2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.02.22 (Wed)

久しぶりにクロアのワッフル

 最近は、ワッフルアイロンを使ってワッフルを焼く事が多いのですが、クロアのワッフルメーカー「Classic Waflle Maker(クラシックワッフルメーカー) 110JP」で焼くハート型のワッフルの方がひなちゃんが喜ぶだろうということで、久しぶりに焼いてみました。

ワッフルメーカー

 購入時の画像です。今では貫禄が付いてしまいましたw 上蓋が重いので、美味しいワッフルが焼けます。ワッフルアイロンより薄い軽いワッフルが焼けるので、どちらが良いとは一概には言えませんが、数年前からコーティングが弱ってきて油を塗らないと剥がれ辛くなってしまいました。

IMG_4667.jpg
IMG_4669.jpg

 ひなちゃんは、切るとハートになるのが不思議だったみたいです。

IMG_4670_201702212108175ab.jpg

 チョコとアップルジャムを間に交互に塗って頂きました。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.14 (Tue)

セリアのふんわり厚焼きホットケーキ型

 セリアの「ふんわり厚焼きホットケーキ型」を買って来ました。

IMG_4581_20170214001859efb.jpg
IMG_4568.jpg
IMG_4569.jpg

 枠ではなく、底が付いたホットケーキの型です。そこの部分はとっても薄くなっていて、焦げ目が付くようです。

IMG_4571.jpg

 ホットケーキミックスの生地をがめつく130g入れちゃいましたが、説明書より多く入れたので、ひっくり返すと溢れました。残りの2個はスプーンで掬い取って焼きました。大さじが15mlなので、115から120gくらいでちょうど良さそう。

IMG_4575.jpg

 シリコン越しにこんな焦げ目が付きました ^^ でも、説明書より生地が多かったので、かなり時間が掛かりました。

IMG_4576.jpg

 ちゃんと仲間で火を通すには説明書どおりの分量を入れる事が大事だと思います ^^;;

 掬い取った生地と残った生地を混ぜて普通のホットケーキを焼いたのですが、ある程度加熱された生地を焼きなおしたことで、とっても面白いもちもち食感のホットケーキになりました。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.05 (Sun)

クレープパンでクレープ

 我が家には「Ariete ディズニー クレープメーカー・ミッキー 181J」という、簡単にクレープを焼けるメーカーがあるので、鉄製のクレープパンを全然使っていません。たまには使わないと錆びちゃいそうなので引っ張り出してきました。

クレープパン

 こちらが我が家のクレープパン。「Paderno World Cuisine 7.125 Inch Blue Carbon Steel Crepe Pan」です。数年間使っていませんでしたが、錆びてもいないしきれいでした ^^ 油臭いクレープが出来るといやなので、良く洗ってよく焼いてから使いました。五徳が汚いのですが、先日ゴシゴシこすったらちょっと削れてしまったみたいで、艶がなくなってしまい、ピカピカにする気がうせてしまいました ^^;; もう、全体に油を塗って焼いちゃって真っ黒にシーズニングしてやろうかと思っていますw

クレープ模様

 きれいなクレープ模様が付きこびりつく気配はありません ^^ 1回に入れる生地の量が分かれば、同じ厚みで同じサイズのクレープを次々と焼けます。ひょっとしたらクレープメーカーで作るより、簡単な気がします。クレープメーカーで作ると、穴が開く事が多いのと、生地が減ってくると生地を入れる専用のプラ製の容器にメーカーが当たって、容器を溶かすのではないかと不安になります。
 普段スキレットを使っているので、鉄フライパンだと温度変化が大きく、団扇のように扇ぐと簡単に温度が下がるので、温度管理が楽です。

IMG_4456_201702052246351f5.jpg

 今回は、下記リンク先の横浜ロイヤルパークホテルの牧野真吾シェフのクレープシュゼットのレシピを参考にして作りました。このクレープパンだと9枚ジャストのクレープを焼く事ができました。とても美味しいし、作り方が詳しく参考になります。
Goodlookin’ Skillet Cookin’ episode 9 クレープ・シュゼット

 今朝の朝食に作ったので、先日作ったオレンジソースとリコッタチーズ、チョコレートソースなどで簡単に頂きました。そのうちクレープシュゼットも作りたいですね。酔っ払っても良い時にw

・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.20 (Fri)

クリスマスプレザーブを使ったフルーツケーキ

 アヲハタのクリスマスプレザーブが特価で売っていたので買ってきました。今回はラムブラウンを使ったアオハタのレシピでフルーツケーキをいけのこが焼いてくれました。
フルーツケーキ(ラムブラウン)

IMG_4221.jpg
IMG_4223.jpg

 なお、アマゾンの商品説明にこちらのレシピがありました。
【フルーツケーキ(ラムブラウン) 作り方】8人分 18cmパウンド型

(1)型に無塩バター(分量外)を少量ぬり、軽く薄力粉(分量外)をふるう。
(2)薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ1/2は合わせてふるう。
(3)無塩バター100gをクリーム状に練り、砂糖20gを2~3回に分けて加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
(4)溶いた卵2個を少しずつ加え、分離しないようによく混ぜる。
(5)(2)を2回に分けて加え、さっくりと混ぜる。
(6)「アヲハタ クリスマスプレザーブ ラムブラウン」1瓶(170g)を加え混ぜ合わせる。
(7)型に流し、160℃に予熱しておいたオーブンで50~60分焼く。竹串をさして何もついてこなければ焼きあがり。冷めたら型からはずす。

 無塩バターの100gと120gはレシピによってそれくらい違うのは分かるのですが、砂糖が100gと20gなのはちょっと違いすぎてドキドキですね。どちらも2016年の製品用のレシピではない感じだし、焼き色も全く違うし・・・。

IMG_4224.jpg

 焼きあがりました。レシピは上記URLの物を使いましたが、焼き色は上のレシピに近いものになりました。

IMG_4246.jpg
IMG_4248.jpg

 翌日頂きましたが、これは日本のケーキの味じゃないですね。外国のケーキの味がします ^^ とても気に入ったので、まだ残っていたら買いたいけど、カロリーが怖いな。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.08 (Thu)

けだるい日のコブラー

 コブラー第三弾です。今回はかなり作り方が違うコブラーで、けだるい日でも簡単に作れるお手軽コブラーということです。一昔前のアメリカじゃ「え!!ケーキをお店で買うの?」って言うのりだったようです。一昔前の日本の「え!!おにぎりをお店で買うの?」って感じでしょうか。そんな訳で、ちょっとけだるい日でも頑張って作ったのでしょうね。

バナナコブラー

 今回は、溶かしたバターの上に生地を流して、その上にバナナを乗せて焼きます。今までの中で一番生地が濡れた感じになっているコブラーが完成しました。バターがたっぷりで、焼きあがったときは温泉の**地獄って感じだったらしいですw

バナナコブラー

 ある程度冷めると、そのバターが生地に染込みとてもリッチな味わい。おいしいけど危険な味です。焼きバナナがあまり好きでないはずのひなちゃんが、普通においしいと言って食べたのにはびっくり。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.28 (Mon)

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 またまたコブラーを焼きました。今回は桃とバナナのコブラーの予定でしたが、いざ計量してみると桃も、バナナもレシピの分量より少なかったので、急遽リンゴの缶詰も使ってみました。

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 レシピでは黄桃の缶詰一缶で360gと書かれていたのですが、買ってきた黄桃の缶詰は270gしかありません。バナナは3本で400-450gでしたが、5本で305g ^^;; 手元にあった小さいリンゴの缶詰のは正味150gほどでまだ少し足りなかったのですが、仕方ありません。
 入れ物もちょっと大きいのでビスケット生地がまばらになりました ^^;;

桃、バナナ、リンゴのコブラー
桃、バナナ、リンゴのコブラー

 それでも美味しそうに焼けました ^^

桃、バナナ、リンゴのコブラー

 本当は黄桃の採れる時期のお菓子だと思いますが、寒い時期にぴったりの暖かいお菓子で、焼きたての熱々をふうふう言いながら頂きました ^^ ひなちゃんも大喜びでしたが、自分の取り分が少ないと泣いたりして、大騒ぎ。どうやら、下にたまったシロップが欲しかったようです。

 これで、生地をポタポタと乗せるタイプと、生地を伸ばして上に乗せるタイプのコブラーを作りましたが、ダッチオーブンで作るのはまた別のタイプが多いようです。ダンプケーキと呼ばれる、乾燥した粉を入れて混ぜるタイプ、乾燥した粉を入れて、上からソーダ水を掛けるタイプ。アップダウンサイドケーキのような、上からケーキの生地を流し入れるタイプなどがあるようです。そんなに色々試したら、こっちがダンプになっちゃうよw
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.23 (Wed)

コブラー

 アメリカのダッチオーブンのレシピをみてると良く出てくるデザートがコブラー。私は食べた事が無いので、とても気になります。レシピも色々あり、ビスケット生地、ケーキ生地両方あります。アップサイドダウンケーキのようにひっくり返す物もあるし良く分かりません。



 そんな訳で日本後のレシピを探していたら、原 亜樹子さんの、「コブラーとクランブル パイより簡単!果物たっぷりの焼き菓子」という本を発見。さっそく図書館で借りてきて、参考にしていけのこに作ってもらいました。

コブラー

 なぜか最初から変化球のコブラーですw

コブラー

 シナモンロールのように見えますが、リンゴを使ったビスケット生地のコブラーです。

コブラー

 残った生地で翌朝も作りましたが、こちらの方がビスケットがサクサクとして、美味しかった。リンゴが足りなくなったのでバナナも入っています。

 残念ながらこの本にはダッチオーブンを使ったコブラーは出てきませんが、大体イメージがわきました。次は一番最初のページのトラディショナルなコブラーを焼いてもらう予定です。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  スイーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT