いけのことべえ

ARTICLE PAGE

チキンとオルゾーのフリッタータ

洋食
  • comment0
オーブンマジックは2012年10月に製造終了しました。残念。

 以前、良く似たレシピをちょこっとUPしたのですが、そのときはとっても簡単なレシピだったのと、容器にルクルーゼのグラタン皿を使って作っていたので、洗うのが大変だったので、「毎日簡単パンレシピ60」付属の型を使って作り直してみました。

・卵2個 今回はLLなので125g
・ローストチキン 90g(たまたま、残っていたのが90gでした)
・オルゾー 50g(前回の倍にしてみました)
・アスパラ 50g(ジャガイモでも何でも良いです)
・青ネギ 20g(白ネギでもOK)
・ガーリック 今回は乾燥粗引きガーリックで手抜き
・ミルク 35g
・ピザ用チーズ 30g(高級なものならさらによし)
・香辛料 白胡椒、乾燥バジル、
・塩 少々

 実は、先日マギーの「オーブンマジック」という商品を買ってみました。その時焼いたチキンの残り物を使ってみました。

オーブンマジック

 七面鳥をオーブンで焼くときに使うオーブンバッグの小さいものなんだと思います。オーブンバッグを使うとジューシーなターキーの丸焼きが普通より短時間でできるらしいです。そんなわけなので、このオーブンマジックも鳥の丸焼きにチャレンジしてみたいけど、ちょっと小さくて無理っぽい。

オーブンマジック

 残念ながら完成した料理の写真を撮るのを忘れちゃいましたが、確かに鶏肉もジューシーでおいしかったですが、野菜がおいしくて最高でした。次回ターキーを焼くときに備えて、オーブンバッグを今のうちに入手しておきたいと思います。このとき使ったのはガーリックペッパーチキンの方です。次回は忘れないように写真を撮って画像をUPしたいと思います。

オルゾー

 オルゾーは少量なので、軽量カップでゆでちゃいました。冷やしてから食べるのでアルデンテもなにも無いので、水で洗って、卵に混ぜました。

フリッタータ

 問題はこの容器の耐熱温度です。もともとのレシピは190度で焼き、最後の5分オーブンのグリルモードで焼くのですが、オーブントースターなら、260度5分で気持ちよく焼き色が付きました。残念ながら、この容器のはオーブントースター不可だし、耐熱温度は260度です。付属の本のレシピでは最大でも200度で使っていました。今回はガスオーブンを使い、10度だけUPさせて210度で焦げ目を入れてみました。

フリッタータ

 190度に予熱したオーブンにいれ、16分加熱し、その後210度に上げ7分焼きました。ちょっと色が薄いですが、仕方ないですね。でも、型から簡単に外れるのが便利ですね。この型だと適量は卵3個かな?でも、結構重い料理だし、前菜って感じの料理なのでそんなに食べないので、これ以上たくさん作るのは二人だときつい感じです。

チキンとオルゾーのフリッタータ
そば粉ワッフル

 翌朝、そば粉ワッフルと一緒にいただきました。コストコのサーモンで作った塩漬けはまるでスモークサーモンのような食感でした。
関連記事

Comments 0

Leave a reply