いけのことべえ

ARTICLE PAGE

長崎旅行(4)グラバー園

国内旅行
  • comment0
 お昼に卓袱料理のお店に電話を入れたら、今夜なら用意できるとのことだったので、グラバー園を散策し、お昼にたっぷり食べたちゃんぽんを消化させて卓袱料理にチャレンジすることにしました。

カステラ神社

 モントレ長崎からちょっと歩くとグラバー園です。向かう坂道の途中、カステラ神社を発見 ^^

大浦天主堂
グラバー園

 大浦天主堂の隣が、グラバー園の入り口です。

グラバー園

 園内は坂が多いですが、エスカレーターがいくつかあるので案外楽に回ることができます。とは言うものの広大なので、充分ちゃんぽんを消化できそう。

グラバー園

 これが有名な!!!? 西洋料理発祥の碑です。石のフライパンが面白いですね。

グラバー園
グラバー園

 こちらは本当に有名な、プッチーニと蝶々夫人の像です。

グラバー園

 こちらは園内で一番高台にある、旧三菱第2ドックハウスです。手前の池には太った鯉、池の周りには太った鳩がいっぱい。

グラバー園



 素敵な眺望ですね。見とれていたら、下の池で高校生が池にはまってました ^^;;;

グラバー園

 蝶々夫人もこんな感じで港を窓から眺めていたのかな?

グラバー園
グラバー園
グラバー園

 たくさんの異人館を見学することができます。

グラバー園
グラバー園

 館内を見学できるところも多いです。

グラバー園

 こちらは、日本初のアスファルト道路だそうです。

グラバー園

 やっとグラバー邸です。

グラバー園

 もちろん館内を見ることもできます。こちらはサンルームに置かれてあるキリンの像。あのキリンビールの会社のマークのモデルです。

グラバー園

 当時の料理の模型です。一番左端が「タルタ」野菜(南瓜、人参)のタルトです。その隣り、グラスに隠れているのが「ラーグー」鶏、椎茸、タマネギの煮込み。その隣り手前のローストチキンのような料理は「ブラートエンゲホーゲル」鴨の丸焼きです。その奥の細長い揚げ菓子みたいなのが「スペレッツ」卵と小麦粉を水で練りまぜ引き伸ばして、縄のようにねじり油で揚げたお菓子。その隣り手前にある前菜のようなものは「スペナーン」ほうれん草をみじん切りにし、「ボートル」(バター)で揚げ、四つ切り卵をつけた物。その奥、ローストポークの様に見えるものは「カルマチーナ」猪(ぶた)の塩胡椒擦り込み焼き。その隣は「ケレヒトソップ」えびがね(伊勢海老)のスープ。その奥のグラスに隠れているのが「ハルトベースト」鹿の股の丸焼き、カラシ酢かけ。その右隣の魚のおっぽが見える料理が「ロストルヒス」浜(塩)焼き鯛。その手前茶色いいちじくのようなものは「スートアップル」りんごの赤ワイン煮。その手前の平たい白いものは「ポールルチス」くぼんだフライパンで焼いたパンケーキ。一番右端の料理は「コテレット」鶏・胡椒・肉豆冠の花(ナツメグ)・葱の紅毛紙包み焼き。

グラバー園

 女性に人気のハートの石です。この日も女子高校生がキャーキャー言いながら記念撮影をしていました。

グラバー園

 こちらはレストハウスのそばにあるハートの石です。

 今回大河ドラマの影響でしょうか? 龍馬が以前来た時より目立つところにいた気がします ^^

>>長崎旅行(5)長崎伝統芸能館と夜景
関連記事

Comments 0

Leave a reply