いけのことべえ

ARTICLE PAGE

いも類の試し掘りと夕ごはん

和食
  • comment0
 今年は、あまりの暑さに、家庭菜園の手入れを殆どしてませんでした。でも、春に植えつけたものがそろそろ収穫の時期ですので、雑草をかき分けて試し掘りをしてみました。

試し掘り

 左から高知産大生姜、三洲白芽ショウガ、鳴門金時、八つ頭です。うーん・・・。八つ頭は頭が少ない。ヒネショウガだけが立派です。ま、ほとんど放置で、土寄せや追肥なしだったからなぁ。

試し掘り

 ショウガと掘るときにスコップで切ってしまった鳴門金時を洗って再度撮影。こうやってみると、美味しいハジカミが作れそうです。鳴門金時をチンして食べてみました。掘りたてで水分が多く甘みもまだまだですが、上品な味でした。

トマト

 こちらはトマトです。まだまだたくさんとれます ^^ イエローアイコが特によく取れてます。

健白
蕪

 六甲のめぐみで健白(ケンパク)という白首大根とあやめ雪という蕪を買ってきました。これらを使って、夕食です。あやめ雪の根っこが・・。

夕食

 ふたりとも、八つ頭の小芋を食べるのは初めてでした。小芋は市販されている普通の里芋みたいな感じでした。あやめ雪蕪とショウガの酢の物、大根と大根の葉っぱの味噌汁です。あやめ雪は茹でると赤く変色するらしいのですが、酢の物の場合真っ白みたいです。

夕食

 大根の葉と油揚げの煮物です。これだけ野菜を食べたら、お腹の大掃除ができそうです ^^ ズイキは干して後日頂く予定です。
関連記事

Comments 0

Leave a reply