いけのことべえ

ARTICLE PAGE

ジャークチキン

料理
  • comment0
 先日テレビでジェイミー・オリバーさんが作っていたジャマイカ料理のジャークチキンが美味しそうだったので、チャレンジしました。いろいろな都合で、私が勝手に量を加減してでっち上げたレシピなので放送されたものとはかなり分量が違います。

ジャークチキン 2-4人分
調理時間30分
ジャークチキン

 まずは、2枚の鶏胸肉に切れ目を入れてからオリーブオイルをかけ、塩コショウをしてフライパンで焼き色をつけます。焼いている間に、ソースを作りましょう。放送では皮付きの良い胸肉を使っていましたが、スーパーで買ってきた皮がほとんど付いていない安い胸肉です ^^;

ジャークソースのレシピは
・青ネギ2本
・ガーリック2片
・ハラペーニョ 2個(自家製のかなり小型のもの)
・タイム 5センチくらいの枝と粉を二振り(タイムが枯れかけなんです)
・ローリエ 1枚
・オールスパイス 小さじ1
・ナツメグ 小さじ1
・クローブ 小さじ1
・ラム酒 大さじ3
・白ワインビネガー 大さじ3
・蜂蜜 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・胡椒 ちょっと多めの少々
・オリーブオイル 大さじ2

 以上をミキサーにかけて焼き皿に乗せます。すごい量のスパイスが入っているのでドキドキですね。テレビではスコッチ・ボネットと言うハバネロっぽいピーマンを使っていましたが、今回は自家製のハラペーニョを使っています。焼き皿の上にソースを引いてみたら皿が大きくて、ソースが少なく感じます。

ジャークソース

焼き皿の上に焼き色をつけた肉を乗せ、ローズマリーを散らし220度のオーブンで17分焼きました。焼き上がりに蜂蜜を小さじ1/2掛ければ完成です。

 テレビでは、一人1枚食べていましたが、二人で1枚を頂きました。自家製ハラペーニョなので、そんなに辛くなく美味しく頂きました。ジャークソース美味しいですね。かなり気に入りました。ジャークソースポークやジャークソースフィッシュいろいろ作れそうですね ^^ あまりにも美味しいので、ちゃんと肉を焼くためにグリルパンを購入しました。それを使って皮付きの胸肉で再チャレンジしてみたいと思ってます。

追記:青ネギとなっていますが、実際にはスプリングオニオンと言っていました。見た目が青ネギなのでレシピでは青ネギを使いましたが、調べてみますと「スプリングオニオン=わけぎ」でした。スプリングオニオンと言えば葉玉ねぎとか春植えの小玉ねぎかと思っちゃいましたが、まさかわけぎとは ^^;;
関連記事

Comments 0

Leave a reply