2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.05.04 (Mon)

ホームハイポニカ ぷくぷくでミニトマト ネネ(栽培編)

 3月末まで水耕栽培の様子をこまめにUPしたのですが、4月に入ってからは他の苗の世話が忙しく、ほぼ放置されていました。収穫が終わるまで、随時更新していく予定です。
ホームハイポニカ ぷくぷくがやってきた
ホームハイポニカ ぷくぷくでミニトマト ネネ(播種、育苗編)
ホームハイポニカ ぷくぷくでミニトマト ネネ(装置への苗のセットと寒波編)

4月3日
ネネ

 4月3日にはこんなかわいらしい苗だったのですが、ここから一気に育ちました。4月14日には苗が倒れるくらいに大きくなりました。そのまま放置しておいたら、倒れた状態からまた倒れたので、これは危険と思い支柱を立て支えるようにしました。

5月2日 播種58日
ネネ

 かなり花が咲いています。脇芽がすごいです。花が大きいです。

クラフトプレート40型

 給水が大変なことになっています。24時間で2リットルがなくなる感じ。付け替えが頻繁にあるのでミスで水をこぼすと大変なので受け皿を買ってきたのですが、最初に買った10号のものは小さすぎて入りませんでした。こちらのアップルウェアーのクラフトプレート40型は大きすぎだと思ったのですが、容量が大きいので水漏れがあったときに安心だし、色合いがそれなりに似ているので購入しました。

ネネ

 ハイポニカぷくぷくと良く似た色合いです(5月3日撮影)

5月3日 養液濃度測定とペットボトル倒壊
ネネ

 一番果がちょっと大きくなりました ^^ さて、暑くなりどんどん水を吸収しだすと、水分だけを吸収してしまい養液の濃度が上がる事があるらしいので養液の濃度を調べてみることにします。EC値2.4の250倍に薄めた養液、EC値1.2の500倍の養液、ぷくぷくの容器から採取した養液の3種を40分ほど室温において温度を揃えてからEC値を測定しました。結果は予想と反対。250倍養液1.9、500倍養液0.9、採取した養液0.5でした。EC計の数値を校正したほうが良さそうですが、やり方が説明書に載っていません。ま、目安にはなりますが・・・。一気にEC値が変わると問題があるそうなので、0.5上がるようにぷくぷく本体にA液とB液を各8cc加えてみました。そして、250倍の養液を自動給水で与えることにしました。実際にはどれくらい濃くなるかな? なお、底面給水でハイポニカをあげているペチュニアの容器の濃度は1.2と少し濃くなっていました。よく分からないですね ^^;

ハイポニカぷくぷく

 夕方帰宅すると、給水用のペットボトルが大変なことに ^^;; 最近のペットボトルはペコペコなのでこんな事になりそうな気がしていたので、出来るだけ硬そうなペットボトルを使っていたのですが、1日2リットル減るようになったので、急遽ちょっと柔らかいペットボトルを使ったら数回の利用でこのざまです。

ハイポニカぷくぷく

 ペットボトルを外して、形を整えて取り付けてみましたが、ぐちゃぐちゃにつぶれてしまい、養液が全部中に入ってしまい、発泡スチロールの蓋がこんなに浮いてしまいました。養液を抜いて戻したのでEC値を計ってみたら1.05ほどでした。だいたい0.5UPしました。濃度が戻ったので、しばらく給水に500倍の養液を使い様子を見てみます。
 苗が倒れたまま育っている様子が分かりますね ^^;;

5月7日
 またEC値が0.5程度に下がっていました。葉が少し上向きに反っているので肥料不足なのは間違いありません。再度ぷくぷく本体にA液とB液を各8cc加えてみました。今後しばらくは250倍のEC値2.4の養液を補給してみます。

5月8日
天井に近づいた水耕栽培のネネ

 後5日くらいで天井に到達しそうです。脇芽がたくさんあるので10センチ位下で摘心かな?

5月14日
 EC値2.4の養液をやり続けたため1.4程度までEC値が上がった。葉のカールも目立たなくなり良い感じです。一部天井に届いたので摘心しました。第一果房は途中の栄養不足のためか22個ほどで終わった感じ。水耕栽培はもっと房なりになるイメージだったのですが、残念。

5月17日
ネネ
ネネ

 かなり茂っています ^^;;

5月19日
 EC値が1.9まで上がりました。実質2.4くらいなので、目標達成。さてどうしよう。

5月31日 初収穫
水耕栽培のネネ
水耕栽培のネネ

 ついに第一果が赤くなり初収穫です。現在200個位の実が付いていると思われます。養液はその後も惰性で250倍の物を与えていますが、葉が上にカールしているのでしばらくはこのまま続ける予定です。1週間ほど前にハイポニカぷくぷく付属の液肥がなくなりました。まだ赤くない実がたくさん付いた状態でおまけの肥料がなくなるとは、中々の策士ですね。予備の液肥を購入していたので現在はそちらを利用しています。付属のスポイトだと養液を作るのが面倒なので8ccが1発で計れるスポイトを購入して使っています。1日で2リットルの養液を2本以上使うので、養液作りが大変すぎです。

 この日、一部倒壊しました。かなり大きくなるので、最初にビジョンを持った骨組みを作っておいたほうが良さそうです。倒壊の影響でサンルームの植物を置いてある場所の日当たりが悪くなり、他の植物にも影響がありそうです。

6月2日
水耕栽培のネネ

 倒壊したため、一気に場所をとり始めました ^^;; 今のところ収穫したミニトマトは3個ですが、200個くらいはなっているのかな?

6月7日 播種94日
ネネの水耕栽培

 随分と赤くなってきました ^^ 300個くらいまでは数えたのですが力尽きました。400個くらい実っているのかな?

6月9日 EC値が7以上に
ミニトマトの葉の枯れ

 調子に乗って1ヶ月ほどEC値2.4の養液を毎日追加して順調に育っていたのですが、数日前から葉の周辺が少し枯れたりしていて変だと思いEC値を計ったら7以上ありました ^^;; これは大変と2リットルだけEC値1.2のものと入れ替えました。現在4.5くらいに下がっています。一気に下がっちゃって大丈夫なのかな? しばらく1.2の養液を与えて2.4程度まで下げてから、数回養液を2リットルずつ入れ替えたいと思います。

水耕栽培の養液

 左が新しいEC値1.2の養液、右がぷくぷくの中から取り出したEC値7の養液です。

6月10日
 この日も2リットルを抜き取りEC値1.2の養液と交換して、その後1.2の養液を補給しました。交換前のEC値は7くらいで交換後は4.4と前日とあまり変わりありません。トマト自体は特に変わりありません。

6月14日 たくさん収穫しています
ネネとボリジ

 食べきれないくらい収穫出来ています ^^ 当初ネネよりアリゴテのほうがかなり甘い気がしたのですが、完熟させるとそこまで差が無い感じになります。食感はネネのほうが良い気がします。大きさはネネのほうが大きいです。

6月24日 播種111日
水耕栽培のネネ

 10日よりEC値1.2の養液を与え続け、やっとEC値3くらいまで下がりましたがまだちょっと高いですね。ただ、見た感じはだんだんと貧弱になってきている気がします。そろそろ、全ての養液を交換してみたいと思っています。味のほうは収穫時期をギリギリまで遅らせるとかなり甘くなりますが、簡単に割れてしまいますね。実の大きさはだんだんと小さくなってきています。

6月30日 養液全交換

7月4日
ネネ

 養液を交換後も特に変わりなく育っています。花は咲いているのですが、全体的に中休み感が漂ってきました。葉はかなり肥料不足感があります。EC値計を無視して2.4の養液を入れたくなります。
 味のほうは収穫を遅らせることでものすごく甘くなる事が分かりました。そのため負担が大きく、お疲れなのかもしれません。

8月8日 撤収
ネネの水耕栽培 撤収
ネネの水耕栽培 撤収
ネネの水耕栽培 撤収

 突然の撤収です。実は養液を交換する時にエアーポンプが下敷きになり、エアーが送られていませんでした。そのため養液が腐り枯れてしまいました ^^;; この時、いけのこがわき芽を小さな瓶に取り、水道水に刺してキッチンにおいておいたら年明けまでほとんど育たない状態で保管できました。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 水耕栽培 ジャンル : 趣味・実用

 |  水耕、サンルーム栽培  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |