いけのことべえ

ARTICLE PAGE

マフィントップリベンジ

スイーツ
  • comment0
 先日のマフィントップがもうひとつだったのでリベンジです。海外のサイトを捜してやっと見つけたのが、こちらのサラ・モールトンさんのレシピです「Blueberry Muffin Tops」アメリカのカップは240mlですので注意してください。ちなみにイタリアのカップはどうなっているのかイタリアアマゾンで調べてみたら2個しか軽量カップが見つかりません。いろいろと検索してみた結果、イタリアでは決まった軽量基準が無く、適当にそこら辺にあるコップやスプーンで計っているみたいです ^^;

マフィントップ

 このレシピは12個分なので、このレシピを参考に半分の量に減らして我が家の台所の事情を考慮して、レシピをでっち上げてみました。

有塩バター 56g(なんか勘違いして量が多くなりました。本当は42g)
牛乳 40ml
卵L 40g(黄身1個分約20g+白身20g)
バニラオイル 少々
薄力粉 100g
上白糖 80ml (気持ち量を減らしてみました)
BP 小さじ3/4
冷凍ブルーベリー 240ml

・オーブンを190度に予熱しておく。
・バターを電子レンジで溶かしておき、ミルクと卵とバニラを混ぜ合わせる。
・小麦粉、砂糖、塩、BPを混ぜ合わせて、すでに混ぜ合わせていたミルク類とあわせ、混ぜすぎないように均等にブルーベリーを混ぜる。
・型に入れトッピングを乗せ中段で18分から20分焼く。(我が家のガスオーブンでは18分で充分のようでした)

マフィントップトッピング

 今回は、前回のレシピのトッピングに胡桃とバター、砂糖を追加し、コーンフレークを混ぜてみました。トッピングのバターは無塩を使ってます。

コストコのバター

 コストコのオリジナルブランド、カークランドの有塩バターは4本に分けてパックされていました。かなり塩辛いので、塩を入れるのをやめました。でも、全体で2g必要なので少し入れても大丈夫みたいです。アメリカのレシピはこのバター1個を1スティックと呼び、この目盛りを1テーブルスプーン(15ml)と呼ぶので、アメリカのレシピを使うときには便利なバターです。

マフィントップ

 アメリカンなノリでアイスクリームサーバーを使って生地を型に入れたら5個で生地がなくなってしまいました。こんな感じで生地を置くのなら、型なしでも焼けそうです。

マフィントップ

 よく焼けたと思って18分でオーブンから出しましたが、一番手前だけ色が薄いですね。左が奥、右がオーブンのドア側です。

マフィントップ

 予想外にしっとりとした焼き上がりでした。この型を全部使うレシピにするため1.2倍して適当に数字を分かりやすくし、少ししっとり感が強すぎるのでブルーベリーを減らし、小麦粉を気持ち増やすと、こんな感じのレシピかな?ただ、これだと型からあふれないので、どうなの?って気はします。

有塩バター 50g
牛乳 50ml
卵L 50g(黄身1個分約20g+白身30g)
バニラオイル 少々
薄力粉 125g
上白糖 100ml
塩 少々
BP 小さじ1
冷凍ブルーベリー 240ml
関連記事

Comments 0

Leave a reply