2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2016.02.02 (Tue)

バジルの発芽

 水耕栽培で育てていたバジルですが、残念ながら寒さで枯れてしまったようです。

バジルの種
バジルの種

 1月26日に種をコップの水につけ、翌日ペーパータオルで包んでいました。当初そのままにしたら簡単にペーパータオルが干からびてしまったので、画像のように袋に入れて室内の暖かいところにおいて置いたら発芽が確認されました。本日ジフィーに植えつけましたうまく育つと良いのですが・・。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  播種、育苗  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.23 (Mon)

ホーム桃太郎EXの播種と育苗

 ミニトマトの種まきが思った以上に簡単に出来たので、大玉トマトも育ててみることにしました。植え付けまで随時更新予定です。

ホーム桃太郎EXの種

 ホーム桃太郎EXというトマトです。タキイのホームページのトマトの育て方のページを勝手に解釈すると、以下の感じですが、どうなるかな?

3月8日 種まき
15日(7日目) 発芽
4月4日(27日目) 3号ポットに植え替え (本葉2.5枚)
4月24日(47日目) 鉢を大きくする (本葉8枚)
5月1日(54日) 定植 (本葉10.5枚)

3月8日 種まき
ホーム桃太郎EXの種

 種はこんな感じ。11粒出てきたので、ジフィーセブンのミニ温室に10、小型のジフィーセブンに1粒撒きました。ミニ温室は室内の暖かいところ、小型のほうは電気で暖めている育苗BOXに入れました。

3月12日 播種4日目
桃太郎とハラペーニョ 播種4日目

 保温BOXの桃太郎が発芽開始。右が桃太郎、左はハラペーニョ。昼間サンルームの棚の中段の日陰に置いた。夜は保温BOX。どちらもジフィー30mmの上に種を置いて育てましたが、種の殻が取れにくくて苦戦しました。結局どちらもピンセットを使い、殻を取りました。

3月13日 播種5日目
ホーム桃太郎EX 播種5日目

 ジフィーミニ温室に撒いた方も発芽の兆候。昼間サンルームの棚の中段の日陰に置いた。ミニトマトのAligote HF1とほぼ同じ感じです。これなら計算どおり、3月15日に発芽がそろいそうです。

3月15日 播種7日目(発芽予定日)
ホーム桃太郎EXの発芽

 ほぼ発芽しました。順調です ^^

3月17日
トマトの苗

 こんな感じで育苗ケースに入れて育てています。夜は蓋を閉めて、上にアルミマットを掛け、横からケースとケースの間に300Wのファンヒーターで風を送っています。



3月23日 播種15日目
ホーム桃太郎EX 播種15日目

 よく育ってます。ミニトマトは播種27日目に拘って、ポット上げが遅れたので、今回は早めにポット上げをしたいです。ただ、寒波が来るのでそれが終わってからかな? なお、30mmのジフィーセブンで育てているほうは生育が遅れています。案外差があるものですね。

3月28日 播種20日
ホーム桃太郎EX
桃太郎とハラペーニョ

 4月4日に移植予定でしたが、本葉が2.5枚を超えた感じなので移植しました。茶色いポットは30mmのジフィーセブンで育てたものです。30mmの方は単独で育てているため、まとめて育てているものより気温の変化をもろに受け、小振りで全体に赤っぽいです。アリゴテの播種27日目のポット上げのときより、根が他のポットまで伸びている感じでした。右端はついでに移植したハラペーニョです。

4月30日 ポットサイズをUP
ホーム桃太郎EX

 当初の予定では4月24日、生育が早かったのできっと20日くらいに大きなポットに植え替える必要があったのですが、優先順位の関係で遅れていました ^^; 肥料が切れて下葉が黄色くなってしまいました。サンルームが手狭になったのでこの6株をサンルームで育て、残り5株は屋外で育てることにしました。

5月5日
ホーム桃太郎EXの苗

 屋外に置いている苗が雨で倒れていたので、プランターに支柱を立ててとりあえず倒れないように固定しました。4日にサンルームで育てている苗は花がひとつ咲いたので、そろそろ植え付けしたいな。予定日は7日。

5月8日
ホーム桃太郎EXの苗

 7日に植え付け予定でしたが、中々時間が取れません。サンルームの苗は6株中5株に花が咲いています。屋外は5株中3株が開花。

5月11日
 3株植えつけました。

5月17日 ここリの7株を、やっと植え付け
ホーム桃太郎EXの苗

 屋外で育てていた植え付け前の苗です。ポットから根が出て下の土の中に入っていたのでちょっと困りました。隔離した苗を除いてこの日に植えつけたのでこのページは終了です。この後のことは下のリンクを見てください。
2015年トマトのプランター栽培
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  播種、育苗  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.12 (Thu)

2015年春 リーフレタス、コスレタス、トレビスの播種、育苗

 昨年八つ頭を育てた畝Cにスイカを植える予定なのですが、現在休耕中なのでレタス類を育ててみることにしました。前回春過ぎににコロッセオを育てたときは2ヶ月で収穫って感じだったので、2月中に植えれば5月中旬のスイカの植え付けに余裕で間に合う予定です。ただ、トレビスは間に合わないと思いますので、一番南端に植え付ける予定です。
 実は、最初は蕪や大根を植えようと思っていて、既に2月6日にIB化成を200gと腐葉土と堆肥を適当にいれてしまいました。IB化成は肥効が50日なので3月末で切れますが、使っていないので残るのかな? それとも雨で流れてる?

2月10日
レタス類の種まき

 セルトレイにトレビスを12箇所各3粒とコロッセオを18箇所各1粒、ガーデンレタスミックスを18箇所各3粒撒いた。同時に、保険に小型プランターにメルカートをまき、もしセルトレイが歯抜けになったらこちらから移植し、残りはそのまま育ててベビーリーフにする作戦です。以前、5月22日に撒いたコロッセオとメルカートは5月25日に発芽し、6月17日にポット上げでしたが、この季節だといつ発芽かな?

2月12日
 昨年メルカートを撒いたポットが放置されたままになっていたのですが、そこから赤い葉っぱが出ているのを発見。チコリの根っこが残っていたのかも?

2月15日
 サンルームがあまりに寒いので、メルカートを試しに夜だけ室内に入れてみた。

2月18日
 夜室内に入れているメルカートだけでなく、サンルームのレタス類も発芽の兆し。トレビスはまだみたい。

2月21日 発芽開始 播種から11日
レタス類の発芽
レタス類の発芽

 やっと発芽が開始。数日ですが夜室内に入れたメルカートの発芽が良い気がする。緑のプランターはメルカート。セルトレイは左から3列がコロッセオ、その隣2列がトレビス、右3列がガーデンレタスミックスです。トレビス以外は予兆が見えていたのですが、突然トレビスの芽が出てびっくりです。

2月23日
フラワーキャップ5号

 この日から、セルトレイはこのフラワーキャップの中に入れて、夜もサンルームに置くことにしました。ミニプランターはしばらくは夜は部屋に戻してみます。

2月25日 播種から15日
レタス類セルトレイ
メルカート ミニプランター

 終日サンルームだと、寒くて厳しいみたいで、発芽途中の芽がお亡くなりになっています。ミニプランターももどすのを忘れた日があり、被害を受けました。コロッセオは発芽率100%って感じだったのですが、発芽途中に寒さで枯れてしまいました。

3月4日 播種から22日
レタス類の苗
メルカート

 かなり立派になってきました ^^ 3月3日にペット用の8Wのヒーターを購入したので、フラワーポットの右端にヒーターを入れて24時間通電しています。ヒーターの真上は20度ありますが、左端のあたりは深夜は10度以下になります。

3月8日 播種から26日
間引き前

 大きくなってきたので間引きと移植をしました。

間引き後

 左のコロッセオの部分が歯抜けなので、右側と小型プランターの間引きした物を移植しました。左一列目の上から2,3,5はメルカートから移植。4はガーデンレタスから。2列目1,2,3,6はガーデンレタス。3列目1,2,6はガーデンレタス、4はメルカートから移植しました。右から3列目上から2番目はガーデンレタスを移植。

 そろそろ、畑の準備をしないとダメですね。肥料が切れるころに植え付けになるけど、どうしたら良いのかな? それと、セルの培土にはタキイの種まき培土を使っているのですが、肥効が30日から40日なので、もうしばらくは持ちますが、そろそろ追肥も考える必要があります。

3月12日 播種から30日
レタス類の苗

 かなり大きくなってきました。ヒーターに近い右側が良く育っています。その後、左右を入れ替えました。 3月末に植え付けの予定ですが、少し早まるかも。

3月16日
 一気に大きくなってきて、フラワーポットからはみ出してきました。今夜はヒーター無しです。明日は屋外かも?

3月17日
レタス類の苗

 とても暖かい朝なので屋外に出しました。

3月21日 定植 播種から39日
トレビス、コロッセオなどの苗
ガーデンレタスの苗

 大きくなったので、予定より早いけど植えつけることにしました。上がトレビスやコロッセオなどの苗、下がガーデンレタスミックスの苗です。

トレビスの苗

 根っこはこんな感じ。他に結球レタスの苗を3株お店で購入しました。

レタス類の植え付け

 玉ねぎ用の15センチ間隔の穴あきマルチを使い、トレビス、コスレタス、玉レタスを30センチ間隔で植え、その間にガーデンレタスや、余った苗を植えてみました。

メルカート

 これは、同時に播種したメルカートのプランターです。マルチの穴の歯抜けの部分が9個あり、このプランターから移植する予定でしたが、50株以上もあるので、そんなに食べる事もなさそうなので、これはベビーリーフで頂くことにします。

 これでこの記事は終了です。続きは以下のリンクです。

2015年春 リーフレタス、コスレタス、トレビスの露地植え栽培
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 野菜づくり ジャンル : 趣味・実用

 |  播種、育苗  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.23 (Mon)

トマトとピーマンの種まき

 今年はミニトマトを種から育ててみたいと思います。2月と3月に数回に分けて撒いていく予定です。それ以降は差し芽でいけるかな?最初の植え付け時期まで随時更新していく予定です。

Vilmorin Aligote HF1 tomate

 購入した種はフランスのVILMORIN社のAligote HF1という楕円型の平均果重:8-15gのものです。こちらを選んだ理由は、単に国産の種袋が15粒程度しか入っていなくて高いからです。こちらも0.1gと少な目ですがそこそこ入っている予感です。「Aligote HF1」で検索するより「Aligote F1」で検索したほうがヒットするようです。

ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)
ピートバン

 寒い季節の種まきと言うことで、以前も使ったジフィーハンディーガーデンという、種まきミニ温室と、今回始めてのピートバンを購入しました。

2月15日
ジフィーセブン

 フルーツパプリカの種が残っているのでこちらも撒いてみたいと思います。手元にあったジフィーセブンの直径30mmのものに撒き、ペットボトルの底を切って入れ物にして、ストーブのそばにあるドリンクホルダーに放り込みました。2月18日で最高気温31度、最低気温12度ほどです。暖かいので乾燥が激しいです。以前5月に撒いたときは10日ほどで芽が出ましたが、今回はどうかな? 1回目の移植が3月12日、4月13日に2回目の移植、播種から80日で定植ですので、5月6日が定植予定日になります。

2月16日 埼玉早生を種まき
ピートバンに種まき

 種が残っている普通のピーマンの埼玉早生も撒いちゃいましょう。こちらはピートバンにエシャロットや玉ねぎの種とともに撒いてみました。種袋がある場所に撒いてます。残りのスペースにはコールラビやパセリも撒く予定ですが、発芽時期が違うと思われるので苦労しそう ^^;; 一応最高気温25度、最低温度10度の暗い場所においてみました。

2月18日 トマトの種まき
Vilmorin Aligote HF1 tomate
Vilmorin Aligote HF1 tomate

 種まきミニ温室に8粒、ピートバンに14粒撒いてみました。ミニ温室はピートバンのそばに置いたので大体同じ温度だと思いますが、蓋がある分最低気温は高いと思います。播種から約55日で定植ですので、4月14日が定植予定日になります。

玉ねぎ トマト パセリ
コールラビ なし
ピーマン エシャロット


 ピートバンはこんな感じで種を撒いていますが、この後玉ねぎ部分でカビが出てそのあたりを撤収しました。

Vilmorin Aligote HF1 tomate

 種はこんな感じ。適当に水につけてから撒きました。0.1gって何個くらいあるのか心配でしたが、数は数えていませんが50粒以上は余裕である感じ。100粒あるかな?

2月23日 トマト播種から5日
トマトの発芽

 朝ちょっと覗いてみると、ミニ温室に撒いたトマトが発芽。まさかこんなに早く芽が出るとは思っていなかったので、まったく日に当てていないのでちょっとモヤシっぽい。発芽中のものも含め8/10が発芽です ^^ 初めて日に当てました。気温はピートバンとほぼ同じ条件ですが、透明な蓋があるだけで随分と違うものですね。急いで、フルーツピーマンにも蓋をつけました。夕方見てみるとまだ発芽が始まっていなかった2粒も発芽を開始していました。夜、トマトとフルーツピーマンは部屋に戻しました。

フラワーキャップ5号


 ピートバンはサンルームでトマトなどの苗を保温するために用意したフラワーキャップ5号という温室みたいなものの中にレタス類の苗とともに置くことにしました。お店の画像は石のような物を入れていますが、間に合わせにペットボトルや電子レンジ用のあんか(保冷剤のようなもの)を入れています。底面に平らな保冷剤を敷き詰めたりしたら良さそうですね。
 残念ながら夜10時過ぎに内部の温度が7度になったのでピートバンと持ち運びが簡単な小さなレタスのプランターは室内に移動しました。

2月24日
 室内においていたピートバンのトマトも発芽の兆しが1本だけあります。結局、フラワーキャップ内の最低温度はデジタル温度計の読みで3.65度。サンルームのアナログ温度計の最低温度も4度程度でした。

2月25日 トマト播種から7日
トマトの発芽

 発芽はしましたが徒長していますね ^^;; ジフィーセブンは20日くらいで肥料が切れるので、昨日から数えて3月16日で20日になるので、それを目安に追肥の必要があります。

3月1日
 やっとフルーツパプリカの芽が出そうになってきました ^^

3月3日 トマト播種から13日 フルーツパプリカ播種から16日
フルーツパプリカの発芽
トマトの苗

 フルーツパプリカがやっと1本発芽しました。トマトの苗も順調で、本葉が少し出てきました。

3月4日
ピートバンの苗

 ピートバンはトマトとエシャロットしか芽が出ませんでした。崖状のところから出た芽をジフィーセブンに移植したのが手前右側です。左側がフルーツパプリカ。
 フルーツパプリカと、ジフィーに移植したトマト、ピートバンは3月3日からサンルームのフラワーポット内で8Wの保温マットを24時間通電して育てています。ジフィーミニ温室のトマトは夜は室内(最低温度が大体15度くらい)。

種まき

 まったく芽が出ていないものは、3月3日からこの5Wのヒーターが入った育苗BOXで保温しています。ネネはここに入れたら3日ほどで発芽開始しました。そんな訳で、まだ芽が出ないフルーツパプリカとか埼玉早生はもう無理かもしれません。埼玉早生は有効期限が2010年のものでしたので、芽が出ないのは仕方ないのかも?

3月7日
 昨年育てたハラペーニョのプランターの回りに落ちていた種を3粒撒いてみた。ピーマンは播種25日本葉2枚で最初の移植らしいので4月1日が最初の植え替え、5月3日に15センチのポットに2回目の植え替え、5月26日に定植って感じみたい。
タキイのピーマン栽培マニュアル

3月8日
 ホーム桃太郎EXの種を撒いた。こちらは別記事にする予定です。

3月12日 ミニトマト播種から22日
桃太郎とハラペーニョ 播種4日目

 保温BOXのハラペーニョと桃太郎が発芽開始。左がハラペーニョ、右が桃太郎。昼間サンルームの日陰に置いた。埼玉早生とフルーツパプリカはもう無理みたいなので破棄した。

ミニトマト 播種22日目

 ミニトマトは順調です。この日初めて液肥(ハイポネックス微粉500倍)を与えた。

3月13日 ミニトマト播種23日
 間違ってミニトマトの苗の上に温度計を落としてしまった。2本にダメージが・・。ジフィーミニ温室に撒いた桃太郎が発芽開始。

3月15日 ミニトマト播種25日
アリゴテと桃太郎EXの苗

 奥が桃太郎、手前がAligote HF1 の苗です。

アリゴテ HF1の苗

 こちらはピートバンで育てているアリゴテ HF1の苗。今日からエシャロットが引越ししていなくなりました。植え替えの目安が播種27日なのでそろそろです。ピーマンもそろそろかな?

発芽・育苗セット 苗床

 昨日から、トマトの苗を室内に戻さないでサンルームにこんな感じで放置しています。夜5度くらいまでサンルームの室温が下がるのですが、良い方法を見つけました。

苗の保温

 こんな感じで苗を置いているのですが、手前右にある300Wの小型ファンヒーターの風を当て、

苗の保温

 上からこんな感じでかぶせると、右側の中にヒーターが入っていない方も25度から18度くらいで安定します。ただ、トマトをポット上げしたら、どうするかまだ考えていません ^^;;

3月16日 フルーツパプリカ播種から29日
ミニトマトとフルーツパプリカのポット上げ

 ピートバンの崖のところに生えていたので救出してジフィーに移植したアリゴテとフルーツパプリカを試しにポット上げしました。これでポット上げした苗をどう置くかイメージがわいてきました。ピーマンは12日が予定日だったのでちょっと遅れました。

3月17日 アリゴテ播種から27日目
アリゴテポットあげ寸前
アリゴテポット上げ寸前

 ポット上げの目安の27日目ですが、ちょっと大きくなりすぎた感じですね ^^;;

アリゴテポット上げ
アリゴテポット上げ

 しばらくはこんな感じで育てようと思いますが、2株入れるところがありません。この後、ジフィーから植え替えたものは放置、ピートバンから植え替えたものは日陰に移動しました。

3月19日
トマトの苗
トマトの苗

 結局こんな感じで苗を保温ケースにセットしました。上の画像の左側土が多い10株がジフィーセブンで育てたもの。右側は色々。土の小さい2株と、下画像の手前6株がピートバンで育てたもの。その奥のジフィーセブンのミニ温室がホーム桃太郎EX。昨夜は最低気温が16度と暖かく保温の必要がありませんでした。ただし、上の画像右のフルーツパプリカ、ハラペーニョ、ネネ、桃太郎の部分は下に8Wのヒーターをひいていて、少し保温してます。

3月24日 播種34日
トマトの苗
トマトの苗

 昨夜、久しぶりに寒波がやってきました。6時前に見たらサンルーム内は約1度。保温ケース内も9.5度まで下がっていました。そして、小さな保温ケースだけじゃなく、大きなフラコンケースのほうも高さが限界まで来ています ^^;;

トマトの苗
トマトの苗
トマトの苗

 中はこんな感じです。現在の入れ物じゃきついので今夜からフラワーキャップ6号に変更予定です。



トマトの苗

 これだけ高さがあれば、当分大丈夫ですね。4月6日に大きな鉢に移植予定ですが、そうなると10個くらいしか入らないのが悩みどころですね。

トマトの苗

 苗はこんな感じです。

3月28日 ハラペーニョ播種21日目、フルーツパプリカ播種41日、アリゴテ播種38日
ハラペーニョ ポット上げ

 4月1日の予定でしたが、桃太郎のポットあげのついでにハラペーニョもポット上げした。

フルーツパプリカ
アリゴテ

 寒波で成長が鈍ってはいますが、フルーツパプリカも元気ですし、アリゴテはとっても元気で、そろそろ花が咲きそうな勢いです ^^;; なお、26日よりフラワーポットから出して、石油ファンヒーターでサンルーム全体を暖める作戦に変えました。

4月3日 アリゴテ播種44日
ミニトマトの植え替え

 6日の予定でしたが、アリゴテの9センチのポット苗を4.5号のスリット鉢に植え替えました。

タキイの培養土

 土はタキイの培養土を使いました。

9センチポットと4.5号鉢

 いつもは4号スリット鉢を使っていましたが、ちょっと小さく植え替えが面倒でした。4.5号はちょうど良い感じです。植え替え直後は一気に徒長するイメージがあるので、扇風機を使ってちょっと風を送ってます。

トマトのつぼみ

 もうつぼみが付いています。3日早く植え替えたので、定植も3日早い11日かな? プランターの準備をしないと・・。

4月22日 ミニトマト12株植えつけ
4月27日 ミニトマト6株植えつけ
ミニトマトプランター

 無事植え付けが終了しました。これでミニトマトの記事は終了。続きは以下リンクにUPしていきます。
2015年トマトのプランター栽培

5月6日 フルーツパプリカ定植 播種80日目 ハラペーニョ2回目のポット上げ 播種60日目
フルーツパプリカの苗とハラペーニョの苗

 2月15日に播種したフルーツパプリカを定植しました。まさかの予定日定植です。3月7日に播種したハラペーニョは2回目のポット上げ。左がフルーツパプリカの苗、右がポットあげ直後のハラペーニョです。

フルーツパプリカの植え付け

 フルーツパプリカは昨年枝豆が植わっていた土に堆肥、腐葉土、パーライト、赤玉土を加え、楽々菜園 丸型380 15リットルに植えつけた。IB化成15gを条溝施肥した。これでフルーツパプリカの記事は終了。

 ハラペーニョの育苗はまだ続きますが、続きは下のリンクを参照くださいこの記事はここで一旦〆ます。

2015年ハラペーニョの栽培記録
2015年トマトのプランター栽培
2015年フルーツパプリカの栽培記録
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園 ジャンル : 趣味・実用

 |  播種、育苗  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |