2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.09.09 (Fri)

980円のホーロースキレットパン

 先日カインズで見つけた980円のスキレットを迷った挙句買っちゃいました。我が家のル・クルーゼのお鍋が赤なので色は赤にしました。かわいいスキレットでしょ ^^

菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン
菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン
菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン

 カインズのオリジナル商品だと思っていたのですが、菊屋株式会社が輸入販売している商品で、正式名称が「ホーロースキレットパン 16cm 品番K-9187」です。もちろん中国製です。そんな訳でカインズ以外でも購入できるかもしれません。お隣にはパール金属の赤のホーローのスキレットがあり、こちらは16センチと20センチ。1280円と1480円だったかな?パール金属の物は持ち手がやけに立派過ぎてオーブンで焼く場合に邪魔になりそうな気がしたので、菊屋のものにしました。20センチのスキレットは持っていないので、パール金属も欲しくてちょっと迷いましたが、20センチになるとますます持ち手が立派過ぎて、火傷が心配です。フライパンみたいに使うのなら、パール金属の方が振りやすい感じの柄です。16センチの焼く部分のサイズはほとんど同じでした。

 このように、内部はクリーム色、外は赤でなんとなくグラデーションが掛かっている仕上がりです。この製品に限らず、琺瑯の製品は中火から弱火で利用します。強火で豪快にキャンプで使うにはあまり適していないので注意が必要です。また、ル・クルーゼでも過去に関西空港でカドミウムが検出されて、廃棄、積み戻し等を指示された事がありました。中国製の琺瑯から何が出るか分かりませんので、そのあたりは自己責任でお願いします。

菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン

 ル・クルーゼの鍋と同様、縁の部分は鉄が露出したままですので、ここが錆びるはずです。説明書を見ると特に手入れについて書かれていませんが、メーカーに確認したところさび止めの処理はしていないので、利用後に油を塗るとよいといわれました。何も処理をしていないなら、在庫の間にすぐに錆びるので最低限ワックスが塗られていると思います。

菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン
菊屋 K-9187 ホーロースキレットパン

 980円のスキレットですので自分の好きなように手入れしました。以下の手入れ方法は説明書に書かれている「空だきはしないでください」という条項を無視しています。日本の琺瑯なら800度で吹き付けられていて、400度程度なら余裕だと思いますので、中国製でも160度なら問題ないはずです。

・私流ホーロースキレットのシーズニング
0)底に付いているシールを剥がす。
1)スポンジと洗剤で丁寧に洗う。
2)お湯を出してお湯でも洗剤で洗う。(ワックスをできるだけ取り除いているつもり)
3)手で触れない熱いお湯で流し洗い。(ワックスをできるだけ流しているつもり)
4)ぬるま湯ですすぐ。スキレットが熱いので火傷注意。(洗剤をきれいに流しているつもり)
5)再度熱いお湯ですすぎ充分熱くなったら、ペーパータオルで拭いて自然乾燥。
6)160度のオーブンで15分乾燥。
7)熱いスキレットを取り出し、鉄が露出している縁の部分にショートニングを綿棒で塗る。
8)ペーパータオルで油を拭き取る。
9)160度のオーブンで1時間焼く。もったいないので、ついでに他のスキレットも焼く。
10)オーブンが冷えるまで放置。
11)取り出したスキレットの縁に再度ショートニングを塗り完成。
12)利用前に良く洗い、縁に油を塗ってから利用する。
13)利用後は、スポンジと洗剤でやさしく洗い、縁に油を塗って保管する。

 それなりに縁の金属部分に貫禄が出ました。もっと高い温度でも大丈夫だと思いますが、中国製だし最初は低めの温度にしました。スキレット内部には油は塗っていません、縁の部分だけに油を塗りました。

 ところで、ロッジ6 1/2インチの蓋との相性ですが、残念ながら完全に蓋は閉まりません。無理にロッジの蓋をすると琺瑯が剥げる恐れがあると思います。将来、酢やレモン、トマトなどを使う煮込み料理で活躍してもらうつもりです。蓋がいる時はアルミホイルを使う予定です。とりあえずしばらくは、オーブン皿みたいな感じで、できるだけ焦がさないように使って行く予定です。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 料理 ジャンル : 趣味・実用

 |  調理小物  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |