いけのことべえ

ARTICLE PAGE

鼎泰豐で夕食

中華料理
  • comment0
 昨年開通した阪神なんば線を初めて使い、なんばに行ってきました。高島屋をぶらぶらしてたら、鼎泰豐(ディンタイフォン)なんばダイニングメゾン店 を発見。以前から興味があったお店だったので、お腹が減るまで時間を潰してから夕食をすることにしました。

鼎泰豐

 6時50分頃にお店に戻ったら、すごい行列 ^^;; 20分待ちらしい。こちらは遅れるのは歓迎なくらいですので並んで待ち、実際にお店に入るまで30分ほど待つことになりました。

鼎泰豐
鼎泰豐

 注文をしたらすぐに料理がやっきました。きゅうりの甘辛漬け(480円)は時間がかからないのはわかりますが、酸辣湯麺(サンラータン麺 1000円)が想像以上に早くやってきてびっくり。全くすっぱくなく、辛味もおとなしい。自分で酢やラー油を入れて好みの味を作るのかな? でも、そのままでも美味しく、期待が高まります。

鼎泰豐

 と、思ったらすぐに焼き餃子(900円)と小龍包(780円)がやってきて忙しくなります。残念ながら、小龍包はあまりジューシーではなく、ちょっと冷えていて残念。麺もどんどんのびていってちょっと困った。お昼がヘビーだったので、余り多く頼んでいない私たちでもこんな状態です。案の定、他の方の席ではスゴイ量の料理が小さなテーブルの上にところ狭しと載っていました。回転を上げることを優先しているのでしょうねぇ。ちょっとしか頼んでないのに3318円でした。味とサービスを考えるとちょっと高いかな?
関連記事

Comments 0

Leave a reply