いけのことべえ

ARTICLE PAGE

IHでのフライパン選び、迷いに迷い炒め鍋を購入

調理小物
  • comment0
 先日、薄い鉄のフライパンを購入したのですが、アルミほどは熱伝導が良くないので焼きむらが目立ちました。元々焼きむらの目立つIHとは相性が悪そうです。そんな訳で、新たにフライパンを購入したいと思い色々検討してみました。スキレットなども考えたのですが、鉄のフライパンを買った直後なので、鉄は一応除外です。厚みのあるデバイヤーとかはIHでも良いかも知れません。
貝印 鉄エンボス フライパン

 以前使っていたのは「T-fal IHセレクティブ フライパン 26cm C66105」と言うもので、熱のむらが少なく2年ちょっと快適に使えましたが、2年4ヶ月で引っ付くようになりました。
T-fal のフライパンがやってきた



 こちらが以前使っていたフライパンの後継機だと思われるIHホームシェフ フライパン 26センチです。底が3層構造で、底の厚みが7mmあり、熱が均等に伝わるそうです。フランス製です。1,205g ティファールのフライパンは底の模様に汚れがたまりやすいように感じました。IHは案外底が汚れやすく、底が汚れると、熱が均等に伝わらないようになるため、面倒です。以前使ったティファールのフライパンはこの点を除けば好印象でした。
フライパンの底って大事ですね


 こちらは国産。ホクア IHハイキャスト フライパン 26センチ。大きな特徴はアルミ鋳物だという事です。1,070g これもきっとティファールと同じような欠点を持っている底の構造だと思われます。ただ、使った事がないのでなんともいえません。国産なので、フランス製でないティファールを買うならこっちかな?ただ、いろんな口コミを見た感じだとティファール以上に加熱に時間が掛かる印象。


 こちらも国産、ウルシヤマ金属工業 ラフィーネIHフライパン26cm 1,110gです。ティファールとホクアのフライパンは張り底ですが、こちらは全面3層構造です。加熱に時間が掛からないのが特徴だそうです。どんな感じか分からないのでホームセンターで安い全面3層構造の20センチのフライパンが売っていたので試しに購入して使ってみましたが、予想通り底が汚れにくくてよいです。加熱に時間が掛からないのも良いです。IHの火力が同じ目盛りでも、確実に張り底のフライパンより高かったです。ただ、熱が均等に伝わるのかどうかは20センチでは良く分かりません。
レイトレック三層鋼フライパン 20センチ

 この3種類のフライパンの構造で大体のパターンを網羅していると思います。素材は3種類、アルミ、アルミ鋳物、全面3層の3種類です。張り底は1枚のものと多層層のもの。他に全面2層のものもあります。たとえばビタクラフトから販売されている[ビタクラフトVitaCraftソフィア2Sofia2フライパン26cm]などがあります。

 張り底の物は余熱に時間が掛かりますが、その分熱が均等に伝わりそうな気がします。全面3層のものは余熱に時間が掛かりません。だとしたら、全面3層のほうが均等に熱が伝わりにくそうな気がしますがどうなんだろ? 全面3層も熱が均等に伝わると宣伝しています。そのあたりは使ってみないと分からない気がします。

  ラフィーネIHフライパンの実物がコープにあったので触ってみてびっくり。なんと底が厚く回りは薄くなっています。3層構造の板から製作したと勝手に思っていましたが、そうではないのかもしれません。いずれにせよ、手間が掛かっていることは間違いなさそう。

 ホクアのようなアルミ鋳造だと、形状や厚みを自由に出来ると思われるので、熱が均等に伝わるように厚みのある底を容易に作れそうです。鋳造するときに、中心部に密度が低く熱伝導が低い物、周りに密度が高い熱伝導が良い物がくるように作っているそうです。

 頭で考えただけでは、正直言ってティファールとホクアは大きく違いがないように思われます。強いて言えば、アルミ本体で熱の伝導をコントロールしているホクアを使ってみたい気がします。全面3層は加熱に時間が掛からないのは良いのですが、他のタイプのフライパンと混在すると、調理担当のいけのこが混乱する可能性があります。




 迷いに迷ったのですが、結局フライパンは購入できませんでした。全面三層のフライパンに心は傾いていたのですが、熱のまわりが均等でないと購入する意味がないからです。そんな訳で購入したのは全面三層のウルシヤマ金属工業 ラフィーネIH いため鍋 28cm。全面三層のすぐに熱くなり調理できる特徴を一番メリットに変えれる鍋だと思います。きっと温まるのが遅い張り底のものより美味しい炒め物を作れそう。しばらくは焦げ付いたら困るような調理はこちらを使い、熱が均等に回るかチェックしてみて良いようなら全面三層のフライパンの購入を検討してみることにします。
関連記事

Comments 0

Leave a reply