いけのことべえ

ARTICLE PAGE

2014年サツマイモの栽培記録(準備編)

露地植菜園
  • comment0
 2014年のサツマイモの栽培記録を書いていたら準備だけで随分と長文になってしまったので、準備編をとりあえずUPします。

2014年サツマイモの栽培記録(栽培編)
2014年 サツマイモの収穫

 少し遅れていますが、2012年と2009年にサツマイモを育てた裏庭で今年も植えることにしました。これから当分の間は娘のためにも毎年ここでサツマイモを栽培したいと思っていますので、畑の構造と土の改良も考えています。

2012年サツマイモの栽培記録
サツマイモの収穫とサツマイモとりんごの煮物 (2012年のサツマイモの収穫です)
鳴門金時の収穫(2010年のサツマイモの収穫です)
2009年サツマイモ栽培記録

サツマイモ畑

 上の画像の2012年の畝は、かなりがめつく畑を使ってますね。それに汚い。でこぼこなので、大雨が降るとあちこちに水たまりができていました。建物に近い画面右側は日当たりと水はけの関係で何を育ててもあまりよくない。日当たりが良い左側3本に植えた紅東もあまりよくなかったのですが、左側は切り株があった場所で、切り株を掘り出すために、かなり深く掘って粘土質の土がいっぱい出てきたのが原因のような気がします。

 左側は土作りをすれば改善すると思われるので、今年は左側優先で5本の長い畝を中心に育てる作戦で行くことにしました。左側5本をもっと均等な間隔で畝を立てたいと思います(左から5本目をもっと右になるように)。そして、日当たりが良くない一番右側は植えない作戦にして、その土を畝の成型に使い、全体を形の良い畝にして、排水の良い畑を目指そうと思っています。そして、右側も土作りはきちんとして、後ほど日当たりが余りよくなくても育つような野菜を何か考えようと思います。そんなわけで、右側と左側に堆肥を多めに入れたいと思います。

 畝は長い手前5本(各13株)、短い3本(各10株)は2本または1本にする。結局85株から75株を植えつけることになります。畝は画面奥から手前に向かってちょっと傾斜をつけることにします。畑の入り口から外に土が流れるので、入り口付近に溝を作る予定。画面右のほうにサンルームのトイの排水口が畑の中にあるので、その排水溝をトイで受けて、畑の外に流れるようにします。それと、畝を作るときにあぜ板をいれて秋田蕗の地下茎が畑に来なくなるようにしたい。



 今年は久しぶりに本格的に家庭菜園を再開したので忙しく、なかなかサツマイモ畑を耕すところまで行きませんでした。やっと畑を耕し、畑に進出した秋田蕗を処理し始めたらびっくり。すごい地下茎です。これは今後が心配になります。土は固く粘土質の塊が散見。小石も多いです。以前100リットル以上入れたはずのパーライトが見当たらない。再度パーライトを入れることにして、ネットで検索。以前は土となじみが良いといわれる真珠石のパーライトを使ってみましたが、今回は黒曜石パーライトを試しに使ってみることにします。ちょっと安いと思って買ったのですが、いままで使っていた真珠石原料のキングパールのほうが安かった。もちろん国産です。カタログを見ると、どうも、地表の土に使うより、地中にまとめて埋めて使うもののようです。メーカーのカタログです
太平洋パーライトカタログ

6月13日
裏の畑
タキイ有機アミノ酸肥料
バッドグアノ
硫酸カリ
神戸牛堆肥

 畑を耕し元肥を入れました。この畑の面積は奥のほうが21平米、手前が3.2平米で合計24平米ほどです(画角の関係で手前が広く見えてますが)。1アール当たり*Kgって感じで書いている肥料ならその1/4必要ってことですね。最近余り肥料を入れていないので、元肥に5-8-5化成肥料を500g(規定量の1/8)、バッドグアノ3kg(規定量は3.7Kgほど)、硫酸カリは270g(規定量は360g程度)。堆肥は手持ちの半袋ほど。畝を立てるまでに、2袋ほど調達したいと思います。バッドグアノはフミン酸が多く、ふかふかになるそうなので期待しています。かなり以前に買ったのですが、最近良く使っています。なお、入れ物は犬の餌の保管ケースです。硫酸カリはお店で大袋を小分けにして販売しているようです。カリの肥料として草木灰がありますが土地が元々中性に近いので今回は避けました。

完成

 その後、畑の入り口部分を改良したので、少し畝が短くなるかも? と思いましたが、安心してギリギリまで畝を作れるので、そんなに影響はありませんでした。

6月14日
パーライト
パーライト

 パーライトがとどいたので2/3袋ほど畑の奥のほうを中心にまきました。かなり大きさにバラつきがありますね。袋を片付けようとしたら、袋の裏にマスクとゴーグルをつけるように書かれてました。最初に気が付けばマスクをして作業をしたのに・・・ パーライトはお隣の立派な段ボール箱に入って送られてきました。今まで使っていた真珠石原料のキングパールは微粉を除去して水分を加えて対策をしているらしいので、やはり次はキングパールかな?
三井パーライトカタログ

牛糞堆肥

 神戸牛の牛糞堆肥を急いで3袋買ってきて2袋を追加で入れました。左右を多めに入れました。

サツマイモの畝

 畝は、右側のサンルームと左側のコンクリートブロックの内側のちょうど中心、どちらからも165センチのところに棒を立て左から3番目の畝をここに作ることにしました。左右に60センチおきに二本の棒を立て、その中間に耕耘機を置き培土機で畝を立てました。畝の数は長いのを5本、短いのを1本で行くことにしました。ここでこの日は力尽きました ^^;; 続きは栽培編に書く予定です。
関連記事

Comments 0

Leave a reply