2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.01.23 (Mon)

ストロベリー・ショートケーキが泣いている

 以前紹介したチョコチップ・クッキーは見ていたが第1巻、こちらのストロベリー・ショートケーキが泣いているが続編です。なかなかピーチコブラーまでたどり着きませんが、実はコブラーのレシピ本の中にショートケーキも書かれているので、こちらも購入。1巻ほどはわくわくしなかったので読むのに時間が掛かりました。

IMG_3662_20170123002832e80.jpg

 今回はそれ程作りたいレシピは無い感じですが、ガールの意味が良く分かりました。若いからガールってわけじゃなくて、大人になるとガールじゃなくなるらしいw さすがアメリカンな探偵小説ですね、今回も最後はアクションシーンがありましたw



 中古本って思った以上にきれいですね。この本はアマゾンのコンディション規定だと「良い」です。今まで「非常に良い」ばっかり買っていましたが、良いでもそれなりにきれいな事がわかりました。


 この本もついに買いました。コブラーとクランブルと言う題名ですが、ショートケーキも載っています。図書館で借りたときは頑張ってコブラーを3種類も作ったのに、本を買ってからはまだ何も作っていません ^^;;
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.14 (Sat)

土鍋ごはんの炊き方

 ごはんは日本の主食で、誰しも好みがあると思います。特に関東と関西では味の好みに違いがあり、関東ではもっちり、関西ではシャッキリしたご飯が好まれるらしいです。土壌や気候の違いもあり、同じ銘柄のお米を育てても関東と関西では味に違いが出るそうで、やはり関東ではもっちり、関西ではシャッキリしたお米が採れるらしいです。関西のメーカー(パナソニックなど)の炊飯器はシャッキリ、関東のメーカー(東芝など)はもっちりに炊ける事が多いらしいです。そんな訳で、きっと私の好みはシャッキリ、いけのこの好みはもっちりなんだと思います。

DSC03258_20170113120158f64.jpg

 我が家の炊飯器は、「匠純銅 おどり炊き ECJ-XP1000A」という機種です。定価だと13万円もする高価な物で、定評もあるものでしたので、それなりに美味しくごはんを頂いています。子供のころはガス炊飯器だったのですが、あいまいな記憶をたどると、その頃の方がおいしかったような気もします。

豆ご飯

 釣りやキャンプなどで、ご飯を直火で炊くことを長年しています。私のアルミやステンレスのうすっぺらいお鍋での炊き方は、お米を洗い、1割り増しの水を加え、1時間ほど浸水してから強火で加熱し、沸騰したら弱火にして炊いて、おこげの臭いが微かにしてきたら1分ほど加熱を続けて終了。弱火の時間は10分を目標にしていますが、キャンプでは風の影響もあり弱火にできなくて7分くらいで終了することも多いです。15分蒸らしています。結構焦げ臭い臭いがしても思ったほどおこげが出来ないのが面白いです。ほぼ毎回キャンプでこの炊き方で炊いていて特に不満はありませんが、特別美味しいとも思っていないのも事実です。白米を炊いた時の画像はわざわざ撮影していないので、上の画像は2合の豆ご飯ですが、いつもはこの鍋で1.5合の白米を炊いています。この鍋だと2合が限界なので、そのうちダッチオーブンで炊いてみたいと思っているのですが、分厚いお鍋での炊飯の、きちんとした炊き方や理論を知らないので土鍋でご飯を炊く本が中古で安く売っていたので買ってみました。



 この本では、「分とく山」の野﨑洋光さんが実際にお米を炊いている方法を時間ごとに画像にした白米の炊き方と、著者の小西 雅子さんが科学的に測定したりしてだれにでも美味しく炊けるようにした白米の炊き方が載っています。面白いのが土鍋など数種類の鍋で炊き比べをしてその食味と想定値が載っている点です。この本を読むと、最初強火でできるだけ早く沸騰させると言うのは間違いみたいで、ある程度時間を掛けて沸騰させた方が甘みが出るそうです。

IMG_4119.jpg

 本の通りお鍋用の土鍋で炊いても良かったのですが、我が家にはこんなごはん用の安物の土鍋があったのでこれで試してみることにしました。

IMG_4125.jpg

 最初は土鍋の説明書どおり炊いてみます。1合の場合中火8分、とろ火8分だそうです。蒸らし時間は書かれていませんでしたが、10分蒸らしてみました。水分量は、鍋の目盛り通り。ちょっと水分が多い感じですがそれなりに美味しいご飯が炊けました。ただし、私の好みではありません。ちょっと弱気な火力で炊いた感じの味です。

IMG_4182.jpg
IMG_4184.jpg

 2回目は野崎先生の炊き方に似せようとしましたが、かなり適当。米を洗ってから水を切って、同容量の水に浸し30分浸水。水の量は鍋の印より1mmほど少なめ。
 中火で過熱し8分で沸騰。少し火を落とし7分加熱、さらに火を落とし5分加熱しました。蒸らしは5分。水の量が違うので、1回目とは違い硬めに炊けましたが、うまみがあまり感じられません。出来上がったご飯の量が少ない感じなので、水分が少ないか、5分の蒸らしが短いのかも? おこげの臭いはしませんでしたが、画像にあるような、それなりに薄い色だけどかなり硬いおこげが強くこびり付いていました。私の経験では沸騰してからの加熱は10分くらいで止めておいた方が、アウトドアの場合後の洗い物が楽な事が多いです。ただ、致命的なおこげではないので、お湯でふやかしておいたら簡単に洗い流すことが出来ました。2回目の方がわたしの好みに近い炊き上がりですが、ごはんとしてのバランスは1回目の方がかなり上のような気がします。炊き上がったご飯の量が少なく感じますが、1回目の画像と角度が違いよく分かりません。今後は定規を差し込むなどして、炊きあがったごはんの分量が分かるように写真を撮るようにしたほうが良さそうです。

 2回炊いてみた感想は、使うお米の銘柄や、季節、浸水時間、水の量、お鍋、火加減、加熱時間、蒸らし時間など、多くのパラメーターがあるので、どうしても炊き方がさまざまになりそうだということです。本の通りに炊こうとすると、どうしても普段の自分の炊き方と違いがありすぎて、難しく感じます。ダッチオーブンで好みの味に炊き上げるのは結構難しいのかも?
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.09 (Fri)

チョコチップ・クッキーは見ていた

 カテゴリーはレシピ本なんですが、探偵小説です。ただ、レシピもたくさん書かれています。いけのこが表紙とあらすじを聞いて笑っていました。良くある若い女性向きの本のようで、男が読むのはちょっと恥ずかしいのかもしれません。

チョコチップ・クッキーは見ていた

 この本を見つけたのはコブラーのレシピ本を検索していた時に偶然「ピーチコブラーは嘘をつく」という本を見つけちゃったからです。残念ながらピーチコブラーの回は7冊目なので、とりあえず最初の本だけは読もうと思って購入しました。

 内容は恋愛小説としても、探偵小説としても微妙な感じですが、アメリカの田舎の雰囲気がとても分かるような気がする本です。これがいつの時代のアメリカの事なのか良く分かりませんが、大阪のおばちゃんたちの町に住むより近所づきあいが面倒そうですw 親も面倒だし、今の日本は本当に自由だと感じます。

 そんな訳でさっそく最初に出てくるチョコチップクッキーを焼いてみました。量が多いので半量だけを日本の量に変更してます。なお、本文ではバニラエッセンスとなっていますが、使用する分量から考えるとこれはバニラエクストラクトのことです。バニラエッセンスを小さじ1入れちゃダメですw 小麦粉はアメリカのお菓子作りにお勧めと聞くドルチェを使ってみました。北海道産小麦粉100%の薄力粉です。

チョコチップ・クランチ・クッキー

・チョコチップ・クランチ・クッキーのレシピ()内は実測値。カップはアメリカの1カップ240mlの物。

無塩バター 1/2カップ 113g
上白糖 1/2カップ 87g
ブラウンシュガー 1/2カップ 85g
重曹 小さじ1 3g
塩 小さじ 1/2 2g
バニラエクストラクト 小さじ1
小麦粉(ドルチェ) 1カップ+1/4カップ 179g
コーンフレーク 1カップ 40g
チョコチップ 1/2カップ 90g

 今回は電気オーブンで焼いてみました。詳しい作り方はネットに転がっていると思います。溶かしたバターを使うので簡単ですが、出来上がった生地がかなりべとっとしていて手で丸くするのは無理っぽいので、小型のアイスクリームサーバーで生地をすくって焼きました。

 シリコンのシートを使って焼いたため、下側に火が良く回らなかったようで、外はサクサク、中はちょっとチューイーなクッキーに仕上がりました。このレシピの説明を読むと、完全にサクサクになるのが正解な感じですが、これはこれでアメリカっぽい味のクッキーで美味しいです。

 この本はかなり有名みたいで、多くの方がこのクッキーを焼いているみたいです。甘いと言う方も多いみたいですが、私は美味しく頂きました。

ストロベリー・ショートケーキが泣いている

 このクッキーを食べながら、2冊目のストロベリー・ショートケーキが泣いているを読んでいます。ちょうどいけのこがアメリカンなビスケットのようなショートケーキを焼きたがっているので好都合です。でも、事件の推理より、この本のショートケーキは日本のショートケーキみたいなしっとりとした物かもしれないと、ケーキの出来上がりの方が気になりますw
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りお菓子 ジャンル : グルメ

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.26 (Mon)

ランドネのランチョンマットとコンボクッカーの本

 今日本屋でランドネの付録にランチョンマットが付属しているのを発見。ちょうどもう一枚アウトドア用のランチョンマットが欲しかったので買っちゃいました。うーん・・・ 山用ですなぁ、キャンプだと小さすぎるように感じます。

IMG_2365.jpg
IMG_2366_20160926175756365.jpg

 本の内容は山登り女子用のファッション雑誌?



 ロッジのコンボクッカー用の入門書も見つけました。スキレット用の入門書も出ていますが、あれは完全な入門書で、ある意味すごく良い本だと思いますが、こちらはほんの少し目を通しただけですが、ちょっと中途半端かな? でも、カボチャの宝蒸しを見てハロウィンキャンプの料理のイメージがわきました。



 コンボクッカーは持っていませんが、使い心地には興味があります。もうちょっと立ち読みしてみようかな?
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : アウトドア ジャンル : 趣味・実用

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.21 (Sun)

下ごしらえして焼くだけ! 煮るだけ! だけ! だけ! ごはん

 ネットで色々買いました。リアルでも買ってますが、適当に紹介します。

だけ!だけ!だけ!ごはん!

 「だけ!だけ!ごはん!」です。表紙の料理が見た事があるので気になっていたのですが、本屋で見かけない。アマゾンで1円で中古で売っていたので買ってみました。それでも送料が掛かるので258円しますので微妙な値段ですが・・。

 内容は、なんと20冊近くの本からレシピをセレクトした物。予想通り「スキレットの本」からもかなりのレシピが載っていました。ミンチボールのマリネは夏だと美味しそうなので作りたいかな?137もレシピが乗っているのできっとほかにも作りたくなる料理があるでしょう。

DIME
DIME

 DIME(ダイム) 2016年 10 月号 です。思ったより立派な扇風機でびっくり。予想通りひなちゃんが大喜び。羽が柔らかいので子供が遊んでもちょっと安心です。体に近いところで動作させると涼しいです。音が静かなのが良いです。びっくりするほど立派なおまけです。

ラウンドアイスティー ブルー

 ラウンドアイスティーという商品名の約4リットルのジャグです。耐熱温度が51度とものすごく低いのですが、キャンプ場でサンティー(太陽に当てて作る水出し紅茶)を作るために購入しました。こちらもひなちゃんが喜んでこの容器から飲みたがります。でも、ちょっと握力が足りない感じで上手く出てきません。ひなちゃんに紅茶はまだ早いと思うので、水出し麦茶を入れて使っています。蓋に冷やすための保冷剤を固定できますが、容量から考えてあまり効果は期待できないと思います。
 今のところ水漏れはありませんが、お茶を出した後ちょろちょろと出てきて水切れが悪いのが不満です。フルーツをたくさん入れたアイスティーやサングリアを作ると見栄えが良いでしょうね。

日東紅茶 渋みの少ない紅茶
日東紅茶 渋みの少ない紅茶

 日東紅茶の渋みの少ない紅茶です。これをお茶パックに入れてラウンドアイスティーで紅茶を出す作戦です。1リットル当たりティースプーン4杯程度でとても渋い水出し紅茶が出るようです ^^;; きっとお湯で普通に出せば渋みの少ない紅茶が出ると思います。

サーモス 保冷バッグ ミッフィー

 この前のキャンプがとにかく暑かったでクーラーも追加です。サーモスの保冷トート17リットル。ミッフィーの絵が入っています。2リットルのペットボトルが5本入るようですので、これを飲み物用にする予定です。実は同じ柄で6リットルの物も持っています。

ポイ5号
ポイ 5号

 こちらは金魚すくいのポイ5号です。灘区の大きな花火屋さんで購入。1本12円でした。50本買っても100本買っても単価は変わりません。エサ金を10匹買ってきて家で金魚すくいを楽しんでいます。


   
 
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : この本買いました ジャンル : 本・雑誌

タグ : ひなちゃん ファミリーキャンプ

 |  レシピ本  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.03 (Wed)

もっと鉄スキ大スキ!がやってきた

 先日記事にした「もっと鉄スキ大スキ!」が本日やってきました ^^

もっと鉄スキ大スキ!がやってきた

 しっかりと固定して梱包されていました。真ん中のバーコードはレタッチしています。

もっと鉄スキ大スキ!がやってきた

 スキレットの箱と本は接着されていますが、簡単にはがすことが出来ます。

もっと鉄スキ大スキ!がやってきた

 こちらがスキレット本体。

もっと鉄スキ大スキ!がやってきた

 底の刻印はこんな感じ。同心円状に膨れているのでIHではあまり使いたくないかも?100年前の復刻版鉄スキという事でしたが、綴じ込み付録の中に100年前のスキレットの写真があり、それを復刻したそうです。3という数字の意味はそのページを読んだだけでは分かりませんでした。

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 スキレットの型番はL3SK3です。普通の6 1/2インチスキレットの方でした。HEのH3SKではありませんでした。

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 この手の鋳物の製品はどうしてもムラができてしまい出来の良いものや悪いものがあります。今回のものは私の中の基準だと割と良いほうだと思いますがそれでもこのように凹んだり、油の固まりがあったりします。2箇所凹んでいるのが分かるかな?

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 右が今回やってきたもの。左が半年ほど遣ったもの結構色の違いがあります。

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 左右を入れ替えてもこの通りです。重ね合わすとぴったりとかぶさりました。

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 重さは912g。古いものと比べるとざらざらですが、私が持っているロッジの他の製品と比べると上品な仕上がりだと思います。

もっと鉄スキ大好き!がやってきた

 古いほうは875g。こちらは手でさわるとかなり滑らかになっていますが、購入当初はかなりざらざらでした。購入時点では、私が持っているものの中ではざらざらナンバーワンだったかも?

 レシピブックはざっと読んだ感じでは気になる料理がない感じ。なお、レシピブック単体も発売されていますが、スキレット付きの方には16ページの綴じ込み付録があり、7つレシピが付いています。

 とりあえず、オレンジスパイスケーキを今から焼こうと思っています。



 こちらは68レシピ



 こっちは61レシピ
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ダッチオーブン ジャンル : 趣味・実用

タグ : ロッジスキレット

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.26 (Tue)

「もっと鉄スキ大スキ!」が予約受付中

 我が家には色んなレシピ本があります。ダッチオーブンやスキレット用の本も色々とあります。

鉄スキ大好き!

 この鉄スキ大スキ!もそのひとつ。昨年の今頃に本屋で6 1/2インチスキレット付の物を見つけたのですが買いそびれてしまい、2週間ほどでスキレット付きは売切れてしまいました。

ロッジスキレット 6 1/2 でぐりとぐらカステラ

 後日ロッジの6 1/2インチスキレットだけ購入しました。元々は、ロッジのスキレットはこの「ぐりとぐらのカステラ」を作るためだけに購入したのですが、やはり持っていると色んな料理に使いたくなり、鉄スキ大好き!と6 1/2インチスキレット用の蓋(ロッジではカバーと呼んでいます)も買ってしまいました。

 実を言うと当時はそのほうが安上がりだったのです。もちろんロッジとmonoマガジンのロゴが入ったスキレットに価値を見出す人にとってはお値段の問題じゃないと思いますが、私はそんなロゴは特に興味ありません。
 この本を参考に、いくつかの料理を過去にUPしています。燻製の作り方も載っていますが、本気で燻製をしたい人は燻製の本を買うと思うので、その分他のレシピを増やして欲しいけど、この手の本の中では一番お勧めかな?

 実はロッジの製品が2月1日から値上がりするそうです。でも、昨年の12月中旬ごろから既に実売価格は上がっていました。そんな訳で現在ロッジの6 1/2インチスキレットと新しい本のみを買うとちょっと割高になる感じです。
 ところで、先日突然この本のスキレット付き物が再販されてびっくり。しかも、1日で売り切れ、ヤフオクで高く転売されています ^^;; 私は送料が掛かるのと、この本を持っているので買いませんでした。

 そしてまたもやびっくりしたのが、第二弾が2月3日に発売されること。「もっと鉄スキ大スキ!」という本で、作者のみなくちさんのフェイスブックによりますと「LODGE社とmonoマガジンのコラボスキレット(オリジナル刻印入り限定版)が付いてきます。」、「レシピブックは内容を新たに(かぶりナシ!)の68品を掲載。限定スキレットは、100年前の復刻版鉄スキ(オリジナル刻印)です。」と言うことです。100年前の復刻版なら私もかなり興味があります ^^



 そんな訳で即アマゾンで予約しました。6 1/2インチのスキレットがもうひとつあれば、200スキと合わせて3人分の料理が作れます。蓋は一つ持っていて、6インチダッチオーブンの蓋も使えます。



 もし楽天ならこちらがポイント2倍なのでお勧め。ただ、famの口コミで予約したのに買えなかったというのを見た事があるので、予約したからといって安心は出来ませんが ^^;;

 昨年売り切れたので今年はもうちょっと多めに売るかもしれませんが、気になる人は予約したほうが無難かもしれません。ニトリのスキレットも安くて良いですが、こちらはシーズニング済みなので、シーズニングが出来ないIHや最新型のガスコンロをお使いの方でも使いやすいと思います。メンテが大変だと聞き不安になる人が多いようですが、最初お湯で洗うだけで即料理が出来ます。手入れはお湯とたわしで洗って乾かすだけですので、樹脂コーティングされたフライパンより楽なくらいです。ただ、最初の1週間だけは油多目で調理をしたほうが良いです。1週間ほど毎日使えばテフロンコーティングみたいに油を弾くようになり、オムレツだって作れるようになります。あと、耐熱手袋があるとミトンより楽です。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ダッチオーブン ジャンル : 趣味・実用

タグ : ロッジスキレット

 |  レシピ本  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT