いけのことべえ

ARTICLE PAGE

インフレータブルマットがやってきた

キャンプ道具
  • comment0
 先日購入したコールマンの「キャンパーインフレーターマット/W」がやっと届きました。注文したらすぐに届くと思っていたのですが、今回はちょっと時間が掛かりました。こちらをいけのことひなちゃん用のマットにする予定です。

コールマン キャンパーインフレーターマット/W と木琴

 覚悟はしていましたが大きいですね。近くに合った木琴と並べてみました。早速広げてバルブを開けてみましたが、数秒吸い込む音がして静かになり、30分ほどしたらそれなりに膨らんでいました。その後外出して半日放置していたら、ネットの画像のようにきれいに膨らんでいました。ちょっと寝転んだ感想は、「冷たいけどクッションは良さそう。」 ダブルなのでロゴスのTepee400に入るかどうか、検討してから購入しました。カタログどおりマットの寸法が130×195なら入るはずです。

ナバホ400 マット配置

 でも、ちょっと心配なのでペイントで簡単に図を書いてみました。うーん、ギリギリですね。適当に6角形を書いたら1辺が130ピクセルでした。1辺を専用インナーマットのサイズから1.9mとすると実寸に68.4を掛けると図の上でのピクセル数になるわけで、私のキャプテンスタッグのEVAフォームマットは56×182なので38×125。コールマンのマットは130×195なので89×133になります。実際にはインナーマットの寸法よりテントのほうが広いので、この図ほどはギリギリじゃないはずです。

 ところで、今までは上の図の左上のような感じで入り口に対して垂直に眠っていたのですが、先日右下の図のように辺に対して平行にしてみました。感想は特に変わりなかったです
関連記事

Comments 0

Leave a reply