いけのことべえ

ARTICLE PAGE

サンルームのラディッシュ種まきと丸ニンジンの収穫

水耕、サンルーム栽培
  • comment0
 サンルームで育てていたひなちゃんが昨年8月8日に種まきをした丸ニンジンを撤収しました。

丸にんじん
丸にんじんの収穫
丸にんじんの種

 pariser markt4という品種ですが、種袋の写真とはかなり違いますね。うまく育たなかったので仕方が無いですね ^^; 3月に入ったら再挑戦してみたいと思います。

マグミタス1号

 このにんじんを育てた土を使って、今度はラディッシュを育てることにしました。普通、土にマグネシウムを加える時は苦土石灰を使う事が多いのですが、我が家の土は割りと中性に近く、あまり石灰を足したくない状況なので、試しに硫酸マグネシウムの肥料「マグミタス1号」を購入してみました。
 成分はMg:18 Fe:3 イオウ:14 ケイサン:16ということなので、15%程度の苦土石灰と大体同じ量のマグネシウムが含まれています。今回はレリーフプランター370(6リットルに使うので、6g加えてみましょう。ラディッシュを育てるので硫酸カリも6g加えました。硫黄も入っているし、これで酸度7程度の中性の土がどれくらい酸性に近づくのかな?

各種ラディッシュの種

 室内で育てるのでにぎやかになるように、色々と混ぜて撒くことにしました。

チャービルの種

 ラディッシュと相性が良いチャービルも一緒に撒いてみましょう。

酸度

 どちらも水溶性の肥料なので、ふるった古土に混ぜて暫くしてしてから測定してみましたが、少しだけ下がりました。その後、腐葉土を2リットルとパーライトを1リットル、マイガーデンベジフルを24g混ぜて植え付け準備完了。栽培後どこまで下がっているか楽しみです。

2月25日
ラディッシュプランター

 中央にチャービル、両サイドにラディッシュ。ラディッシュは古い種が多いのと、もともと発芽率が悪いものが混ざっているので厚めに撒き、サンルームに置きました。

3月7日
チャービル発芽
サンルームのラディッシュ

 チャービルの発芽が始まりました。ラディッシュの発芽は3月3日から始まりましたが、全然発芽がそろいません。屋外で育てたロングスカーレットは10日目で全て発芽したのですが・・。3月3日から発芽したものはロングスカーレットで、他の種は発芽していないのかもしれません。

3月9日
 仕方ないので発芽していない部分に再度ミックスしたラディッシュの種を撒きました。

3月15日 播種から18日
サンルームのラディッシュ

 随分と本葉が出てきました。チャービルも元気です。でも、後から撒いた種は発芽しませんでした。本日新しいラディッシュの種を買ってきましたが、今からだとややこしいことになるので、このまま育てることにします。

3月21日 播種から24日
サンルームのラディッシュ

 育ってきましたが、サンルームの栽培エリアが水耕栽培とトマトの苗、ヒヤシンスで手狭になってます。小さなプランターなどをキッチンに移動したりして場所を確保していますが、そろそろ外に移動するかもしれません。

3月24日 播種から27日 さくらんぼを播種
ラディッシュ さくらんぼ

 今回いろんなラディッシュの種を混ぜて撒きましたが、どうやら発芽したのはロングスカーレットだけだったみたいです。ロングスカーレットは二十日大根と言うより、ただの大根みたいな感じですので、まだまだ時間が掛かる気がします。それに、チャービルをしばらく育てることになるので、普通の二十日大根の種を買って来て歯抜けの部分に撒いてみました。

サンルームのラディッシュ

 本日夕方の様子です。チャービルが順調に育っています。

3月31日 初収穫 播種から34日
サンルームのラディッシュ
サンルームのラディッシュ

 随分と育ちました ^^ 全てがロングスカーレットでした。普通のラディッシュと違い、地上には出てこないみたいなので、いつが収穫時なのかが分かりません。

ロングスカーレットの根元

 上の画像の中央奥のラディッシュの根元はこんな感じ。この1本だけは太っている感じなので収穫してみました。

ロングスカーレット

 チーズフォンデュをするので、家族分3本を収穫しましたが、大体予想通りの太さで、まだ少し早い感じです。味はラディッシュそのものの味で、特に変わったものではないです。一番細いのはかなり辛かったみたい。葉っぱはとってもおいしかったです。

4月12日 播種46日 終了
 本日、花芽が出ている物を発見。全て収穫しました。ラディッシュの皮が硬くあまりおいしくない状態になっていました。まだチャービルとさくらんぼが残っていますが、記事はこれで終了します。
関連記事

Comments 0

Leave a reply