2014年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.05.31 (Sat)

2014年ジャガイモの栽培記録

 2014年のジャガイモの栽培記録です。実は今年は種芋を買ったものの、植え付けが遅れてしまいました。さて、どうなることやら・・・。

 我が家の、雑草だらけの荒廃してしまった花壇をハーブガーデンにする予定なのですが、今ハーブを植えつけても雑草がはびこって大変なことになりそうなので、とりあえず野菜の植え付けと収穫を繰り返して雑草を減らす作戦で、その第一弾がジャガイモです。この花壇は大体2.8m×85cmほどです。

5月16日
プランターのジャガイモ

 2月下旬にお気に入りのシンシアの種芋をゲットしたのですが、1個をこのプランター(以降プランターA)に3月中旬ごろに植えつけて、あとは放置してしまいました。残りは、ガレージで放置していたら、10センチくらいのモヤシのような芽が出ていました。

5月16日
ジャガイモ

 何とか畑を耕して、イモを植え付けたのはGW明けくらいです。モヤシみたいな芽が地中で生きていたみたいで、あっという間に芽が出てきました。このとき種芋が余ったので、放置中の雑草がぼうぼうのプランター(以降プランターB)に残った3個を植えつけ。1個は芽がほとんど出ていませんでした。

5月23日
ジャガイモ
ジャガイモ

 畑のジャガイモがわりと大きくなってきたので、芽かきと追肥、土寄せ。畑の真ん中に溝を掘って植えつけたのに、かなりばらばらに芽が出ています。芽の数を最高で3個にしただけですので、芽かきは1本だけ。

 5月24日
 プランターBの芽かき追肥、土寄せ。芽は2本ずつ。芽のほとんど出ていない芋を植えた場所(中央)はまだ芽が出ていない。

5月31日
プランターAのジャガイモ

 プランターA、最終追肥と土寄せ(土追加)。

花壇Bのジャガイモ

 花壇Bの方も一気に育ってきました。一番大きいのはプランターAの苗なみです。奥にあるのはラベンダー。ラベンダーの隣のジャガイモだけ育ちが悪いのは、何か理由があるのかな? その奥左が花壇Aです。花壇Aにはひまわりの苗が植わっていましたが、本日枝豆の苗を植えつけました。
 猫よけの猫が見えると思います。2週間ほど前に設置しました。今まで毎日のようにみていた野良猫を見なくなったので、最初のうちはかなり効果があるみたいです。

プランターBのじゃがいも

 こちらはプランターBです。余った種芋を捨てるのはもったいないので、雑草がぼうぼうのプランターに穴を開けて種芋を入れてみました。3個植えたのですが、中央はまだ芽が出ていません。他の種芋は10センチくらいモヤシのように芽が出ていたのですが、このイモだけが小さな芽しかなかったので、いま地中で頑張り中?
 条件は悪いですが、このプランターは66リットルもあるので、今まで何度もジャガイモを育てた実績があり、少しは期待しています。

蹲

 娘のためにつくばいでめだかを飼ってみることにしました。今日で二日目ですが何とか無事です。猫や鳥が怖いし、真夏の日差しも怖いですね。

6月4日
ジャガイモのつぼみ

 気が付いたら花壇Bのジャガイモにつぼみが付いていました。プランターBの小さなジャガイモにも付いていました。

6月9日
花壇Bのジャガイモ

 そろそろ花壇Bは最終の土寄せかな?

花壇Bのジャガイモ

 土寄せをしてみました。肥料は入れていません。寄せただけ。プランターBの土寄せもしたので、これでジャガイモの栽培で手の掛かるところはほぼ終わり。後は収穫できることを祈るだけです。

ニジュウヤホシ

 と思ったら、ニジュウヤホシを発見。この後捕殺しようとしたら逃げられました。いやですね。

6月10日
 イモを大きくする効果があるカリを多く含む微粉ハイポネックス(N-P-K=6.5-6-19)を500倍に薄めて、追肥してみました。

6月16日
ジャガイモ

 育ちが遅れていたラベンダーの隣の芽が根きり虫にやられました。全体に育っている感じはありません。芋が育っていたらよいのですが。

6月19日
 マグアンプKをプランターAとBにそれぞれ10g、5gを追肥した。

6月21日、22日
 先日根きり虫にやられた芽のお隣の芽も根きり虫にやられてしまいました。もちろん今回も犯人は処分しました。翌22日も被害発生。捕殺しましたが困りましたね。
 調べてみますと、雑草に卵を産むみたいで、このジャガイモを植えた花壇Bはつい先日まで雑草だらけでしたので、このような被害に合うのだと思われます。そんなわけで雨がやんだら全ての苗の周辺をチェックしてみたいと思います。枝豆の苗を植えている花壇Aも同様の条件なので被害が出る前にチェックしてみる予定です。

6月23日
ジャガイモ初収穫?

 あまりにネキリムシの被害が多いので、掘り返して探してみました。3匹捕殺できましたが、そのとき間違って芋がひとつ取れてしまいました。かなり不本意な初収穫ですが、なんとGW明けに植えつけから2ヶ月足らずで芋ができていたのでかなりうれしいです ^^ これなら可能性があるということで、掘り返した土にマグアンプK小粒を30gを混ぜて追肥しました。ちなみに花壇Aはもっと小型のネキリムシがたくさんいました。

 適期に植えたと思われるプランターのジャガイモの記事「ジャガイモの試し掘り(シンシア)」がありましたが、7月7日に収穫していたのでプランターAもそのころ収穫かな?

6月30日
 一番可能性が低いプランターBに水をやったら芋が露出しました。小さな芋ですが、芋ができたことに感謝です ^^ ちなみに、プランターBの中央に植えた芋は結局芽が出ませんでした。

7月5日
 プランターAの芋が露出して緑色になっていたので慌てて土をかぶせました。そこそこ大きそうな芋だったので収穫が楽しみなのですが、長雨で収穫のめどが立っていません。

7月12日
じゃがいも
ジャガイモ

 いつでも収穫OKなんですが、長雨で槌がぬれているのでなかなか収穫できません ^^;;

7月19日 収穫
ジャガイモの収穫

 やっと収穫しましたが、残念ながらプランターの芋がほとんどでした。やはり植え付け適期は守らないとダメですね。我が家が北海道でないことが証明されました ^^;;
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  露地植菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.30 (Fri)

サンルームでトマト栽培にチャレンジ

 昨年、サンルームにトマトの苗をそのまま放置していたら、ちゃんと収穫できたました。トマトは案外高温に弱い作物と聞いてはいますが、今年は本気で挑戦してみることにしました。

 苗はきっと4月末ごろに買ったもので、ミニトマトは天使のトマトというもの。ミディはサントリーのリッチゴールドです。プランターはアップルウェアーの楽々プランター55で、土15リットル、貯水容量4リットルのものです。サンルームは簡単に40度以上になり夏になるとあっという間に土が乾いてしまうので、あえてトマトには向いていないと思われる貯水機能のあるプランターを選んでみました。ちなみに、昨年はラクラク菜園プランター240という土5リットル、貯水容量1リットルのものを使ってハバネロを育てていましたが、真夏は貯水機能を使って何とか乗り切れました。4号ポットのトマトの苗は、何度も水が枯れて悲惨でしたが、それでも収穫できたので何とかなるでしょう。

 室内なので水漏れが怖いので、リッチェルのプランタープレート90型と70型のプレートを並べ、その上にプランターを置いています。

 ミニトマトのほうはGWの終わりごろにプランターに植えつけました。ミディは5月14日に植え付け。

5月16日
天使のトマト

 ミニトマトは第1果房に実がほとんど付いています。プランターの空いた部分でラディッシュとミニチンゲンサイを育てていますが、暑さのためか思ったほどは育ってません。
 こちらのプランターの土は古いプランターの土の再利用。古い土に赤玉土や堆肥を入れたものです。そのためか、一緒に来たありんこがサンルーム内をいまだにうろうろしています。

5月16日
トマトのプランター

 こちらはミディトマト。ニラをコンパニオンプランツとして植えています。このとき、第一果房に実が付いていますが、ミニトマトのように、たくさんというわけではありません。こちらの空きスペースにも何か植えようと思ったのですが、ミニのほうで二十日大根やチンゲンサイ育ててみたら、うまく育たないし水遣りが面倒だし、トマト的には余り水をやりたくないので、こちらは撒かないことにしました。
 こちらの土はタキイの野菜用の土です。タキイの野菜用の土は2種類あり、ごっちゃになっていてどちらかははっきりしません。

5月20日
ルッコラ

 一緒に育てているルッコラです。そろそろ食べごろですね ^^ トマトのプランターにもルッコラを蒔いて置けばよかったなぁ。プランタープレート90の上においています。このプレートかなりペコペコなんですが、大丈夫なのかな?

水耕バジル
  


 こちらは、雑貨屋や薬店、PCショップなど園芸とは関係ない、いろんなお店で見かける「ペットマト」という商標のペットボトルを使った水耕栽培のバジルです。ある程度育つと、根が増えて水の交換が大変になるので、このようにペットボトルを切り抜いて蓋をひっくり返して育てると楽みたいです。

5月30日
サンルームのトマトと二十日大根

 マグアンプK中粒を各10g追肥した。なお、ミニトマトのほうは植えつけ2週間を過ぎたあたりからハイポネックスを何度か追肥している。ミニトマトの第1果は少し色が変わりつつある感じ。そして天井に届きそう。根元のチンゲンサイにアブラムシ発生。二十日大根はちょっと膨れている。

6月7日
天使のトマト

 第一果房はかなり色が変わってきました、第二果房も色が変わり始めそうです。

6月8日
 初収穫しました。甘くて皮が薄くて美味しいトマトでした。

6月12日
天使のトマトとリッチゴールド

 どちらのトマトも天井まで届いてしまい、昨日地這い風に水平にしてみました。天使のトマトは順調ですが、リッチゴールドは元気がありません。

6月17日
天使のトマト

 天使のトマトは第2果房と第3果房が赤くなって、第一果房は後ひとつで終了。画像一番手前の青いのは第4果房。その上の大きいのがリッチゴールドの第一果房。

6月18日
ミニ青梗菜

 天使のトマトのプランターに植えていたミニチンゲンサイとラディッシュを撤去。結局ラディッシュは2個ほどしか食べることができるサイズに育ちませんでした。実に青梗菜もまともなのはこの3株だけ。油揚げと一緒に煮物にしましたが、筋っぽくてもうひとつ。何度も水切れになったためでしょうね。でも、天使のトマトはよく育ったので、一緒に植えたのは良かったのかな?何も植えなかったリッチゴールドはイマイチだし。次回、トマトをサンルームで育てるときははルッコラを育ててみたいと思います。

天使のトマト

 天使のトマトのプランターは、超すっきり。うまく行くようなら、とぐろを巻くようにして土を足して茎を埋めたいけど無理かな?
 なお、本日天使のトマトとリッチゴールドに2回目の追肥を行いました。肥料はマグアンプKの小粒。重さは量ってません、適当に2つまみほどです。今まで中粒を追肥に使っていましたが、小粒のほうが追肥には向いていそうなので変更しました。

6月21日
リッチゴールド

 やっとリッチゴールドが色づき始めました。画像右上の2個です。画像上端左がリッチゴールドの第2果房。果房といってもひとつしか付いていません。室内だとリッチゴールドは受粉しにくいのかな? 花は咲いているのですが、全体に着果率が低い感じです。

6月25日
サンルームのトマト

 今朝の様子です。リッチゴールドを昨日ひとつ頂きましたが、とっても甘く美味しいトマトでした。娘が音叉をおもちゃにしてなくしてしまい、トマトを手で揺らして受粉させているのですが、音叉ほど効果がないのかな?

6月28日
リッチゴールド

 そういえば、トマトトーンがあったのを思い出しました。上記画像のリッチゴールドの花3箇所に掛けてみました。

 ところで、今回は貯水機能のある15リットルのプランターを二つ使っているのですが、現在のところ貯水機能は使ったことがありません。常に貯水槽は乾いています。晴天の日で朝1リットル、雨の日なら500mlほどをひとつのプランターにやれば1日持っています。そんなわけで、これから暑い日が続く季節になってもきっと一株15リットルの土が入るプランターであれば貯水機能はいらないと思われます。なので、来年は大型のプランターをひとつ使って、天使のトマトを二株育てようと思っています。土の温度を上げないために、プランターは白がいいと思うので、現在使っているリッチェルのプランタープレートに合う「Nシャンティ ワイドプランター85型 アイボリー(IV)サイズ/85 x 31.5 x 25.5H(cm) 容量/38L 目皿付」を考えています。

7月8日
 リッチゴールドのトマトトーンを掛けた3つの果房は一番下の花が終わっているのはダメでしたが、中央は3つ実が成りはじめました。一番上はこれから。しかし、第三果房のひとつに尻腐れの兆候があります。残念ながら、リッチゴールドはうまく育たなかった感じですね。サンルームの苛酷な環境が会わなかったのかもしれませんので、屋外への移動を検討したいと思います。天使のトマトも成り疲れなのかな? ちょっと勢いが止まった感じです。

11月29日
 リッチゴールドを撤去しました。既に1ヶ月ほど収穫はしていませんが撤去が遅れました。天使のトマトは、まだ収穫が何とか続いていますが、甘くなく酸っぱいミニトマトになってしまいました。この日剪定をしました。これで復活したら良いのですが・・・。

12月3日
天使のトマト

 中途半端に枝を残していると邪魔なので、思い切って付け根からはえてきた脇芽だけにしました。スコップで周りの根を切り、IB化成をプランターの周りに20g追肥。うまく行くかどうかは謎です。

2015年2月
 結局上のトマトは枯れてしまいました。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  水耕、サンルーム栽培  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.29 (Thu)

2014年八つ頭栽培記録

 2014年の八つ頭の栽培記録です。

5月21日
八つ頭の苗

 八つ頭の苗を戸田園芸で購入しました。すぐに植える暇が無かったので、サンルームで放置していました。上記画像は植え付け寸前のものです。

5月25日
八つ頭の植え付け

 メインの畑の左の畝に植え付け。すでに芽が出ているので、深く植えられないため、溝を掘ってそこに植えつけてみました。ちょっと深すぎたかな?

6月16日
八つ頭

 あまり大きくなってませんね。

6月23日
八つ頭土寄せ

 相変わらず育ちが悪いので、株あたり10gのマグアンプK小粒を追肥して、土寄せをしました。本日よりこの部分は畝Cと呼ぶことにします。奥に見えているのがスイカとロメインレタスの畝Bです。

6月24日
 スズメガの幼虫と思われる真っ黒いイモムシがいました。葉っぱを食べられる寸前みたいで被害はありませんが、どこからやってきたのかな? これで3匹目を捕殺しました。

7月8日
八つ頭

 8-8-8の化成肥料を両サイドに合計100gまいてから土寄せを軽くした。やっと穴から出てきた感じですね。翌日真っ黒のイモムシを発見。土寄せするとイモムシが出てくるのはどうしてなんだろ?

8月12日
八つ頭

 台風で心配でしたが、それほどでもありませんでした。左端が小さく、ちょっと心配です。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  露地植菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.28 (Wed)

雑草アイテム大人買い

 庭を2年間ほったらかしにしたので、大変なことになっています。先日ゴミ袋15袋ほど雑草を捨てましたが、まだまだいっぱいあります。正直今は手で抜くのが一番早いのですが、たくさんの雑草抜きアイテムを買ってみました。新しいアイテムがあると使う気になって、やる気が出ますので ^^

 
 
 

 ネットでドーンと大人買いです。買ってみた理由は、サボテンと言うメーカーの「草取り爪」は無いよりあった方が楽そう。「根こそぎ草抜き」このタイプの草抜きは使ったことが無いのと、害虫をつまむのに便利そう。ミキロコスというメーカーの「腰楽草抜きボーイ」電動ドライバーにつける回転式の物に興味があったのですが、しゃがむと辛そう。ハンドルが付いているので簡単に回転できるのと、引っかかった草を簡単に取れる工夫があるのが良さそう。モンブランというメーカーの「草取りヅメ ロング」ちょっと長いので手の届かない狭いところに良さそう。って感じで一気に購入しました。
 今回は、ポイントが10倍だったのと送料無料になる金額が低めだったために、こちらのお店に決めました。正直言うとモンブランの製品は他のお店よりかなり高い気がします。それと、西濃運輸での配送なのがちょっとですが・・・。 

雑草グッズ

 雑草を抜くアイテムってものすごく多くて、上記サボテンやモンブランのHPをみると、どれを買えば良いのかわけが分からなくなるくらい種類が多いです。これは、非常に多くのシチュエーション、雑草の種類、土地の広さ、土の固さ、畑、芝生などとその組み合わせで、いろんな雑草抜きが考えられたのでしょう。しかも、使う人の雑草に対するスタンス(根っこから抜かないとダメって人、刈り取るだけでもOkなど色々な流派がある)などが加わり、同じ製品に対しても評価が大きく変わり、新しい製品が次々と生まれるのだと思います。
 たとえば、評判が良いドウカンのけずっ太郎ですが、これは耕した畑用のものだと思います。

 サボテンの草取り爪はなれるとかなり役に立つ気がしますが、今のところ不慣れなのでちょっと使いづらいです。いけのこと私とでは指の太さが違うので、調整は簡単にできるものの、二人で共用するには不便です。

 サボテンの根こそぎ草抜きは始めて使うタイプなので、使うのが楽しみでした。説明を読むと15センチ以下の雑草用で、芝生に生えた雑草に最適とこのことです。

根こそぎ草抜き

 では、このオクラの鉢にはえた雑草を抜いてみましょう。

オクラの苗

 3分程度でこんな感じです。これが早いのか遅いのか、微妙な感じですね。まだ寒いので、スーパーの袋をかぶせているので、その針金がペンチタイプだと邪魔になります。こんなに細い草だと、草を抜くと先端に草が残りだんだんつまみにくくなります。

 ミキロコスの腰楽草抜きボーイは芝生に生えた雑草を抜くためのものってイメージでしたが、実物は思った以上に大きくて重くて立派なものでした。これで1000円ちょっとならかなりお買い得な気がします。テープラベルが貼り付けられていましたが、簡単に外せるのはありがたいです。

草抜きボーイ先端

 先端部分です。芝生で使ったら大きな穴が開きそうですが。見た感じだと、かなり抜きにくい雑草でも抜けそうな気がします。実際に手ではどうしても根の部分が抜けなかったしつこい雑草をこれを使って抜くことができました。

 モンブランはサボテン同様雑草グッズが多いですね。こちらの商品は畑のちょっと奥にある雑草を掻き取るのに良さそうに思いました。ハードな使い方に向いているタイプではなさそうです。MontBlancとかかれたシールをはがすのが大変そうと思ったら、切り取り線があり、宣伝部分だけが簡単にはがせました。このシールの耐久性がちょっと心配。

 実際に使ってみると、数回引くだけで、草が詰まります。先端の幅が狭いので、何回も作業をする必要があり使っていて爽快感が無いのが残念。基本的に、小さな雑草を根から引き抜くための道具のようですので、これでいいのでしょう。我が家は手入れが行き届いていない庭が多いので、雑草だけじゃなく、枯れ草などがたくさんあるため相性が悪いみたい。それと、上記オクラにはえている雑草とも相性が悪いみたいで、あまりうまく取れません。

 さて、最近買ったアイテムで一番便利だと思うのがこちらの「雑草ブラシ」これはわりとお勧めです。

雑草ブラシ

 こんな感じの雑草をサクッと

雑草ブラシ

 こんな感じにできます。

ねじり鎌とげずっ太郎スリム替刃

 色々と使って思ったのはけずっ太郎がやはり一番便利ってことで、小回りの効く昔ながらのねじり鎌とけずっ太郎スリムの替刃を買ってきました。ねじり鎌は三木の道の駅でいろんなものを見て迷いました。クロムメッキされたものやステンレスのものはまともな刃が付いていないものも多く、鋼のもので切れそうで作りが良さそうなものを選んでみました。鹿印鎌と言うメーカーのものです。使ってから分かったのが、この商品は紐を通す穴が開いていない。収納方法を考える必要がありますが、ある意味刃物なので、紐を通して使った後ぶら下げておくのではなく、きちんと手入れをして、きちんとカバーをつけてから収納する癖をつけたほうが良いのかもしれません。

ジャガイモ

 この花壇は、けずっ太郎で処理した後、このねじり鎌で細かいところを処理してみましたが、快適でした。

片手フルイ

 そして本日は、上の画像の二つを購入。大きいほうはモンブランのらくらく片手ふるい。小さいほうはBONSAI(境製作所)のぷち Pink という草抜きです。片手ふるいは思った以上に大活躍。これは、いけのこ用にもうひとつ買っても良い気がします。ぷちの方は安かったので購入しました。ちょっと使った感じでは草取り爪よりなれるのが早そうな気がしました。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

 |  園芸グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.27 (Tue)

2014年ピーマン栽培記録

 2014年のハラペーニョ、フルーツパプリカの栽培記録です。随時更新していく予定です。

 サントリーの本格ハラペーニョの苗をGWのころ購入。少し大きなポットに移し、サンルームで育てていました。

5月17日
ハラペーニョ
ハラペーニョ

 プランターに定植しました。コンパニオンプランツとして、ニラを一緒に植えました。

5月21日
フルーツパプリカ
 フルーツパプリカのオレンジとイエローの苗を戸田園芸で購入。残念ながら赤は売っていなかった。
 ハラペーニョの第1果を摘果。

5月22日
フルーツパプリカ

 フルーツパプリカを定植しました。5リットルの小さなプランターなので、ちょっと心配。オレンジには同時に購入したパセリを、イエローにはシソをコンパニオンプランツとして植えつけました。こうなると赤も欲しくなりますね。ところで、フルーツパプリカをネットで検索するとサカタのタネのフルーツパプリカばっかりです。この苗も種はサカタのタネのものなんでしょうか? この苗のメーカーの角田ナーセリーのHPを見ましたがよく分かりませんでした。サカタのタネの画像はもっと扁平な感じですがどうなんだろ?

5月24日
ハラペーニョ

クローバー

 NHKの野菜の時間でコンパニオンプランツとしてクローバーを植えていたので23日に苗を購入し、この日植えつけてみました。四つ葉のクローバがありますね ^^ 第2果がちょっと大きくなっています。

5月26日
セニョリータレッド
セニョリータレッド


 25日にサカタのタネのフルーツパプリカ セニョリータ レッドの種を購入し、種まきをしました。種の袋には11粒入っているとかかれていましたが、実際には13粒でした。これで3色そろいました ^^ 温暖地で3月末までの種まき、すでに寒冷地の種まき適期も過ぎていますが、何とかなるでしょう。それにしても、種の購入は苦労しました。適期を過ぎた種はいっぱい売っているのに、ピーマンの種だけなぜか売っていない店が多く、ホームセンターは全滅、種苗店でも売ってなくて、最後に西区の明幸園でやっと見つけました。

5月27日
フルーツパプリカ
ハラペーニョ


 本日の様子です。気温が低めな日が多いのであまり育っていませんね。ハラペーニョはそろそろ植えつけて2週間なので追肥をしました。

6月4日
 フルーツパプリカイエローの第1果(直径1センチくらい)とハラペーニョの第2果(適正より一回りくらい小さい)を収穫。どちらも辛かったです。フルーツパプリカのほうは辛すぎて破棄。オレンジのほうはまだ花が咲きません。

6月5日
 フルーツパプリカレッド発芽の兆し。種を撒いてから10日目です。寒い日が続いているので、サンルームにおいている割に遅れてますね。

6月8日
今朝の庭

 双葉が3つ出てきました。

6月17日
フルーツパプリカ

 苗がかなり大きくなりました。4つ目、5つ目の芽も出てきました。3本についてはそろそろポット上げですね。

6月19日
フルーツパプリカの苗

 フルーツパプリカの苗をポット上げしました。少し時期外れですが、育ってくれると良いですね。当分、サンルームで育てる予定です。

フルーツパプリカ
ハラペーニョ

 フルーツパプリカとハラペーニョです。ハラペーニョは新芽をアブラムシにやられているみたいなので、本日カダンセーフをピーマン、ナス、オクラなど怪しい株に掛けました。フルーツパプリカオレンジの第一果を摘果。イエローも2番目か3番目を摘果しました。マグアンプK小粒をフルーツパプリカ各5g、ハラペーニョ10gを追肥しました。

6月24日
フルーツパプリカ

 残り二つの苗をポット上げしました。ハラペーニョの新芽はカダンセーフを掛けたのと、夕方ナスとともに水をぶっ掛ける作戦の効果で直りました。

6月28日
 少し早めですが、フルーツパプリカに各5gの追肥をしました。

6月29日
フルーツパプリカの苗

 現在の苗の様子です。こんどは、フルーツパプリカの新芽がアブラムシか何かにやられて縮んでいるので、ベニカマイルドを掛けた。青いピーマンとして小さいものを既に合計10個くらいを収穫しています。翌日、苗のひとつがネキリムシにやられました。市販の土を使いサンルームで育てているのにねぇ・・。

7月4日
ハラペーニョ

ピーマン

 ハラペーニョの葉っぱの縮れは治りましたが、フルーツパプリカはちょっと残ってますね。以前ハラペーニョを育てたときはすごいカメムシだったのですが、今年は全然いません ^^ 一緒に植えているニラのおかげなのかな? それともクローバー?

7月13日
パプリカ

 直売所でフルーツパプリカが売っていたので購入。この形、きっとサカタのタネのものと同じですよね。我が家のものもこんな感じになるといいけど、7月中は青いまま収穫予定です。
 数日前、サンルームで育てていたパプリカの苗の1本が倒れていました。根元の露出していた根っこ部分に白いカビが生え青枯れ病みたいになっていました。日光に当てたりしてみましたが、回復しないので本日破棄しました。結局最初に芽が出た3本のうちちゃんと育ったのは一番大きな苗1本だけになってしまいました。一番大きいのは本日定植予定でしたが、雨のため中止。

フルーツパプリカ

 こちらが12日に撮影した苗です。

7月25日
フルーツパプリカの植え付け

 上の苗の画像の右の二つを本日植え付けしました。今回はアイリスオーヤマのレリーフプランター深型 450 新色のブルーに植え付けてみました。深型とは言うもののプランター自体が小さく容量も13リットルなんですが、二株植え付けています。土は野良ネギが植わっていた土をふるっただけ。数年間放置されていたので、きっと肥料はほとんど残っていないと思われます。前日に野良ネギの大きいものを長ネギの植え付けのようにしてプランターに植え付けたので、余った小さいネギを苗の回りに植えています。元肥は植え付けてから上岡流に15gのIB肥料を入れました。

フルーツパプリカ

 一番左の苗は14日に植え付けました。プランターにアップルウェアーの菜園ポット丸型10号(15リットル)を使いました。最初に植え付けたフルーツパプリカ(隣に移っているオクラのプランターと同じで5リットル)と比べると、こちらのほうが土の量が多いからかな?良く育っています。

2015年2月追記
 かなり遅く種を撒いたフルーツパプリカですが、思った以上に収穫できました。ただ、明らかにピーマンの形が苗で購入したフルーツパプリカと違いました。種のほうはサカタのタネの種袋と同じ形。苗のほうは普通のピーマンの形に近かったです。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  プランター菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.26 (Mon)

ガーデンレタスミックスの栽培記録

 現在、ガーデンレタスミックスを栽培しているのですが、「何日ぐらいで発芽したかな?」「どんな感じで間引きをしたかな?」と、このブログで調べてみたら、見当たらない。何度も育てていて、ガーデンレタスミックスの収穫や料理の画像は幾つか見つけたのですが、きちんと記録されていないと何かと不便ですので、栽培記録を書いてみました。

 家庭でのベビーリーフ栽培の一番のコツは、小さめの持ち運びが自由なプランターを使うことだと思います。収穫するのが夜になることが多く、明るい室内に移動して収穫作業をするのに都合が良いからです。

 ところで、アタリヤのガーデンレタスミックスとサカタのタネのガーデンレタスミックスは中身が違うのでしょうか? 私が見たところ、種の袋にまったく同じ画像が使われているので、同じものだと思われます。内容はサカタのタネのHPによると

1.レッドオーク(葉形は切れ込みの大きい細葉で、葉色は赤)
2.グリーンオーク(葉形は切れ込みの大きい細葉で、葉色は緑)
3.フリンジーグリーン(葉縁がフリル状に縮れる緑色リーフレタス)
4.フリンジーレッド(葉縁がフリル状に縮れる赤色リーフレタス)
5.コスレタス
 以上の5種類のはずなんですが、6月21日の画像を見ると、サラダ菜らしきものが育っています。謎ですね ^^;;
6.サラダ菜??

 以下のリンクで再度検証しています。
アタリアのガーデンレタスミックスの中身

2014年4月30日?
 残念ながらいつ種を撒いたのか正確に分かりませんが、4月30日のような気がします。ちなみに、今回はアタリヤの種です。

5月16日
ガーデンレタスミックス

 いけのこと娘が一緒に種を撒いたのですが、ちょっとまきすぎた場所がある感じですね。かなり小型のプランターを使っています。日当たりが一番良い場所ではなく、どちらかというとあまり条件がよくない玄関のそばで育てていました。とにかく、早急に間引きが必要ですね。

5月17日
ガーデンレタスミックス

 少し、間引きしました。大株用の苗を作りたいので、少し移植しました。この後日当たりの良い場所に移動しました。

5月24日
ガーデンレタスミックス

 1週間で一気に育ちました。

6月3日
ガーデンレタスミックス

 かなり立派に育ちました。もちろん収穫していただいています。

6月9日
ガーデンレタスミックス

 間引いたものを育てていましたが、やっと大きくなってきたのでプランターに植えてみました。何も考えずに、間引いて植えたのですが、見事に5種類そろっていますね。左上から右にレッドオーク、フリンジーレッド、コスレタス。左下から右にフリンジーグリーン、レッドオーク、グリーンオークです。(育ってから分かりました)

 これとは別に、なすのプランターにも植えてみました。

6月10日
 上の画像のセルの苗をポットに上げました。右上の赤い苗がガーデンレタスミックス。残りはメルカート・ロッソを間引きしたときのもの。

6月13日
 畑全体にイモムシの被害が多めなのでBT剤をまきました。

6月19日
ガーデンレタスミックス
ガーデンレタスミックス
ガーデンレタスミックス

 この日の様子と朝食(サンドイッチ)用に小さいプランターから収穫したものです。かなり苦くなってきました。マグアンプK小粒を各10g追肥しました。小さいプランターでは以前、夜盗虫の子供8匹ほど、大きいプランターでは今朝それなりに大きいのを1匹捕殺しました。暖かい時期の葉ものは育てるのが大変ですね。
 この日、6月9日の画像のセルに写っている苗をコスレタスとともに定植しました。

6月21日
ガーデンレタスミックス

 たった二日で一気に大きくなりました。でも、左下のフリンジーグリーンだと思っていた葉っぱが、サラダ菜に見えるんだけど? 右上のコスレタスと別に、グストイタリアシリーズのメルカートに入っていたコスレタスとコロッセオという名前のコスレタスを育てているので3種類の違いが出るのか楽しみです。今のところ、ガーデンレタスミックスとメルカートのコスレタスはかなり良く似た感じです。

6月24日
ガーデンレタスミックス

 プランターいっぱいに広がったので、大株の初収穫です。

ガーデンレタスミックス

 ベビーリーフのように外側の葉っぱを収穫してみました。とってもジューシーで美味しいレタスでびっくり。この時期この美味しさはやっぱり高原レタス? ^^;; 同じ日に撒いたベビーリーフのほうはそろそろ撤収?って感じの味なのですが・・・。

6月26日
ガーデンレタスミックス

 26日の朝食時にガーデンレタスミックスのベビーリーフを撤収しました。画像は25日のもの。この画像を見ると、やはり緑色はオーク、フリンジ、コス以外にサラダ菜があるような気がしますね。
 夜に大株のほうを頂きましたが、朝食べたときの感動はありませんでした。同時にコロッセオのそとっぱも頂きましたが、こちらはもうひとつでした。

コロッセオ

 コスレタスは食べずに畑に移植してみました。上記画像の→の場所です。この畑でコロッセオ、メルカートの中のコスレタス、ガーデンレタスミックスの中のコスレタスの3種を育てることになります。移植の適期は過ぎていますが・・。なんとなく、ガーデンレタスミックスのコスレタスとお隣のメルカートのコスレタスが似ています。

 以上にてこのページは閉じます。大株のその後は、機会があればUPします。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  プランター菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.24 (Sat)

WOLF Garten の手袋 ソイルバルコニー

 久しぶりに家庭菜園を本格的に再開するので、気分一新に園芸用の手袋を買ってみました。



 いけのことわたしでペアで購入。いけのこがサイズ7、私がサイズ8です。ウルフガルテン(WOLF Garten)というドイツのメーカーなのでサイズが大きすぎないか心配だったのですが、二人とも手が小さいのに、わりとちょうど良いサイズで一安心。ちょっと手の大きい男性だときついかもしれません。サイズ10という特大のがあるのですが、ドイツではそれが男性用。8と7は女性用なのかも?

ウォルフガルテン

 今回はこのメーカーの手袋の中で一番ライトな感じの製品を選びました。こうやって並べてみると、同じ柄はまずかったかな?って気はしますね。
 使ってみるといたって普通の手袋で、気持ちよく作業ができます。表も裏も通気性があるので違和感が無く、ライトな作業には充分ですが、ぬれるような作業には向かない手袋です。そういう作業のために手のひら側がゴムになっている手袋もラインナップされているようです。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

 |  園芸グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.23 (Fri)

新舞子で潮干狩り

 昨日は、新舞子に潮干狩りに行ってきました。いけのこと行くのはこれで3回目ですが、娘はもちろん初めてです。

2009年→新舞子で潮干狩り
2010年→新舞子で潮干狩り

新舞子海岸

 いつも利用している大阪屋さんが改装中で利用できないので、海の家風の海岸物語という休憩所を利用しました。平日は休んでいる休憩所が多いみたいです。

潮干狩り

 子供の相手をしながらなので、あまり取れませんでしたが、娘が楽しかったようなのですべてOKです。ただ、海より休憩所のキッズスペースで遊ぶほうが楽しかったようです。

寿司サンド

 帰りに近くの御津の道の駅に行ったら、寿司サンドという怪しい食べ物を発見したので美味しく頂きました ^^

パエリア

 今夜は、昨日取った貝を使ってパエリアです。娘が美味しいねーといいながら、ボリボリ音を立てて貝殻を噛んでいてびっくり。すぐに口から取り出したので大丈夫だったみたいですが、焦りました。

関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 兵庫県 ジャンル : 地域情報

 |  兵庫観光(神戸除く)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.22 (Thu)

グストイタリアの種

 トキタ種苗からグストイタリアシリーズの種が売られています。以前苦労して買ったチーマディラーパなど現在20種類ほどのイタリア野菜の種が売られています。5月13日に2種類の種が増え、ジェノベーゼ種のバジルも仲間入り。これからもどんどん増えていくのだとしたら楽しみですね。

 グストイタリアシリーズの種まきとその後しばらくの栽培記録はこのページに書いていき、ある程度まとまったら、別ページを作る感じで書いていきたいと思います。



 近所のホームセンターでもいくつかの種を見つけてはいたのですが、欲しいバーニャカウダは売っていないので、ちょっと残念でした。ネットで買うと送料がいるしなぁ・・・。って思っていたら楽天の「e-たねや」で、6点セットで送料無料というのを見つけ購入してみました。

 購入したのはバーニャカウダ(ミニダイコンとミニニンジン数種類)、ヴィットリア(イタリアンパセリ)、メルカート(ミックスレタス5種類+チコリ2種)、メルカート・ロッソ(赤いレタス6種)、コロッセオ(ロメインレタス)、スティッキオ(日本で改良された細いフェンネル)。時期的に蒔き時が無難な物を購入しました。

5月21日
グストイタリアの種

 種が届きました。ちなみに購入日は楽天で5月18日です。たくさんあるので蒔く時期を決めるため計画を立てました。種の袋によるとベビーリーフのメルカートとメルカート・ロッソはいつでもOKな感じ。ロメインレタスのコロッセオは一般地では種まきは4月までで、次は8月中旬からということになっています。でも、寒冷地なら今でもOK。イタリアンレタスのヴィットリアは5月末が種まきの期限。スティッキオは3月から5月上旬の種まきは避けたほうが良さそう。。ミニダイコンとミニニンジンのバーニャカウダは6-7月に蒔いた場合根形が乱れると書かれています。パッケージの説明によると同時に収穫するためにニンジンを蒔いてから30日でダイコンを蒔くようです。種は別々にパッケージされているのかな? 今から蒔くと6月に引っかかるので、7月か8月ぐらいがニンジンには良さそうだし、8月にニンジン、9月にダイコンって感じかな? 

・メルカート 小型のポットで早めに種まき
・メルカート・ロッソ 同上
・コロッセオ セルに早めに種まき
・ヴィットリア 早めに種まき
・スティッキオ 6月に入ったらプランターに直接蒔く
・バーニャカウダ 8月に入ったらニンジン、その30日後にダイコンの種を撒く。

5月22日
メルカート、メルカートロッソ

 メルカートとメルカート・ロッソを小さな鉢に蒔いてみました。右の緑のラベルがメルカート、左の赤ラベルがメルカートロッソです。こちらの2種類の種は普通に販売されている種と同じく、袋に直接種が入っていました。
ちなみに、メルカートの中身は以下の7種。画像の種を全部蒔いたのですが多すぎたようです。でも、種袋に書かれている10センチ四方に20粒は少し少なすぎじゃ?

メルカートの種

1)リーフレタス赤
2)レッドオーク
3)ヴェローナチコリ
4)チコリ
5)ロラロッサ
6)グリーンオーク
7)グリーンロメイン

 メルカートロッソの中身は以下の6種。種袋には5種類しか画像がありませんが、裏にはこのように6種類書かれています。同じ名前でも、産地が違ったりしています。こちらはちょっと量を減らしました。

メルカート・ロッソの種

1)リーフレタス赤
2)レッドオーク
3)リーフレタス赤
4)レッドオーク
5)レッドオーク
6)レッドオーク

 1ヶ月ほどしたら、どちらかの種を再度蒔いてみる予定です。

コロッセオの種まき

 同時に、コロッセオを15のセルに一粒ずつ、残り3個のセルにはヴィットリアを4粒ずつ蒔きました。「コロッセオと上記メルカートのコスレタスが同じだと悲しいなぁ」と、購入するとき考えていましたが、産地が違うことが分かり一安心です。この2種類は袋の中に子袋が入っておリ、2重に包装されていました。ビットリアはキッチンで小さなプランターで育てる予定で、その場合1本仕立てだと大きく育ちすぎるので、2,3本残すつもりなので、4粒蒔きます。

コロッセオ

5月25日
 朝の時点で、メルカートとコロッセオに発芽の兆し。ロッソとヴィットリアはまだ。夜になるとロッソも発芽の兆し、メルカートとコロッセオは少し双葉が開いています。

5月27日
コロッセオ
メルカート
メルカートロッソ

 本日朝の様子です。

5月29日
メルカートとメルカートロッソの発芽

 かなり発芽してきたので、本日より日なたで育てることにします。

6月2日
メルカート、メルカートロッソ
コロッセオ

 コロッセオを1本立ちにしました。右下イタリアンパセリがやっと発芽の兆しです。

 そろそろスティッキオの種まきのですね。どこに植えようかな?

6月3日
 イタリアンパセリ、ひとつだけ双葉が出ました。

6月10日
メルカート、メルカートロッソ

 まだ小さいですが、いよいよ収穫です。

6月17日
メルカート

 美味しく頂いています。そろそろ追肥かな? コロッセオはポット上げしていて、そろそろ定植です。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

 |  プランター菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.21 (Wed)

手作りジョウロ

 室内のプランターに水をあげる場合、たいていは水差しでOKなのですが、たまに小さなジョウロが欲しいことがあります。でも、ゾウさんのジョウロとかは穴が大きくあまり役に立たないので作ってみることにしました。

手作りジョウロ

 このSeria(セリア)で買ってきたジョウロがそのまま役に立てばそれでOKなのですが、穴が大きくあまり役に立ちません。150円くらいで園芸店でハス口の小を買ってきて取り付けてみることにしました。

手作りじょうろ

 勘で切るところを決めて線を書き、カッターでグルーっと傷をつけてポキッとやったらうまく切断できました。しかもハス口にぴったり ^^ ハス口が重くて水が入っていないと自立しませんが特に問題なく使えました。

*当初キャンドゥで買ったジョウロと書いていましたが、Seria(セリア)の間違いでした。すいません。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

 |  園芸グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.20 (Tue)

ハーブの苗がやってきた

 久しぶりに我が家のハーブの状況を書きますと、生き残っているのはローズマリー2種とラベンダー、雑草化したレモンバーム、微妙にチャイブ。後は山椒やミョウガってとこでです。たくさんのハーブを育てていましたが、やはり冬の寒さに耐えることができないようです。耐寒性があるタイムをなんとか冬越しさせたいのですが、プランターだときついのかな? ちなみに、生き残っているハーブでプランターで生き残っていたのはチャイブだけです。

 今年はいけのこ専用キッチンハーブの小さな畑を作り、生き残ったチャイブと各種ハーブを植えていますが、それだけではちょっと足りないので、現在使っていないストロベリーポットにもハーブを植えることにし、ネットでハーブの苗を買ってみました。

1.半匍匐性:ローズマリーモーツァルトブルー
2.匍匐性:ローズマリーサンタバーバラ
3.フレンチタイム×2
4.イタリアンオレガノ

 実際にストロベリーポットに植えるのは2-3番。モーツァルトブルーは名前が気に入って、ついでに買いました ^^; サンタバーバラはコンパクトな品種なので今回の目的にぴったり。フレンチタイムはコモンタイムを料理用に選別した栽培種。イタリアンオレガノはスイートマジョラムとワイルドマジョラム(オレガノ)の交配種で、やはりちょっと小さめ。ストロベリーポットの窓部分にこれらのハーブ3種を植え、中央にはバジルを植える予定です。ストロベリーポットの窓は乾燥を好むハーブを植えるのに適しているそうです。
 モーツァルトブルーともうひとつのフレンチタイムはとりあえず鉢で育て、来年新たにハーブガーデンにする予定の花壇に移す予定。

 
 
 

 こちらのお店「ハーブティー専門店 e-ティザーヌ」は苗をひとつからでも買えるので、安心です。購入すると到着予定日時のメールが送られてきます。5月17日土曜日の午前10時から12時に佐川急便で送ってくるとの事でしたが、午前9時半にやってきました。

2014年5月17日
ハーブ苗の梱包

ハーブ苗

ハーブ苗

 綺麗な苗と丁寧な梱包ですね。ホームセンターの片隅で長期間放置されている苗とはえらい違いです。到着したらすぐに箱から出して、一日か二日休ませてから植えつけてくださいと書かれていましたが、3日後の植え付けになりました。

5月20日
ストロベリーポットにハーブ

 ストロベリーポットに植えつけてみました。3つのポケットに左から、フレンチタイム、イタリアンオレガノ、ローズマリーサンタバーバラを植えつけました。中央に植えつける予定のジェノベーゼバジルはまだ育苗中です。

5月20日
我が家のハーブ

 もうひとつのフレンチタイムと、ローズマリーモーツァルトブルーはこちらの鉢に植えつけました。

5月29日
バジルの植え付け

 ジェノベーゼバジルが育ってきたので、本日植え付けしました。



 せっかくなので、我が家のハーブたちです。 

5月16日
ラベンダー

 このラベンダーは枯れても良い覚悟で切り戻ししました。木質化した枝をすかし剪定する予定。この花壇を来年ハーブガーデンにする予定。

5月16日
フレンチタラゴン

 隣に植えたフレンチタラゴンの苗です。

5月20日
日本薄荷北斗

 日本在来種のハッカはどんどん改良を加えて収油量を増やして行ったそうですが、左は日本ハッカ最後の改良種ホクトです。その昔日本のハッカ生産は世界一だったそうですね ^^ 右はスペアミント。

5月18日
雑草レモンバーム

 こんな感じで庭に雑草のようにレモンバームがはえています ^^;;

5月20日
我が家のハーブ

 左は雑草のように生えていたレモンバームを移植したもの。右はオーデコロンミント。こちらは、食用には激しすぎる味みたいです。

 他に、大きなローズマリー2種、ペットボトルポットで栽培中のバジルとか、育苗中のものもいくつかあります。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング ジャンル : 趣味・実用

 |  ハーブ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.19 (Mon)

2014年トウモロコシ栽培記録

 2014年はメインの畑にとうもろこしを植えることにしました。成長のたびにこのページに書き込む予定です。前回は2009年でしたので、かなり久しぶりですね。今年も2009年同様植えるのはゴールドラッシュです。
→2009年トウモロコシ栽培記録

4月25日?
 久しぶりに家庭菜園を本格的に再開したので、かなりてきとーなスタート。確か4月25日に苗が何本必要なのか考えずに、適当にポットに3粒ずつ種を蒔きサンルームにもって行きました。少し少ないと思ったので、翌日ちょっと種まき。こちらは屋外で育てましたが、かなり成長が遅い。

4月30日
 サンルームに撒いた種が発芽。全てのポットで発芽しました。屋外は5月3日に発芽。こちらは2つのポットが発芽しませんでした。

5月18日
とうもろこしの苗


 左がサンルーム育ち、右が屋外育ち。こんなに差が出てしまいました。この日やっと畑を耕し、ひとつの畑だけマルチを張り、力尽きました。本日より、サンルーム育ちの苗も屋外に移動。

5月19日
DSC09745_20140519123457a1a.jpg
DSC09756_20140519123459f6a.jpg


 昨日マルチを張った畑にトウモロコシを植え付けました。サンルーム育ち15本と屋外で育てた3本の計18本を植えつけました。残りの苗は10本。隣の畝の半分分ですね。後日隣にもマルチを張り、残りの苗を植え付けるつもりですが、残りはどうしようかな?

とうもろこしの植え付け

 温室育ちの苗はこんな感じ。

とうもろこしの植え付け

 サンルームで育てた苗と、屋外で育てた苗で差が出るのかどうか?楽しみですね。この撮影の後、全ての苗を1本立ちにしました。

5月25日
 当初、メインの畑3つ全てにトウモロコシを植えつける予定でしたが、そこまで苗がなかったことや、他の野菜も育てたかったので、中央にスイカ、左にトウモロコシ、右にサトイモ(八つ頭)を植えることにしました。
 1本風で倒れたままの苗があったので、残っていた苗と交換した。左上から3番目。

6月10日
とうもろこし

 かなり大きくなってきました。

6月16日
とうもろこしの雄花

 一気に大きくなってきました。6月11日ごろに雄花を確認。現在はほとんどの苗から出ています。

6月24日
ゴールドラッシュの雌花

 雌花が出ていました。考えたら植えつけた後、一度追肥をして、雌花と雄花が出たころ2回目の追肥をしないとだめだったのですが、まだ追肥をしていませんでした。あわてて、各株に5gの追肥をしました。

かまきり

 以前から雄花にカマキリが居ついているのですが、ついでに写真を撮ろうとしたら、二つの株で発見。アワノメイガをやっつけてくれるかな? 小さすぎのような気がしますが・・・。

7月8日
トウモロコシ

 ちょっとひ弱な感じです。11日に多めに追肥しましたが、後の祭りかな? 早めにマルチをめくって、追肥土寄せをするべきでした ^^;;

7月22日 初収穫
とうもろこしと枝豆の収穫

 初収穫ですが、残念ながらちょっと遅かった感じで、ピークを少し過ぎている味でした。それでも、もちろん取り立てゆがきたてなので、とっても甘く美味しかったです。ちょうど受粉時期に長雨だったため先端部分がちゃんと受粉していなかったみたいで先端がしっかりと詰まってなくちょっと残念な感じでした。

7月25日 撤収
クレマのピザ

 株の数が少なかったのでもう終了です。最後にトウモロコシのクレマのピザをいただきました。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  露地植菜園  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.18 (Sun)

娘の人生初の収穫

 今日、娘がプランターのスナップエンドウをハサミを使って収穫しました。人生初の収穫です。

サーモンのクリーム煮

 早速夕食のサーモンのクリーム煮に添えられました。今日はアスパラも収穫したのですが、そっちはあまり好きではないみたいなので、入っていません。実は、豆は好きだけどスナップエンドウやインゲンの類はあまり好きではないのですが、初収穫効果でしょうか? 口に入れた瞬間変な顔をしましたが、美味しいといって頑張って食べていました。
 なお、マッシュポテトをマッシュするのを娘が手伝ってくれたそうです。

 昨日、枝豆(ビアフレンド)の種まきを手伝ってくれました。そちらが育てば、大好きなお豆で本当に美味しく収穫を楽しめると思うのですが、まだまだ先ですね。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園料理 ジャンル : グルメ

 |  家庭菜園料理  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.16 (Fri)

今年の栽培予定と今朝の家庭菜園

 娘が2歳半になり手の掛かる娘との生活に慣れてきて余裕が出てきたのと、娘自身が庭で遊ぶのが好きなため2年ぶりに家庭菜園を本格的に再開し、ブログにもUPすることにしました。画像は本日5月16日の朝に撮影したものです。こうやってブログに記録を残すと後で便利ですね。

 娘専用の花壇です。我が家で唯一のポタジェですね ^^ 娘が好きと園芸店で言った花の中央にきゅうりという構成です。うまくきゅうりが育ったら、ハート型の型に入れて「ハートきゅうり」を作る予定ですが、なにぶんコンポスト二つの間の畑ですので栄養過多での病気と害虫が危惧されます。きゅうりの品種はサントリーのバリうまです。

娘専用の花壇

 いけのこ専用のキッチンハーブガーデンです。こちらも小ぶりの畑ですが、玄関のそばにあっていつでもちょいと収穫できるように場所を考えて作ってみました。現在はディル、イタリアンパセリ、チャイブ、青ねぎが植わっています。ドクダミと蕗が生えていた場所なので、いつまでこの状態が保てるのかが謎です。

いけのこ専用の畑

 昨年、サンルームでトマトやピーマンの苗を育てていたのですが、忙しくて庭に植えないでいたら、サンルームの中で小さなポットのままで思った以上に収穫できました。そんなわけで今年はサンルームで本格的にトマトを育ててみることにしました。GWごろにプランターに植えつけたミニトマトはすでに鈴なりに実をつけています。ミディトマトは5月14日にポットからプランターに植え替えたところです。ミニトマトは天使のトマトというものを、ミディはサントリーのリッチゴールドです。プランターはアップルウェアーの楽々プランターです。サンルームは簡単に40度以上になり夏になるとあっという間に土が乾いてしまうので、あえてトマトには向いていないと思われる貯水機能のあるプランターを選んでみました。ちなみに、昨年は楽々菜園 丸型 240 を使ってハバネロを育ててみたのですが、ギリギリって感じでした。育苗用のポットで育てたトマトのほうはかなり悲惨でした ^^;; もちろん現在はまだ水をためていません。室内なので水漏れが怖いので、リッチェルのプランタープレート90型を買ってみました。55型のプランターなので、一つしか入らないので、70型のプレートを追加で購入予定です。このプレートかなりペコペコなんですが、大丈夫なのかな?

天使のトマト

 プランターの空いた部分でラディッシュとミニチンゲンサイを育てています。

 大きなトマト(ルンゴ、ロッソロッソ、ズッカ)は月末までには庭に植えつける予定です。畑は12年にトマトを植えた場所。しばらく畑の手入れをしていないので雑草だらけですが、耕さずに以前植えつけたマルチを利用してそのまま植えつけちゃう予定。大丈夫か?

 こちらはとうもろこしの苗。サンルームですくすく育っています。こちらも月末ごろにメインの畑に定植する予定。

ゴールドラッシュの苗

 裏庭は、芋掘り狙いでサツマイモを植える予定。以前95本の苗を植えましたが、ちょっと畝の間隔に余裕が無い感じでしたので、今年は長い畝を1本減らす予定。80本ぐらいになるのかな?

 ジャガイモはお気に入りだけどあまり種芋が売っていないシンシアの種芋を3月上旬にゲットしたものの、植え付ける元気が無くガレージに放置していました。何とか適期に植えつけたのはプランターの1個だけ。残りはGW明けやっとに植え付けしました。モヤシのような芽が長く出ておリ無理かもしれないと思っていたのですが、1週間ほどで芽が地上に出てきました。イモ自体はかなり深く植えたので、どうやらモヤシのような芽が地中で生きていたようです。

ジャガイモ

 植えつけたのはこちらの花壇で、ラベンダーやムスカリ、サフランが咲いていました。我が家で唯一の斜面になっている花壇で、そのため水はけが良いようでハーブに向いていると思われますので、来年からはハーブガーデンにする予定。サフランはこの花壇に植えた覚えは無いのですが、いつの間にかこの花壇に自生しています。よほど条件があっているのでしょうね。今年はジャガイモや枝豆を植えて雑草と戦う予定です。ちなみに、ムスカリも雑草扱いです ^^;;

ラベンダーとタラゴン

 プランターでは、網干メロン、ハラペーニョ、オクラ、ナス、レタスのベビーリーフ、リーフレタス、コリアンダなどを適当に育てる予定です。

 こちらは網干メロンです。

網干メロン

 ベビーリーフです。そろそろ間引きをする予定。間引いたものの一部は移植して大きく育てる予定です。

ガーデンレタスミックス

 唯一、適期に植えつけたジャガイモです。

プランターのジャガイモ

 4月に買った苗を植えつけたスナップエンドウです。いまごろ苗を植えても間に合うのかな?って思いましたが、ちゃんと実が付いてます ^^

スナップエンドウ

こちらは、かなり昔に種を撒いたニラです。株は大きくなっていますが、混みあってきて葉は細くなってきています。今年給水機能のあるプランターに植え替えました。ニラはいくら水があっても足りない感じですね。もうひとつのプランターはそのまま放置、人様に見せられる状況じゃないです ^^; ニラは3株あれば食べるには充分って感じなので面倒なので放置中です。コンパニオンプランツとして植えたニラがあり、そちらはかなり立派に育っています。この記事の中でも二つの画像に移っていますが分かるかな?

韮

 オクラやコリアンダーはまだ発芽前。ハラペーニョはまだサンルームで育苗中です。各種ハーブについては後日UP予定です。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  庭、プランターの様子  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.14 (Wed)

剪定の教科書と予定

 2年前までは庭師さんに剪定をお願いしていたのですが、忙しくて2年間剪定をお願いしませんでした。そのためかなり庭が荒れてしまいました。「今年はお願いしないと」って思っていたら、こんな本を発見。



 ちょっと立ち読みしたら、無性に剪定をしたくなっちゃったので購入しちゃいました。剪定は木の種類によって時期が決まっているようなので、早速木の名前も良く分からないまま、予定を立てました(随時更新予定)。

5月 松の手入れ。ラベンダーの剪定。
5-6月 つつじ?さつき?の剪定。サンゴ樹の高さを低くする剪定。ローズマリーの剪定。
 コデマリの剪定(ばっさりやる予定)。

冬 梅の高さを低くする剪定、カリンも同様、桃はあやしい枝振をどうにかしないとダメなんだけど、どうしたら良いのか?

 我が家の木を見て剪定の方針を考えている最中なのですが、うーん。今までまかせっきりでしたが、庭師の人がどんな方針で木を切っていたのかがよく分からない木が多いです。自分で剪定をすることにして良かった気がします。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 畑仕事と庭木の手入れ ジャンル : 趣味・実用

 |  庭木の剪定  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.12 (Mon)

今年は剪定に挑戦

 皆さんご無沙汰しています。娘も2歳半になり、ちょっと余裕ができてきました。娘の花壇を作り、マリーゴールドやきゅうりを育て中。庭仕事の手伝いもしてくれるようになり、植木鉢を集めて洗っていると、何も頼んでいないのに、植木鉢を集めて洗っている私のところに持ってきてくれたりします ^^

 今年の家庭菜園はコーンとサツマイモの予定。サンルーム内でミニトマトとミディトマトを本格的に育てる予定です。サンルームでハラペーニョの苗も育てているのですが、網戸を潜り抜けて?すごいアブラムシがやってきました。昨日、いけのこがテントウムシを捕まえてハラペーニョの苗に乗っけてみたら、なんと卵を生み出してびっくりです。

 玄関に小さなキッチンハーブ用の花壇を作りました。ちょっと便利になりそうです。別の、荒れていた花壇をひとつ綺麗にして、こちらはハーブ専用にする予定。とは言うものの、雑草などが落ち着くまでは、しばらく畑で使う予定です。

 いままで庭木の剪定は庭師さんにお願いしていたのですが、今年は私が頑張って挑戦してみようと、道具を色々と購入したり、本を買って勉強中です。

 そのうち剪定の時期になったら、記事を書くかもしれません。
関連記事
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 畑仕事と庭木の手入れ ジャンル : 趣味・実用

 |  庭木の剪定  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |