いけのことべえ

ARTICLE PAGE

しあわせの村の紹介

公園
  • comment0
 公園Indexを作ってみたら、一番よく行っている「しあわせの村」についての記事が「エスケールでランチ」だけだったのでびっくりしました。こちらの公園はとってもお世話になっていて、ひなちゃんはゼロ歳から遊びに行っています。

しあわせの村

 11月23日にお弁当を持って行ってきました。この画像は芝生広場。写っている施設も山も全部しあわせの村です。この公園205ヘクタールもあります。日本で一番小さい村でも347ヘクタールなので、村といえるかどうかは謎です。ちなみに日本で一番広い村は十津川村で67235ヘクタールです。とはいっても、広大な公園であることに間違いなく、神戸市民の私でもまだ行った事が無い施設があったりします。

しあわせの村
しあわせの村

 この日はとっても紅葉がきれいでした。多くの施設がありますが、市民にはジャングル温泉が知られていると思います。以前はちょっとぬるめのお湯だったのですが、リニューアルしてからはそれなりに熱くなった気がします。一度料金を払えば何度でも入れるので近所に住んでいるとかなり便利です。ちなみに温泉に入れば入村駐車料金は半額の250円になります。

 おもちゃが多量にあるプレイルームがあるのでそのうち↑に画像をUPしておきます。プレイルームで一人が子供と遊んでいる間に、交互に一人ずつ温泉にのんびり入る作戦もありです。そうやって、ちょっと育児に疲れたいけのこをのんびりとさせた事が何度かあります。

しあわせの村

 で、子連れなら行きたいのが「トリム園地」。画像のように谷底です。

しあわせの村

 ここには階段でもいけますが、わりと長いローラー滑り台でも行けます。大人は普通はお尻が痛くなります。残念なことにこの滑り台にはマットの貸し出しが無いので、私物のマットを持っていくのがお勧めです。

しあわせの村

 トリム園地の中でも特に大きな遊具の一部です。この日写した画像は人が多く写りすぎていたので、そのうち人がいない画像をここにUP予定です。この上には展望台があります。

しあわせの村
しあわせの村

 展望台からの景色です。トリム園地の池が良く見えます。池にはロープで移動するいかだが3つあります。

しあわせの村
しあわせの村
しあわせの村

 幼児が遊べる遊具や砂場もあります。砂場に豪快に置かれている積み木はひなちゃんも大好き。

しあわせの村

 こんな泥んこ遊び用の設備もありますし、夏は園地の中央にある水路に水が流れているので、子供には楽しい場所だと思います。

しあわせの村

 こちらはオートキャンプ場。高規格で、トリム園地のすぐそばなので子連れキャンパーにはもってこいですね。我が家から近いのでキャンプをする気がしないのが残念。ちなみにトリム園地は夜になると閉園して閉鎖されるので、深夜にキャンプ場に子供が遊具で遊ぶ声や鐘の音(トリム園地には鐘がたくさんあります)が響くことは無いと思います。

 温泉以外にも、馬事公苑やテニス場、ホテル、病院などがあり。馬事公苑のポニーにひなちゃんがそろそろ乗れそうなので、そのうち馬事公苑についてもUPしたいと思っています。

 以下は過去の画像を探したものです。

しあわせの村

 2011年に撮影した常設テントサイトです。こちらはデイのBBQやオートキャンプ場とは違う場所にあり、普通に利用していたら存在に気が付かない場所にあります。このときはしあわせの村のバードウォッチングイベントに参加していたのでたまたま近くに行きました。

しあわせの村
しあわせの村

 こちらは、日本庭園です。2013年の6月5日撮影です。

公園Index
関連記事

Comments 0

Leave a reply