いけのことべえ

ARTICLE PAGE

イリーナ・メジューエワ リサイタル

コンサート
  • comment0
 25日に、「ショパン2010 ~銘器・名曲・名手でつづる~ Ⅱ.名曲 イリーナ・メジューエワ」って題名のコンサートに行ってきました。ショパンのコンサートシリーズでⅠが名器、Ⅱが名曲、Ⅲが名手ってことで、Ⅱの今回はショパンの名曲を堪能する回ってことらしいです。ちなみに、誰もが「名手って誰やねん?」って思うと思いますが、Ⅲはルイサダ氏のリサイタルです。この回だけはオールショパンじゃないみたいです ^^;;

 今回は名曲がテーマってことですが、下のチラシをクリックすれば曲目を見ることができると思いますが、念のために書いておきます。

■演奏曲目:
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 遺作
      幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
      ワルツ 第6番 変ニ長調 op.64-1 「小犬」
      ワルツ 第9番 変イ長調 op.69-1 「告別」
      練習曲 変イ長調 op.25-1
           「エオリアンハープ」
      練習曲 ヘ短調 op.25-2
      練習曲 ホ長調 op.10-3 「別れの曲」
      練習曲 ハ短調 op.10-12 「革命」
      ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
      ポロネーズ 第6番 変イ長調 op.53 「英雄」

 ---------------------- 休憩 ----------------------

      ノクターン 第15番 ヘ短調 op.55-1
      ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58

 イリーナさんとっても可愛らしい方ですねぇ ^^ 実物も細く可愛らしい感じでした。ま、ロシアの女性ですから見た目と中身のギャップが激しいものと思われますが・・・。

イリーナ

 今回演奏会があるいずみホールは、大阪城公園駅の近くにあり、もちろんいけのこは初めて行くホールになります。このホールはバブルの頃に建てられているので、とってもお金がかかった綺麗なホールで気に入った様子です。観客の服装もなんとなく華やかです。ピアノを習っていると思われる、かわいい姿のお子ちゃまが沢山いましたが、親子セットのお買い得なチケットを売っているようです ^^

 残念ながら梅雨だからでしょうか?ちょっと音がピアノに引っ付いているような感じで、スカッとしてなかった気がします。ガンガン冷房が効いていて寒かった。会場まで行くのに汗をかいていたのでなおさら冷たく感じました。

 初めて聴く方です。楽譜を見ながらの演奏には違和感を感じますが、演奏の方は悪くはないと思います。でも、ガンガンピアノを叩く感じがショパン向きじゃない気がしたのと、細かい音符がちょっと雑かな? 聴いているといつの間にか左手の音に耳が行っちゃうのが面白い。

 演奏会が終わった後、夜の京橋を堪能するぞー!と、雨の中京橋まで歩いたのですが「京橋はええとこだっせ!」とは、どの辺りなのかよく判らなかった ^^; そのうち、大阪に詳しい人にレクチャーしてもらって、京橋に再チャレンジしてみます。
関連記事

Comments 0

Leave a reply