いけのことべえ

ARTICLE PAGE

サンルームでトマト栽培にチャレンジ

水耕、サンルーム栽培
  • comment0
 昨年、サンルームにトマトの苗をそのまま放置していたら、ちゃんと収穫できたました。トマトは案外高温に弱い作物と聞いてはいますが、今年は本気で挑戦してみることにしました。

 苗はきっと4月末ごろに買ったもので、ミニトマトは天使のトマトというもの。ミディはサントリーのリッチゴールドです。プランターはアップルウェアーの楽々プランター55で、土15リットル、貯水容量4リットルのものです。サンルームは簡単に40度以上になり夏になるとあっという間に土が乾いてしまうので、あえてトマトには向いていないと思われる貯水機能のあるプランターを選んでみました。ちなみに、昨年はラクラク菜園プランター240という土5リットル、貯水容量1リットルのものを使ってハバネロを育てていましたが、真夏は貯水機能を使って何とか乗り切れました。4号ポットのトマトの苗は、何度も水が枯れて悲惨でしたが、それでも収穫できたので何とかなるでしょう。

 室内なので水漏れが怖いので、リッチェルのプランタープレート90型と70型のプレートを並べ、その上にプランターを置いています。

 ミニトマトのほうはGWの終わりごろにプランターに植えつけました。ミディは5月14日に植え付け。

5月16日
天使のトマト

 ミニトマトは第1果房に実がほとんど付いています。プランターの空いた部分でラディッシュとミニチンゲンサイを育てていますが、暑さのためか思ったほどは育ってません。
 こちらのプランターの土は古いプランターの土の再利用。古い土に赤玉土や堆肥を入れたものです。そのためか、一緒に来たありんこがサンルーム内をいまだにうろうろしています。

5月16日
トマトのプランター

 こちらはミディトマト。ニラをコンパニオンプランツとして植えています。このとき、第一果房に実が付いていますが、ミニトマトのように、たくさんというわけではありません。こちらの空きスペースにも何か植えようと思ったのですが、ミニのほうで二十日大根やチンゲンサイ育ててみたら、うまく育たないし水遣りが面倒だし、トマト的には余り水をやりたくないので、こちらは撒かないことにしました。
 こちらの土はタキイの野菜用の土です。タキイの野菜用の土は2種類あり、ごっちゃになっていてどちらかははっきりしません。

5月20日
ルッコラ

 一緒に育てているルッコラです。そろそろ食べごろですね ^^ トマトのプランターにもルッコラを蒔いて置けばよかったなぁ。プランタープレート90の上においています。このプレートかなりペコペコなんですが、大丈夫なのかな?

水耕バジル
  


 こちらは、雑貨屋や薬店、PCショップなど園芸とは関係ない、いろんなお店で見かける「ペットマト」という商標のペットボトルを使った水耕栽培のバジルです。ある程度育つと、根が増えて水の交換が大変になるので、このようにペットボトルを切り抜いて蓋をひっくり返して育てると楽みたいです。

5月30日
サンルームのトマトと二十日大根

 マグアンプK中粒を各10g追肥した。なお、ミニトマトのほうは植えつけ2週間を過ぎたあたりからハイポネックスを何度か追肥している。ミニトマトの第1果は少し色が変わりつつある感じ。そして天井に届きそう。根元のチンゲンサイにアブラムシ発生。二十日大根はちょっと膨れている。

6月7日
天使のトマト

 第一果房はかなり色が変わってきました、第二果房も色が変わり始めそうです。

6月8日
 初収穫しました。甘くて皮が薄くて美味しいトマトでした。

6月12日
天使のトマトとリッチゴールド

 どちらのトマトも天井まで届いてしまい、昨日地這い風に水平にしてみました。天使のトマトは順調ですが、リッチゴールドは元気がありません。

6月17日
天使のトマト

 天使のトマトは第2果房と第3果房が赤くなって、第一果房は後ひとつで終了。画像一番手前の青いのは第4果房。その上の大きいのがリッチゴールドの第一果房。

6月18日
ミニ青梗菜

 天使のトマトのプランターに植えていたミニチンゲンサイとラディッシュを撤去。結局ラディッシュは2個ほどしか食べることができるサイズに育ちませんでした。実に青梗菜もまともなのはこの3株だけ。油揚げと一緒に煮物にしましたが、筋っぽくてもうひとつ。何度も水切れになったためでしょうね。でも、天使のトマトはよく育ったので、一緒に植えたのは良かったのかな?何も植えなかったリッチゴールドはイマイチだし。次回、トマトをサンルームで育てるときははルッコラを育ててみたいと思います。

天使のトマト

 天使のトマトのプランターは、超すっきり。うまく行くようなら、とぐろを巻くようにして土を足して茎を埋めたいけど無理かな?
 なお、本日天使のトマトとリッチゴールドに2回目の追肥を行いました。肥料はマグアンプKの小粒。重さは量ってません、適当に2つまみほどです。今まで中粒を追肥に使っていましたが、小粒のほうが追肥には向いていそうなので変更しました。

6月21日
リッチゴールド

 やっとリッチゴールドが色づき始めました。画像右上の2個です。画像上端左がリッチゴールドの第2果房。果房といってもひとつしか付いていません。室内だとリッチゴールドは受粉しにくいのかな? 花は咲いているのですが、全体に着果率が低い感じです。

6月25日
サンルームのトマト

 今朝の様子です。リッチゴールドを昨日ひとつ頂きましたが、とっても甘く美味しいトマトでした。娘が音叉をおもちゃにしてなくしてしまい、トマトを手で揺らして受粉させているのですが、音叉ほど効果がないのかな?

6月28日
リッチゴールド

 そういえば、トマトトーンがあったのを思い出しました。上記画像のリッチゴールドの花3箇所に掛けてみました。

 ところで、今回は貯水機能のある15リットルのプランターを二つ使っているのですが、現在のところ貯水機能は使ったことがありません。常に貯水槽は乾いています。晴天の日で朝1リットル、雨の日なら500mlほどをひとつのプランターにやれば1日持っています。そんなわけで、これから暑い日が続く季節になってもきっと一株15リットルの土が入るプランターであれば貯水機能はいらないと思われます。なので、来年は大型のプランターをひとつ使って、天使のトマトを二株育てようと思っています。土の温度を上げないために、プランターは白がいいと思うので、現在使っているリッチェルのプランタープレートに合う「Nシャンティ ワイドプランター85型 アイボリー(IV)サイズ/85 x 31.5 x 25.5H(cm) 容量/38L 目皿付」を考えています。

7月8日
 リッチゴールドのトマトトーンを掛けた3つの果房は一番下の花が終わっているのはダメでしたが、中央は3つ実が成りはじめました。一番上はこれから。しかし、第三果房のひとつに尻腐れの兆候があります。残念ながら、リッチゴールドはうまく育たなかった感じですね。サンルームの苛酷な環境が会わなかったのかもしれませんので、屋外への移動を検討したいと思います。天使のトマトも成り疲れなのかな? ちょっと勢いが止まった感じです。

11月29日
 リッチゴールドを撤去しました。既に1ヶ月ほど収穫はしていませんが撤去が遅れました。天使のトマトは、まだ収穫が何とか続いていますが、甘くなく酸っぱいミニトマトになってしまいました。この日剪定をしました。これで復活したら良いのですが・・・。

12月3日
天使のトマト

 中途半端に枝を残していると邪魔なので、思い切って付け根からはえてきた脇芽だけにしました。スコップで周りの根を切り、IB化成をプランターの周りに20g追肥。うまく行くかどうかは謎です。

2015年2月
 結局上のトマトは枯れてしまいました。
関連記事

Comments 0

Leave a reply