いけのことべえ

ARTICLE PAGE

チリコンカンとトルティーヤ

ダッチオーブンン・スキレット
  • comment0
 チリコンカンの綴りは chili con carne スペイン語でチリは唐辛子、カーン(スペイン語だと発音はカルネ)は肉。英語発音ならチリコンカーンの方が近そうだけどどうなのかな? 肉と唐辛子が入ればOKの料理のようですが、大抵豆が入っていますね。初めて作るので今回はシーズニングを使ってお手軽に作ってみました。

チリシーズニング

 ローリー社のチリシーズニングです。今回は基本的にこの裏に書いてあるレシピどおりに作りました。

チリコンカン

 ひき肉を炒め、缶詰のキドニービーンズとカットトマトを混ぜるだけ。8インチのステンレスダッチオーブンで作ってみましたが、わざわざダッチオーブンを出すほどの作り方じゃなかったです ^^;; お味のほうはジャンキーな味を想像していましたが、意外とまともで、たまに作るのならこれで良いのかもって思ってしまいます。缶詰の豆も美味しかった。お肉が国産牛なのが良かったのかな?

IMG_7905_20151212201305891.jpg

 同時に作ったスイート・コーンブレッドと共に頂きました。かなり辛そうだし、トマトも入っているのでひなちゃんはパス。

クリームシチュー

 そうなると思っていたので、クリームシチューです。かぶらの間引き菜が入っています。

スキレットでトルティーヤ

 翌日のランチは9インチスキレットでフラワートルティーヤを焼いてタコスランチです。私が参考にしているレシピもスキレットを使っているのでアメリカではスキレットで焼くのが普通なのかな?

トルティーヤ

 オールパーパスフラワーの代わりに、はるゆたかブレンドを使ってみました。

チリコンカンとトルティーヤでランチ
チリコンカンでタコス

 チリコンカンにはチェダーチーズを乗せて再加熱して美味しく頂きました。わたしたちがおいしそうに食べているのをみて、ひなちゃんもチリコンカンに興味津々。一晩置いて味がマイルドになっていたのでちょっとだけ食べさせてみると、おいしいらしい。こちらが怖いのでスプーン1杯でストップしましたが、まだまだ食べる気満々でした。

チリホットドッグ

 翌朝はチリドッグです。もちろんパンはいけのこが焼いたもの。これでやっと食べ終わりました ^^
関連記事

Comments 0

Leave a reply