いけのことべえ

ARTICLE PAGE

あこう蕎麦 衣笠でランチ

うどん・そば
  • comment0
 赤穂海浜キャンプ場二日目です。朝5時ごろひなちゃんが起きて焼きマシュマロが食べたいといってごねていたら、雨が降り出しました。深夜に雨が降る予報は知っていたのですが、朝の雨はかなりショック。大きな音でテントを叩いています。ナバホ400とブリッジヘキサを連結した状態での、雨撤収のやり方がイメージできないです。困ったなぁ・・・。

 雨音が大きかった割に、タープの下に移動していたテーブルと囲炉裏はほとんど濡れて無くて一安心。ナバホ400の出入り口はしっかりとタープがカバーしていて雨が降っていてもそんなに不便は無く、朝食を食べるころには雨もやみました。気になる補修跡は問題なく撥水していました。

 朝食は前日あこうパンで購入したフランスパンと目玉焼き。ひなちゃんは生焼けの白身はアレルギーが出るみたいなのでいり玉。そして、かまぼこをウサギのように切ったもの。美味しいフランスパンでした。もちろん、ひなちゃん希望の焼きマシュマロもしました。ガスコンロですが・・。

 チェックアウトは11時。ギリギリにテントとタープが乾く感じなので、中途半端に片づけをしながら乾くのを待ちましたが、ひなちゃんがつまらなそう。ひなちゃんより大きい子が多くキャンプ場では遊び相手が見つかりませんでした。10時30分ごろに撤収を開始し、5分前にチェックアウトしました。ほとんど乾いていましたが、ちょっとインナーの床に濡れているところがありました。

 予定では、赤穂駅の駅ビルの駐車場に車を泊めて駅前を散策してから昼食予定でしたが、暑そうだし、駅前はビルばかりで散策する気も無くなり、駅の近くで駐車場があるお蕎麦屋さんを見つけたので、少し早い昼食をとることにしました。

あこう蕎麦 衣笠

 私は親子丼。かなりのつゆだくでした。それ以外は味のバランスは特に問題ありません。親子丼にはいろんなバージョンがあり、この組み合わせが悪いとは思いませんが、ひなちゃんのおそばを見ちゃうと、ネギが上に掛かっているだけなのはちょっと残念。

あこう蕎麦 衣笠

 ひなちゃんはたぬき蕎麦。反対側から撮影しています。長いネギが面白いですね。塩ネギといいネギに赤穂の塩を与えて育てている地元のブランドネギみたいです。ネギにはマグネシウムが多く入っているということです。マグネシウム肥料をあげるときれいな青い葉っぱになるので、ネギには良さそうですね。お出汁は関西のうどん風。関東でたぬきと言えば天かすが入っているものなので、いけのこが、面白がっていました。

あこう蕎麦 衣笠

 いけのこは鱧の天ぷらそばです。こちらも反対側からの撮影 ^^; 麺つゆは関東のお蕎麦風のきりっとしたものだったそうです。このお店「あこう蕎麦 衣笠」さんは、冬はカキ、夏ははもを使ったおそばが売りみたいです。

 その後、赤穂海浜公園に帰って遊び続ける予定だったのですが、座敷でのんびり食べていたら疲れがどーっと出てきて、このまま帰ることにしました。水耕栽培のトマトなどの養液も心配だったと言うこともあります。残念ながら水耕栽培をしていたら2泊のキャンプは無理っぽいです。今回は雨が朝降ったので大丈夫ですが、プランターの野菜たちも二日間水やり無しは絶対に無理っぽいし・・・。ただ、今回は1日目が曇りだった上に、多めに養液を与えていたため帰宅して補給した養液は3リットル程度でした(総容積8リットル)。

 帰宅したらひなちゃんが遊び足りないので「公園に行って砂遊びする」と、言い出しました ^^;; しかたなく、いけのこが付き合いましたが、母親は優しいですね。私は絶対無理。

赤穂海浜公園

 昨日UPしきれなかった画像です。こちらは赤穂海浜公園の北入り口の太陽の門から入った景色。ひなちゃんは、ここから観覧車まで一気に走って行っちゃいました ^^;

赤穂海浜公園

 赤湖(あかうみ)という名前の人工汽水湖です。右のほうに橋が見えていますが、その向こうは白湖(しらうみ)。私がテントを立てている頃、スワンボートにいけのことひなちゃんが乗ったようで、一番楽しかったとひなちゃんが言ってましたが、いけのこは一番きつかったんじゃ?

赤穂海浜公園

 海岸にある突堤です。

赤穂海浜公園

 わんぱく広場の滑り台です。ここで落ち合いました。

赤穂海浜公園

 このランドトレインに乗りました。

赤穂海浜公園

 風の門のそばの四季の広場です。

赤穂海浜公園

 赤穂砂丘にある難破船です。「赤穂砂丘に、半世紀に一度しか開花しないという大変珍しい植物「アオノリュウゼツラン」が開花しています。」というニュースが赤穂海浜公園のHPに載っているのを帰宅してから知りました ^^;; 成長すると建物の2階の高さにまで達する巨大な花が咲くらしいです。
関連記事

Comments 0

Leave a reply