いけのことべえ

ARTICLE PAGE

2015年春 タマネギの様子

露地植菜園
  • comment0
 2015年春のタマネギの様子です。なお、食用のエシャロットを植えていたのですが、残念ながら芽が出ませんでした。
2014年 玉ねぎの植え付け 露地植え

有機一発肥料

 今回は植え付けのときに「有機一発タマネギ類用」という、肥料を元肥に入れたので追肥の必要が無く、本当に様子を見るだけです ^^;;

1月15日
たまねぎ畝B

 霜柱で畝Bの苗が抜けまくっています。畝Aはモミガラを入れているのでそれほどでもありませんでした。その後2月6日に畝Bの抜けた苗を差し直し、2株苗が見つからなくなっていたので予備の苗を差しました。やっと籾殻を撒き、畝Aにも追加しました。

2月11日
たまねぎ畝AB

 タマネギの畝A(左側)とB(右側)の様子と、畝Aのエシャロットの様子です。結構寒い日がありましたが、その後苗が抜けることはありません。

たまねぎ畝A

 エシャロットは変化なし。タマネギの苗も、植えつけたときのほうが元気ですねぇ・・。

2月20日
たまねぎの畝
たまねぎの畝

 畝Aです。新芽が出ておリ、なんとなく力強くなった気がします。モミガラを入れておくと雑草があまり出ないですね。霜柱にも強いみたいだし、次からは必ずモミガラを入れて育てたいと思います。

たまねぎの畝
たまねぎの畝

 畝Bです。こちらはちょっと歯抜けです。本来ならそろそろ追肥の時期ですが、追肥のいらない一発肥料は楽で良いです ^^

2月27日
 わけぎを育てているのですが、実はわけぎはエシャロットとネギの雑種らしいです。そしてわけぎを植えるときは皮を剥いて芽を出すか、先端をはさみで切って芽が出るようにするらしい。我が家のいつまでたっても芽が出ないエシャロットも、そういうことなら皮を剥いてみようということになり、上から触ってみるとグラグラ。ひょいと抜いてみるとまったく根が出ていません。どうやらエシャロットはダメみたいです。抜いてみた二つだけ皮を剥きましたが、やる気がなくなり、残りは放置。

3月6日
たまねぎの畝
たまねぎの畝

 赤玉ねぎがちょっと太くなった気がします。他の苗もちょっと見ただけだとあまり変化がありませんが、よく見ると力強くなってきた気がします。

3月22日
玉ねぎの様子

 畝Aの様子です。代わり映えしないので、ハイポネックス微粉500倍を8リットル与えました。

3月28日
畝Bの玉ねぎ

 畝Bの様子です。こちらは晩生なのでますます代わり映えがしないですねぇ・・・。

4月4日
玉ねぎの畝

 左が畝A、右が畝Bです。写真のように日が低い時期は日当たりが悪く、あまり玉ねぎには適していない畑です ^^;;

4月25日
TTA-735

 TTA-735です。晩生なのでのんびりですが、やっと太くなってきました。

ホワイトベア

 ホワイトベアです。少し太くなったけど太る気配なし。

甲高赤

 甲高赤です。結構太くなりました。

ソニック

 ソニックです。唯一太ってきていますが、小さいのが出来そうな予感 ^^;;

4月29日 少し太ってきました
TTA-735

 TTA-735は相変わらずですが全体に太ってきました。

ホワイトベア

 ホワイトベアがやっと丸くなってきました。

ソニック

 ソニックはだいたい丸くなりました。後はどれくらい太るかですね。

甲高赤

 甲高赤はまだ丸くなっていませんがそろそろかな?

5月10日
TTA735

 TTA735が肥大開始みたいです。ソニックは全て倒れていました。1個80g程度なので、ちょっと残念な結果です。A畝とB畝は寒い間の南側の日当たりが悪いので、北側は早生、南側は晩生が向いているのかもしれません。Aの南側だけが特に良くないのかもしれません。画像は11日夕方撮影。

5月11日
玉ねぎ(ソニック)の収穫

 ソニックを全て収穫しました。小さく残念ですが仕方ないと思ってます。

5月13日
甲高赤
甲高赤

 残念、甲高赤がひとつ葱坊主が出来ました。でも、この形ってイタリア赤玉ねぎの種袋の写真に似てる気が・・。

5月21日
ホワイトベアー

 昨夜の風の影響なのか、甲高赤とホワイトベアーがたくさん倒れています。試しにホワイトベアーを2本収穫しましたが、おいしそうです ^^

5月26日 ホワイトベアー収穫
ホワイトベアーの収穫

 ホワイトベアーを全て収穫しました。大きいもので150gとカタログに書かれている200gには届きませんでしたが、充分大きくおいしそうな玉ねぎを収穫できました。この玉ねぎおいしくてお勧めです。次回も育てたいな。

5月29日 甲高赤の収穫
甲高赤の収穫

 甲高赤を収穫しました。カタログ値の320gは無理かもしれませんが、結構大きく育ちました ^^ お味のほうはホワイトベアーのようにマイルドではなく、ピリッとした感じがありますが、味わい豊かな感じです。

ホワイトベアー

 TTA-735の隣に植えていたホワイトベアです。判別不能で抜いてなかったみたいです。このブログの植え付けの画像を見たら分かったので収穫です。

TTA-735

 晩生のTTA-735も少し倒れてきました。残念ながら日当たりが悪い場所なので育ちにむらがあり、あまり大きくないものが多いのですが、収穫が楽しみです。

5月31日
庭の様子

 風が強かったこともありTTA-735が殆ど倒れました。6月上旬の収穫予定なんだけどなぁ・・・。

6月7日 TTA-735の収穫
TTA-735の収穫

 ついに最後のTTA-735の収穫が終わりました。本当なら立派な玉ねぎになると思われる晩生の玉ねぎでしたが、植えた場所があまり日当たりが良くないため、大きいものも少しはありますが、全体に小さめでした。ただ、早生のソニックよりはかなりマシでした。

 なお、TTA-735は正式名称「ケルたま」という名前に決まったようです。『抗酸化力が強く、活性酸素の働きを抑える機能性成分「ケルセチン」を、秋まき従来品種の約2倍含み、肉色はやや黄色を呈する。』とタキイのHPに書かれています。

 今回植えつけた畝Aと畝Bは、冬場南側の日当たりがあまりよくないので、南側はあまり期待できない事が良く分かりました。もし、無理をして南側に植えるなら、晩生の方が良いみたいです。今後玉ねぎを植えるのなら、畝AとBの北側に東西に畝を作るのが良さそうです。それか、日当たりの良いプランターを使った栽培かな? プランターの春植えのミニ玉ねぎがとっても立派に育っていますので、そちらの方が賢い選択かもしれません。
 初めて使いましたが、有機一発肥料はとても楽でよかったです。ただ、本当に大丈夫なのか、ドキドキでした。長い記事でしたが、これで〆ます。
関連記事

Comments 0

Leave a reply