2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.25 (Sat)

大宮シェフのポークジンジャー

 今日の料理で放送されていた大宮シェフのポークジンジャーを作ってみました。画像のきゅうりは市販品ですが、今日いけのこがプランターで育てているきゅうりを初収穫しました。

大宮シェフのポークジンジャー

 レシピはこちらです。
今日の料理 ポークジンジャー

大宮シェフのポークジンジャー

 レシピには載っていないコツの一つが、このように包丁を斜めにして筋きりをすること。完全に切っちゃうとグローブのように広がるのですが、こうやって半分だけ切ればそのようにはなりません。なお、レシピでは1枚250gでしたが、近所のスーパーで売っていた厚切り豚ロースは200gちょっとでした。

大宮シェフのポークジンジャー

 塩胡椒して、小麦粉をふった肉をそれなりに加熱したスキレットで焼きます。まめにひっくり返して縮み具合をそろえ反らないように焼き色が付くまで焼きます。今回は5分ちょっと焼きました。

大宮シェフのポークジンジャー

 2センチほどの厚みのある豚肉ですので、ここで技が出ます。バットに乗せた豚肉をスキレットの上に乗せて、アルミホイルで保温。15分ほど掛けて予熱で中まで火を入れます。15分後に触ってみましたが、スキレットのおかげで結構熱かったです。

大宮シェフのポークジンジャー

 15分立ったら肉を外してスキレットでソースを作ります。ソースはしょうががたっぷり。今回は一袋のしょうがを全部使いました ^^;;

大宮シェフのポークジンジャー

 ソースが完成したら肉と肉汁を戻してちょっと過熱して盛り付けです。

大宮シェフのポークジンジャー

 ちょうど良い感じで中まで火が入っていました。その昔、「趣味悠々ひと味違う!ダッチオーブン入門」の放送では、ダッチオーブンの蓋を使ってポークジンジャーを大宮シェフが、かなりの強火で豪快に焼いていて、中が生っぽい感じで、後から火を入れなおしていました。今回の焼き方なら安心ですね。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ジャンル : グルメ

タグ : ロッジスキレット

 |  ダッチオーブンン・スキレット  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |