2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.04.23 (Sat)

スキレットでの餃子の焼き方覚書

 今夜は餃子でしたので焼き方の覚書を書いておきます。ところで、イケアで10周年イベントをしていて、その日の購入者先着1000名にこんなかわいいバッグをもらえます。明日で最終日です。

イケア10周年記念トートバッグ

・スキレットで餃子を焼く手順 (ガス火で9インチスキレットで11-14個焼く場合)

1)空焼き。 強火で約2分30秒ほど空焼すると煙が出てきます。
2)油回し。 一旦火を消し、油を1センチほど入れ中火にして1分ほどスキレット全体が均等に温まるようにしてから、油壺に油を戻します。
3)油を入れる 油回しした後の油だけじゃ足りないので、油小さじ1から大さじ1を足して中火で1分ほど暖め、油を全体にまわす。
4)餃子を入れる 火を消してから餃子を並べる。最初と最後で焼き色に差が出るのですばやく。
5)少し焼く 軽く焼き色が付くまで中火で1分ほど焼く。
6)お湯を入れる 110ccのお湯を入れる。このとき一気に激しく沸騰してしまうのは、ここまでの火が強すぎ。
7)蓋をして先ほどの中火よりちょっと強めの中火で5分30秒焼く 4分30秒ー5分ほどでちりちりと音がすると思うが時間通り焼く。それより早く音がするなら火が強すぎ。音がしないなら火が弱すぎなので、チリチリ音がしてから1分程度焼く感じで時間調節。
8)蓋を外して焼く 水分を飛ばすために1分程度焼く。作業の合間に焼き色のチェックを忘れずに。
9)ゴマ油をまわす ごま油小さじ1-大さじ1を鉄肌にまわし入れ1分焼く。(火は付いたまま、蓋を外したまま)
10)餃子を外す 鍋にちょっと引っ付いているものを、小さなコテを使って外しておく。
11)取り出す 火を消し皿をかぶせ、スキレットと皿をそのまま反転させて取り出す。油が外に飛ぶ事があるので注意。

 2回目からは、お湯でスキレットを洗い、1分ほど強火で焼いて乾かしてから同じ手順でOK.
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

タグ : ロッジスキレット

 |  ダッチオーブンン・スキレット  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |