いけのことべえ

ARTICLE PAGE

赤穂海浜公園オートキャンプ場(2日目)

キャンプ
  • comment0
 赤穂海浜公園オートキャンプ場二日目です。朝は1.5合のご飯を炊いて納豆とお味噌汁で済ませ、釣りに行くことにしました。寝坊したのと、のんびりしすぎたので遅い出発になってしまいました。

赤穂港
赤穂港

 キャンプ場を出てすぐの釣具店で餌を買い釣り場を聞くと、お客さんが赤穂港の西側でイワシがたくさん釣れているというので向かってみました。他の人はちょっと釣れている感じでしたが、私たちは全然釣れません。私も軽く投げてみたけど、投げ釣りも反応なし。餌が悪いのか、仕掛け(手持ちが白いタイプのみ)が悪いのか?ハリが大きすぎるのか?(5号と7号しかなかった) 仕掛けを深く沈めるとヒイラギ(このあたりではダイチョウと呼ばれているみたい)が釣れるけど、きっと仕掛けが悪いということで、11:37に赤穂港を諦め移動。キャンプ場の近くにあるスーパー ラ・ムーで一休み。その後先ほどの釣具店で3号のピンク色のサビキ仕掛けを購入して、お昼は道の駅みつで食べることにして移動開始。
 坂越港ふるさと海岸を見てみたかったので海沿いを走りましたが、車を止めるスペースを見つけることができず断念。どこに止めたらいいのかな?

野瀬埠頭岸壁
野瀬埠頭岸壁

 途中、なんとなくリベンジしたくなって相生の野瀬埠頭の矢印で釣り場に移動。ピンクのハリのサビキで釣り始めると面白いようにイワシが掛かります。回りの方も良く釣れています ^^

 ここで事件発生! 釣れた鯖が暴れて仕掛けから外れ、もたもたしていたら、ひなちゃんのすぐそばをさっとネコが通って来て鯖を持ち逃げしたのです。びっくりしたひなちゃんが、「ネコちゃんかわいい」と叫びながら大泣き。その後もイワシなどが落ちるとすぐに「ネコちゃんかわいい」と大泣き ^^;; こちらも拾ってクーラーに入れるのに必死です。釣り終わるまで落とすと「拾って拾って!」と泣きそうな声で叫び、時々思い出したように「ネコちゃんかわいい!」の波状攻撃。でも、釣りは楽しいみたいだしとっても困った状況でした ^^; たくさん釣っても料理が大変なので早めに切り上げ昼食に向かいます。

アミエビ

 荷物が多いので吸い込みバケツを持ってくることができないので、投げ釣りメインで行くつもりでしたが、釣具店でヒロキューのチューブに入ったアミエビ「にぎっていれるだけ  サビキカゴ専用」というものを購入し、サビキメインになりました。とっても便利で手が汚れないし、釣り場も汚れません。

大名そうめん

 14:30ごろに道の駅みつに到着。ここは以前遊びに来たときに、寿司サンドをいただき、巻き寿司なども美味しそうだったので、やってきたのですが、レストランの大名そうめんがとっても美味しそうだったので急遽変更。二人分で1500円(当日の魚によって価格は変動)と割安だし、味もとっても良かったです。ひなちゃんの喰いっぷりがすごかった。その後ちょっと足りないので赤飯やらコロッケやら色々といただきました。
 帰りに室津港に立ち寄り釣り場見学。ここは良さそうですね。赤穂港や野瀬埠頭と違って情緒があります。

たこ

 帰りにペーロン城の直売所でタコを購入。あちこちの直売所に立ち寄りましたが、釣れるような感じのお魚はこちらが一番お得感がありました。塩もこちらで購入。

釣果

 釣果はウルメイワシ47尾、ママカリ6尾、鯖3尾でした。イワシは捌くのが包丁を使わないので、まだ簡単なほうなので何とかなりました。イワシの中にひょっとしたらボラの子供が1匹混ざっていたかもしれません。

から揚げ

 鯖以外はから揚げにすることにしました。ラ・ムーに250g程度ののキャノーラ油が98円くらいで売っていたので使いきりで使ってみました。片栗粉もこちらで購入。

海鮮BBQ

 前日の残りの炭を使って鯖とタコを焼きました。ご飯も二日目となるとちょっとチャレンジ。いつもは、ちょっと強火で沸かしてから弱火で10分炊いて15分蒸らしているのですが、この日は弱火をちょっと強めにしてみました。7分程度でちょっとおこげのにおいがしたので、そこからは限界の弱火で残り3分、蒸らしはいつも通り。前日より美味しく炊けました ^^

 この日もひなちゃんは9:30ごろ就寝。私も酔っ払ってあまり変わらない時間に眠ってしまいましたので、その後のことは覚えていませんが、この日も太鼓の音が聞こえていました。お祭りの練習を近くの高校でしているのかな?

赤穂海浜公園オートキャンプ場1日目
赤穂海浜公園オートキャンプ場3日目
キャンプINDEX
関連記事

Comments 0

Leave a reply