いけのことべえ

ARTICLE PAGE

金物の街三木の包丁

調理小物
  • comment0
 我が家には、すぐお隣の金物の町三木市で作られた包丁がありません。せっかくなので、何か買いに三木まで行ってみる事にしました。こちらが三木工業協同組合の包丁組合員の方の一覧です。うーん・・。思ったより少ないですね。三木の金物は包丁より大工道具とか肥後の守の方が有名みたいです。

 とりあえず三木の道の駅に到着。こちらには三木の金物の展示コーナーがあります。ネットで調べて、あらかじめ目を付けていたメーカーの包丁もあります。一通り包丁を見てからこちらでランチです。

鍛冶屋ラーメン

 フードコートって感じの軽食コーナーで、ランチです。鍛冶屋鍋という鍋に入った鍛冶屋ラーメンをいけのこがいただきました。ここからなぜか携帯のカメラのモードが変わってしまい画質が落ちてしまいました ^^;

鍛冶屋カレー

 わたしは、なすびとタコが入っている鍛冶屋カレーです。面白い組み合わせでおいしくいただきました。せっかくこのような鍋を使うのなら、焼きカレーにしたらおいしそうですが、セルフサービスのお店なので焼けた鉄鍋は危険との判断だと思われます。それにタコが硬くなりそうだし。

 目的の刃物屋さんは三木城跡の近くなので、お店によった後あたりを観光するつもりでコインパーキングを探しますがまったく見当たりませんでした。三木の町をくるりと1周して三木観光協会の看板と駐車場を発見したので、車を止めて話を聞くと無料で駐車できるらしい。こちらに車を止めてお城のあたりの地図をもらい歩き始めると、その「三木城跡の案内」という地図に目的の三寿ゞ刃物製作所の場所も書かれていました ^^

 三木観光協会から歩いてすぐにお店に到着。古い趣のあるお店でした。我が家には両刃の菜切り包丁が無いので、菜切りか三徳を購入予定でしたが相談の結果、鎌形の形をした両刃の菜切り包丁を買うことにしました。決して高い包丁じゃないけど、職人さんの作った包丁を本人から直接買えてちょっと良い気分。作った人の顔がわかる道具なんて買ったことあるのかな? 研ぎもしてるのをHPで見たので、小出刃の研ぎをお願いしてきました。ここなら近いし便利です。

菜切り包丁

 その後、城跡へ向かいました。かなりきつい坂を娘を抱いて上ったので、かなり息が切れました。三木市立金物資料館に到着すると、村の鍛冶屋の楽譜と自動演奏が迎えてくれます。スラーが全然無いんだけど、彫るのが難しかったのかな?

村の鍛冶屋

 夕食は、和風の煮物とチラシ寿司でしたので、早速菜切り包丁が大活躍。よく切れたようです ^^
関連記事

Comments 0

Leave a reply