2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.01 (Wed)

ウェルネスパーク五色で初キャンプ 一日目

 今年初めてのキャンプに行ってきました。場所は昨年2回もキャンセルして、結局まだキャンプをした事がないウェルネスパーク五色です。今回は、絶対にキャンセルしないように、早めの予約は入れていませんでした。天気は良いし、キャンプ場に空きはあるし、安心だけど、ぞろそろ予約を入れようと思っていたら、ひなちゃんが幼稚園で怪我をして、病院に行くことになり、またもや中止かと思いました ^^;;

IMG_4840.jpg

 幸い当日の朝、怪我の腫れは少なく、ひなちゃんも元気で行きたがっていたので、朝からキャンプの準備をします。こちらが我が家のライトなどを入れているバッグですが。なんと、メインランタンのSOL-016Bが昨夜から付きっぱなしだったみたいで、暗くなっています ^^;; 今回のサイトは電源サイトなので、LED電球を持っていくので大丈夫ですが、電源のないサイトだとちょっと困ったかもしれません。

IMG_4720.jpg

 良いこともあります ^^ 出発ギリギリに、アマゾンで頼んでいたグランドシートがぎりぎりに到着。我が家の小さめのツールームテントのリビングにぴったりサイズと思われる3m×2.2mのグランドシートです。今回はこれをシールドルーフとして使ってみました。

IMG_4724.jpg

 キャンプ場に出発するので車を出してから、まだ予約を入れていないのを思い出し、慌てて電話で予約を入れました。最初に向かったのは淡路の大型スーパーPLANT。ここで物色してからお昼を食べにいづも庵といううどん屋さんに行きました。
いづも庵のまるごと玉ねぎのつけうどん

 その後、再度PLANTに向かい、キャンプの食材を購入しましたが、狙っていたカリフラワーは売れていました。買い物が終わると、キャンプ場に向かい、ちょうどチェックイン時間の14時に到着。

IMG_4729.jpg

 最初に案内された場所は6番サイト。広くて良い感じのサイトで文句はないのですが、チェックイン時間直後としても、人の気配が無い。ひょっとしてこのあたりは無人なのか問い合わせてみると、このサイトがある坂のサイトは、あまり詰まってはいないらしい。人の多いサイトの方がひなちゃんのお友達が出来る可能性が高いので、場所を平地のサイトに変えて頂きました。

IMG_4731.jpg

 そんな訳で、28番に変更。こちらの方が狭いのですが、コンパクトな我が家だと問題なし。トイレが近く、こちらにしてとても良かったです。ただ、右側の坂道からロッジを利用されている車がやってくるので子供がいるとちょっと怖いです。それと、近くにロッジへの給水ポンプなのかな?何か設備があり、稼動するたびに大きな音がするのもマイナスポイント。

IMG_4733_20170227112657771.jpg

 我が家の冬用のツールムテント「ロゴス LOGOS ROSYドゥーブル L 」は立てるのが面倒で、この状態から、

IMG_4734_201702271126559f7.jpg

 この状態にするのに20分掛かりました。いつまでたっても慣れません ^^;; 後で調べたら、小さい寝室側から建てるみたいですが、前室から建てていました。ここまできたら、一人で出来るのでひなちゃんといけのこは公園に遊びに行き、私一人でちゃんとテントの形を整え、ペグを打ちます。これにも結構時間が掛かります。

IMG_4737.jpg

 ペグを打ち終えたらこのキャンプ場の名物の鐘を鳴らしにひなちゃんといけのこを呼んで3人で行きました。この鐘は夜は鳴らせないので、忘れないうちに鳴らしておく作戦です。鐘のロープが短くひなちゃんでは届きません。ひなちゃんを抱いてひなちゃんがロープを持って振っても、なかなか鳴りません。いけのこと二人がかりで、鐘が鳴るくらいに、大きく揺らすとロープが凶暴になり、ひなちゃんが大喜び。その後池で鯉に餌やりです。どうして子供って餌やリがすきなんでしょうね?w ひなちゃんは、餌やリが終わるとまた遊具のほうに走っていきました。

IMG_4735.jpg
IMG_4736_2017022619593070c.jpg

 再度一人になり、今度はテントの上に、このグランドシートをフライとしてかぶせ、シールドルーフもどきとして使ってみます。今回初めて、石油ストーブを使うので、その結露対策です。



 このシートは前室のお座敷用として2.1m×3mくらいのシートを探していた時に見つけたタープにもなるマルチグラウンドシート(300×220センチ、469g)です。1500円程度とお安く、シールドルーフとして使えない場合はグランドシートとして使う予定です。色はイエローを買ったのですが、ご覧の通りオレンジって感じです。なお、テントの色に近いグリーンも存在するのですが、そちらは1700円程度とちょっと高いし、中国からの発送なので今回はキャンプに間に合うように、イエローを買ってみました。うすっぺらい、軽いという口コミでしたが思ったよりずっしりとしていました。

IMG_4741_20170227113308c64.jpg

 被せてみるとこんな感じ。オレンジっぽい黄色なので心配していたのですが、緑とグレーのテントに被せても思ったほどは違和感がありません。ただ、このままでは、テントに触れてしまいそこから水漏れや結露を起こす可能性がありますので、8箇所あるハトメの穴を全て使ってペグを何度も打ち直して、ピンと張れるように頑張ります。
 今回は、画像のようにテント正面はひさしにかぶるように、奥のほうは少し短く張ってみましたが、この張り方だとどうしても、テントと触れてしまう場所が出来ます。ちょうど真ん中に来るように張った方が良かったと思います。

IMG_4773.jpg

 楽しく、張り綱を作りながらペグの位置を変えて上手く張れるように頑張っていたら、あっという間に時間が経ち、明るいうちに撮影した画像がありませんでした ^^;;

IMG_4782.jpg

 こちらは翌日撮影した物ですが、正面右側の出入り口付近に触れる部分があり、張り綱を2本にして回避したのですが、その為ちょっと触れる部分がここに出来てしまいました。後は正面のひさし部分が触れています。上にも書いたように、全体に後ろにずらしたら上手く張れたと思われます。

IMG_4739_20170227114224fdb.jpg
IMG_4697.jpg

 こちらが今回使ったモンベルの「アルミランナーミニ」という自在と中華パラコード。細いパラコードがとてもしっかり止まりますが、その分自在の移動が渋く、張りにくい感じです。

 ひなちゃんは遊具のある公園でお友達が出来てなかなか帰ってきませんでしたが、帰ってきたら黒板テーブルで遊ぶと言い出し、黒板で遊びますが、どちらかというと黒板よりチョーク入れをひたすら色を塗っていました。そして最後に、なにやら読めない文字で「いっしょにあそぼ」と書いて置いていました ^^;;

IMG_4742_20170227114610227.jpg
IMG_4743_20170227114611d90.jpg

 今回使った石油ストーブはグリーンウッドの現行のGKP-P247Nの旧製品で243N。規格はほぼ同じだと思います。これは電源無しで使えるので、停電時の非常用の暖房器具として購入。もし停電したら我が家にはこれしか暖房器具がありません。普段は上に焼き芋焼器を置いて活躍しています。外形寸法/H395×W345×D340とかなり小型です。残念ながらアウトドア用のストーブを持っていないので比較できませんが、熱量2.4kw タンク容量3.2リットル 連続燃焼時間12時間です。ちなみに、キャンプでの定番のフジカは幅310×奥行310×高さ432 mm、アルパカはW323×L323×H475のようです。ごらんのように、石油タンク用のポリ袋にスポッと入ります。ただ、移動用のストーブではありませんので、揺らすと灯油が漏れますので、キャンプに持っていくには、ちょっと工夫が必要です。

IMG_4698.jpg

 灯油用のスポイトとジップロックを用意して、

IMG_4702_20170227115239e54.jpg

 灯油タンクが刺さっている白いプラの部品を外し、

IMG_4704_20170227115236593.jpg

 このように底に残っている灯油を、スポイトで抜きます。そして、スポイトと先ほど抜いた部品をジップロックにいれ、灯油タンクを戻します。白い部品の突起で灯油タンクの蓋を開けているのでこれでほぼ灯油は漏れません。今回は灯油を燃やしきった後だった事もあり、行きの道中では一滴も受け皿部分に灯油漏れがありませんでした。

IMG_4839_2017030113241339b.jpg

 帰りも同様にしたのですが、帰宅して中を見ると、画像では分かりにくいと思いますが、受け皿に少し灯油が見えました。行きの前は燃やし切っていたので、ストーブ内に残っている灯油が少なかったのかな? もちろん、外部への灯油漏れは全くありませんでした。

IMG_4780_201702262050576fb.jpg

 上に乗っているのは1.5リットルのヤカンです。初めて石油ストーブをテントで使うのですが、先日テントで一酸化炭素中毒の事故があったという話を聞いたあとなので、慎重に換気を何度もして、もちろん窓も開けて使いましたがそれでもとても暖かく、お湯がいつでも使えるので、とても役に立ちました。いつでもお湯が使えるので、紅茶や緑茶のティーバッグ、生姜湯、昆布茶などを準備してもって行くと良いですね。今回は紅茶を頂きました。

 キャンプ用の石油ストーブと違ってお安いし、反射式なのでテントの近くに置けますし、コンパクトさではむしろ勝っているのでお勧めです。出力は2.4Kwですので、同等です。今回は満タンより少し少なめに入れておきましたが、夕方から23時くらいまでと、翌朝6時半ごろから8時半ごろまで点けていて少し灯油が残りました。1泊なら灯油携行缶は必要なさそうです。

IMG_4745.jpg

 食事の準備のため、いろりを出していたら、かなり残念な事件が起こりました。なんといろりの足を固定している金具の溶接が外れてしまい、脚を固定できません。帰宅後、ユニフレームに「20年位前の初代いろりですが、直りますか?」と問い合わせてみると、あっさり修理してくれると返事があり安心しました ^^

 今回は、シールドルーフを掛けることに心が奪われ、インナーを設置するのが送れたため、コールマンのインフレーターマットを広げるのが遅れたのですが、左側が全然膨らみません。下に電気敷毛布を敷いて、強にして暖めましたが、それでもまくら部分があまり膨らみませんでした。久しぶりの出撃だったので前もって1日くらい掛けて一度膨らませて癖をつけておくべきでした ^^;; 帰宅後広げたらあっさり膨らみました。
 そして、暖めていたインフレーターマットの上にひなちゃんが乗って、暖かく気持ちが良いので、眠ってしまいました。

IMG_4746.jpg

 ウェルネスパーク五色のサイトには個別にシンクがあり、調理するスペースもちょっとあるので、こちらで調理しました。

IMG_4747_20170227140920417.jpg
IMG_3160.jpg

 ただ、少し傾いているみたいで、先日のキャンプのときに作った、傾き補正用の台が思ったより早く活躍。赤丸で囲んだバーナーの右側の足の下に入れています。

IMG_4748_201702271313043d5.jpg

 焚き火台が使えないので、ダッチオーブンスタンドで仕上げの加熱。持って来ていてよかったです ^^

IMG_4749.jpg

 今回作ったのは原 亜樹子さんの、「コブラーとクランブル パイより簡単!果物たっぷりの焼き菓子」という本の「シェーパーズパイ風コブラー」を8インチキャンプオーブンで作ってみました。黒板テーブル2台でフィールドラックにステンレス天板を載せた物を挟んで置いてみましたが、寝起きで機嫌の悪いひなちゃんがフィールドラックで食べるといって聞きません。黒板テーブルは高さ33センチでかなり低いと思うのですが、それより低いフィールドラックの方が食べやすいのかと思い、帰ってから黒板テーブルでみかんを食べて実験しましたが、問題ないようです。たまたま、寝起きで機嫌が悪かったみたい。

IMG_4752_2017022713130085a.jpg

 この料理は、ジャガイモをマッシュする必要がないのと、ビスケットが主食になるので、これ一つで食事が完結するキャンプではありがたい料理です。ただ、このままでは主食が少なそうだったのでペンネも茹でました。今回荷物が多いので、ダッチオーブン8インチと6インチで手一杯でコールマンのクッカーセットは持ってくる事ができませんでした。代わりに昔一人で使っていたプリムスのトレックセット(0.9リットルの深型コッヘル、0.6リットルのミニカップ、蓋になるフライパンのセット。)を持ってきていたのでそちらでパスタを茹でました。画像の通り、ビスケット生地が思った以上に少なかったので、ペンネがあって助かりました。小さなクッカーなのですが、おもったより多くのパスタを茹でる事ができ、蓋を使ってお湯切りも簡単に出来たのでびっくりでした ^^

 お味のほうは星田さんのスキレットの本のコテージパイの具材より凝った具材で美味しかったです。エリンギが良い仕事をしていました。ビスケットも先日作ったチーズ入りのものと違って、こちらはコーンミール入り。サクサクしていて美味しかったです。ただ、もっと小さい入れ物を想定していたレシピだったので上に乗せるビスケット生地の量が少なかったです。8インチキャンプオーブンで作る場合は1.5-2倍に増量したほうが良いかもしれません。その場合多めに上に炭を乗せた方が良いと思います。

IMG_4753_20170227131820f54.jpg

 野菜サラダの代わりに、6インチキャンプオーブンで作った、バーニャカウダソース味の温野菜です。

IMG_4708.jpg

 食事が済んだら、焚火で先日購入した中華スコーピングフォークでやきやきです ^^ 今回は安物のサングリアと一緒に頂きました。焚き火台が壊れてしまったので、ダッチオーブンスタンドでの焚火です ^^;; 以前キャンプ場で購入した薪と、ネットで購入したりんごの薪を使いましたが、キャンプ場の薪は建材みたいな残念な薪でした。



 1200円で5本と、激安の中華スコーピングフォークなので、家で伸ばした時、頼りないと思ったのですが、実際に使ってみると特に問題ないように感じました。これはお勧めです ^^

IMG_4759_2017022713492458c.jpg
IMG_4757_20170301134308afe.jpg

 最初は定番のマシュマロ。アルフォートでマシュマロを挟むと簡単にスモアになると聞いたのですが、アルフォートが分厚くて挟む気になれませんでした。でも、アルフォート自体は思ったより美味しかったです。なお、アルフォートは箱入りの小さい物と、袋入りの大きい物がありますが今回は大きいほうを使ってみました。箱入りの小さいほうも後日買ってみましたが、こっちはかなり小ぶり。これならマシュマロをサンドできるのかなぁ? はみ出す気がしますが・・。

IMG_4767_20170227134925df6.jpg

 次はウインナー。普通に美味しくおつまみに良いですね。

IMG_4769_2017022713492199e.jpg

 最後は温野菜用に購入して、余っていたしいたけを3人並んでパチリ。一つ焦がしましたが、美味しく焼けました。ここでひなちゃんが「わたしのひをつかわないで。ひにはなまえがかけない」と面白いことを言いましたw この日はとてもよい気候で、私は綿シャツの上にフリースのベストでしたが寒くありませんでした。

IMG_4770.jpg

 ひなちゃんの怪我のため、ウェルネスパーク五色の温泉には行けませんでしたが、楽しい一日でした。暖かい上に、石油ストーブ、電気敷き毛布、電気ファンヒーターのおかげでとても暖かい上に、石油ストーブの湿気のおかげでいつものように乾燥で喉や鼻不愉快になることもなく、気持ちよく眠れました。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : アウトドア ジャンル : 趣味・実用

タグ : ファミリーキャンプ ロッジキャンプオーヴン

 |  キャンプ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |