2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.03.20 (Sun)

燻製器の製作と燻製教室

 三木山森林公園で、週末三日を使った「本格的な燻製機(スモーカー)を作って、燻製ソーセージを食べるぞ!」というイベントがあったので参加しました。内容は、二日で「スギ材を使って、高さ1,040mm、巾450mm、奥行き425mmの本格的な燻製機(スモーカー)を作ります。最終日の三日目にその燻製機を使って、元六甲山ホテル料理長の指導のもと、自分たちで羊の腸に肉を詰めて本格的なソーセージを手作りし、燻製にします。もちろん味は保証付き!!」と言うことです。

杉を使った燻製器

 完成品はこんな感じ。中に七輪を入れて使います。スケジュールは週末二日で燻製器を作り、三日目はソーセージを作ります。

杉を使った燻製器

 材料はこんな感じ。

杉を使った燻製器

 杉板はフローリングに使う建材らしいです。こんな感じで組み合わせ張り合わせます。

杉を使った燻製器

 1日目はここまで。

燻製器の製作

 二日目は上の蓋を固定し、正面の扉を作ります。ガラス窓で中を見る事ができる燻製器は便利でよさそうですが、すぐにガラスが汚れそう。念のため、ガラスを外す事ができるように、固定枠の一つを接着しないでねじ止めにしました。

燻製器の製作

 お昼休みにパチリ。皆さん順調に完成が近づいています。

燻製器の製作

 最後に残ったパーツは正面の下の扉。

燻製器の製作

 完成です ^^v 正面扉は大きく二つに分かれていて、下側にはスモークチップを入れる小窓と、七輪へ空気を供給するための小窓があります。

燻製器の製作

 三日目の燻製教室です。

燻製器の製作

 一人400gの豚肉を使ってソーセージを作ります。

燻製器の製作

 何とか形になりました。

燻製器の製作

 屋外に出て燻製に取り掛かります。沢山の燻製器から沢山の煙が出て人もかなり燻煙されました。この画像はモザイクをかけています。

燻製教室

 七輪に熾き火になった薪を入れて、その上に皿を置きチップを入れて、上に差した温度計を見て60度から70度でソーセージを30分ほど燻煙します。今回は市販のブレンドチップを使っていました。

燻製教室

 教室で作ったソーセージ以外に、皆さん家から色んなものを持ってきていました。我が家はタコとチーズとゆで卵。網を置く位置がかなり低いので、網の上は温度計の表示よりかなり温度が高くなっていると思われます。そんな訳でチーズを溶かしている方が多くいました ^^;;

燻製教室

 燻煙が終わったソーセージは70度ほどのお湯で20分ほど茹でて完成。

燻製教室
燻製教室

 1日経ったほうがおいしいと思いますが、少し夕食で頂きました。大型の燻製器で、煙が盛大に漏れているおかげでとっても素直な味の燻製が出来ました ^^
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 木工 ジャンル : 趣味・実用

 |  DIY  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |