ「え!!ケーキをお店で買うの?」って言うのりだったようです。一昔前の日本の「え!!おにぎりをお店で買うの?」って感じでしょうか。そんな訳で、ちょっとけだるい日でも頑張って作ったのでしょうね。

バナナコブラー

 今回は、溶かしたバターの上に生地を流して、その上にバナナを乗せて焼きます。今までの中で一番生地が濡れた感じになっているコブラーが完成しました。バターがたっぷりで、焼きあがったときは温泉の**地獄って感じだったらしいですw

バナナコブラー

 ある程度冷めると、そのバターが生地に染込みとてもリッチな味わい。おいしいけど危険な味です。焼きバナナがあまり好きでないはずのひなちゃんが、普通においしいと言って食べたのにはびっくり。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.28 (Mon)

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 またまたコブラーを焼きました。今回は桃とバナナのコブラーの予定でしたが、いざ計量してみると桃も、バナナもレシピの分量より少なかったので、急遽リンゴの缶詰も使ってみました。

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 レシピでは黄桃の缶詰一缶で360gと書かれていたのですが、買ってきた黄桃の缶詰は270gしかありません。バナナは3本で400-450gでしたが、5本で305g ^^;; 手元にあった小さいリンゴの缶詰のは正味150gほどでまだ少し足りなかったのですが、仕方ありません。
 入れ物もちょっと大きいのでビスケット生地がまばらになりました ^^;;

桃、バナナ、リンゴのコブラー
桃、バナナ、リンゴのコブラー

 それでも美味しそうに焼けました ^^

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 本当は黄桃の採れる時期のお菓子だと思いますが、寒い時期にぴったりの暖かいお菓子で、焼きたての熱々をふうふう言いながら頂きました ^^ ひなちゃんも大喜びでしたが、自分の取り分が少ないと泣いたりして、大騒ぎ。どうやら、下にたまったシロップが欲しかったようです。

 これで、生地をポタポタと乗せるタイプと、生地を伸ばして上に乗せるタイプのコブラーを作りましたが、ダッチオーブンで作るのはまた別のタイプが多いようです。ダンプケーキと呼ばれる、乾燥した粉を入れて混ぜるタイプ、乾燥した粉を入れて、上からソーダ水を掛けるタイプ。アップダウンサイドケーキのような、上からケーキの生地を流し入れるタイプなどがあるようです。そんなに色々試したら、こっちがダンプになっちゃうよw
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.23 (Wed)

コブラー

 アメリカのダッチオーブンのレシピをみてると良く出てくるデザートがコブラー。私は食べた事が無いので、とても気になります。レシピも色々あり、ビスケット生地、ケーキ生地両方あります。アップサイドダウンケーキのようにひっくり返す物もあるし良く分かりません。



 そんな訳で日本後のレシピを探していたら、原 亜樹子さんの、「コブラーとクランブル パイより簡単!果物たっぷりの焼き菓子」という本を発見。さっそく図書館で借りてきて、参考にしていけのこに作ってもらいました。

コブラー

 なぜか最初から変化球のコブラーですw

コブラー

 シナモンロールのように見えますが、リンゴを使ったビスケット生地のコブラーです。

コブラー

 残った生地で翌朝も作りましたが、こちらの方がビスケットがサクサクとして、美味しかった。リンゴが足りなくなったのでバナナも入っています。

 残念ながらこの本にはダッチオーブンを使ったコブラーは出てきませんが、大体イメージがわきました。次は一番最初のページのトラディショナルなコブラーを焼いてもらう予定です。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

ハッピーハロウィン

 今日は幼稚園でハロウィンパーティーです。ひなちゃんもいけのこも仮装して幼稚園に行きました。昨日いけのこと、ひなちゃんがハロウィンのクッキーを作っていました。

IMG_2983.jpg
IMG_2972.jpg

 ひなちゃんは何度もクッキーを作っているし、粘土細工も大好きなので、型抜きはなれたものですが、遊びながらやるのでものすごく時間が掛かったみたい。アイシングは3回目の挑戦。だいぶ上手になってきました。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

タグ : ひなちゃん

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

かぼちゃケーキとコーンスティック

 いけのこがかぼちゃのケーキを焼いてくれました ^^

かぼちゃケーキ

 私もパプリカパウダーたっぷりのコーンスティックを焼きました。

IMG_2938.jpg

 余った生地はイケアの馬の型で焼きました。

IMG_2939.jpg

 パプリカたっぷりで、マッサ入りの味を狙ったのですが、やはり味わいが違いました。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.19 (Mon)

マッサ入りコーンブレッド

 アメリカでは辛口のコーンブレッドもよく焼かれているようですので、マッサを入れたコーンスティックを焼いてみました。いつも牛乳を使っていますが、今回は牛乳と飲むヨーグルトを混ぜて使ってみたらとってもふわふわになりました。時間があれば重曹を使いたかったのですが、面倒だったのでBPだけです。レシピを重量表記にしてみました。チリコンカーンと一緒に頂きました。

コーンスティック

・強力粉 カメリア 67g
・コーンフラワー 55g
・ブラウンシュガー 15g
・ラムフォード・ベーキングパウダー 小さじ1 (2.7g)
・マッサ 3.5g
・牛乳 50g
・飲むヨーグルト 50g(コープ神戸のもの)
・キャノーラ油 35g
・卵 1個 (49g)
・キャノーラ油 大さじ1/2 前もって計測して容器に入れておく

 コーンスティック型を入れたオーブンを220度に予熱。予熱が完了したら、ふるった粉類をボールに入れて混ぜ、真ん中にくぼみを作り、牛乳、マッサなど液体をを混ぜ、粉とさっくりと混ぜる。

コーンスティック

 忘れないように温度を200度に下げてから、コーンスティック型を取り出し、油をざっくりと型に流し入れ、火傷に注意しながら、ペーパータオルを使って軽くなじませる。このとき油が飛び出す事があるので注意。ペーパータオルが油を吸って底に油がたまっていないようなら、少し加えておく。大匙山盛り2杯の生地を入れて、ゆすって生地が行渡るようにしてすばやくオーブンに戻し15-20分程度掛けてゴールデンブラウンに焼く。今回は18分焼きました。予熱を220度にしたので、今回は満足な焼き具合です。

コーンスティック

 今回はきれいに型から抜けたのですが、2回に分けて生地を入れたので境目が出来ちゃいました。味のほうは普通に砂糖が入っている上に、飲むヨーグルトの甘みがプラスされているため、お菓子みたいです。でも、マッサのこくと微妙な辛味があり飽きない味です。今まで焼いたコーンブレッドの中で一番美味しいのはチャーリーブレッドだと思いますが、これもかなり美味しいコーンブレッドです。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

タグ : コーンブレッド 鋳物の型

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT