2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.02.18 (Wed)

AVシステム総入れ替え (トラブル編)

 いくつかトラブルがあるので、列記しておきます。機種は下記組み合わせで、HDMIで接続してます。
・プラズマテレビ:日立 Wooo P42-HR01
・DVDプレーヤー:PIONEER DV-610AV
・AVアンプ:ヤマハ DSP-AX1900

・CDなどを聞いている最中にTVの電源のON,OFFでノイズが出る。(音が途切れる)
・SACDの場合TVの電源を切ったり、AVアンプをピュアダイレクトモードにすると止まる。
・SACDの場合、TVの電源を切るとDSDで再生できない。TVの電源を入れていても、ピュアダイレクトだとPCMでの再生のみになります。ピュアダイレクトモードの場合、音量を上下させた時、一時的にアンプの画面が表示され、その時のアンプの入力表示がPCMとなっており、音質から想像してPCMで再生していると思われます。
・TVの高速起動モードで予約している時間、TVの予約録画の開始、終了時にノイズが出ます。SACDだと再生がストップ。

 すべてTVの電源がらみの不具合です ^^;; なお、ピュアダイレクトモードでも画像を出力することができますが、上記症状は音声だけの時。

 いろいろと設定を変えてみて、やっと原因と解決方法がわかりました。

1)ノイズの原因
 HDMIに接続しているTVのON,OFFでノイズが出ます。これを回避するには二つの方法があります。
・TVの電源をつけっぱなしにする。
 この方法を現実的に実現するには、私のTVの場合高速起動モードをONにすればOKです。電源が切れていても、HDMIに電気が流れているようです。ただ、消費電力が高くなるのが不満。
・TVの電源を消しっぱなしにする。
 この方法としては、ピュアダイレクトモードで、画像出力をOFFにすればOKのはずです。TVに出力しないわけですから、TVからもHDMI信号が来なくなります。

 現実的な解決方法としては、試聴をすると予想される時間帯を高速起動モードにし、本気で音楽を聴くときはピュアダイレクトモードにして聞くことでほぼ解決です。

2)ピュアダイレクトモードでDSDで再生できない
 こちらの問題を解決しないと、上記解決方法も意味がありません ^^;; 現在の組み合わせの場合、明らかにDSDでダイレクトに入力したときの方が、PCM5.1chで入力したときより音が良いのです。プレーヤーの方が、TVのON,OFFで別のモードと判断していると予想されるので、何度かTVを消して画面無しでSACDの出力をDSDにしてみたのですがうまくいきませんでした。そこで、AVアンプとTVの間のHDMIケーブルを外し、プレーヤーとTVをアナログで接続してみました。音声はHDMIでAVアンプと接続、画像はアナログでTVと直結というわけです。この状態でSACDの出力を見てみたところ、予想通り設定がPCM出力でした。この接続で設定をDSDに変更後AVアンプとTVをHDMIで繋いだところ問題解決しました ^^v

 上記の処置をしたのちでも、当然問題はあります。
・SACDを再生中、TVをOFFでピュアダイレクトのON,OFFでは音がちょっと途切れるだけ(正常な動作)ですが、TVがONの状態だとピュアダイレクトのON,OFFで再生がストップ、プレイボタンを押しても最初から再生される。
・SACDをピュアダイレクトで再生中はTVのON,OFFの影響は受けないが、ピュアダイレクトでない場合TVのON,OFFや予約録画の開始や終了、高速起動モードの開始時間、終了時間などで再生がストップする。プレイボタンを押しても最初から再生される。
・CDを再生中、上記再生ストップするタイミングで音が瞬間途切れる。ただしストップはしないで続きが再生される。

 そんなわけで、ピュアダイレクトで聞けばいつでもOK。そうでない場合は、「さあ聞くぞ!」と思った時から数時間をTVの高速起動モードの予約を入れたら安心して聞くことができます。ちょっと面倒ですが・・・。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : オーディオ ジャンル : 音楽

 |  オーディオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

DC4Tの感想

 先日タンノイDC4TとDC4LCRが日本代理店のティアックから送られてきました。ちなみに運送会社は佐川急便でした。センタースピーカーが思ったよりでかいです。ブックシェルフDC4も含めこの3種類のSP断面はすべて同じ形、サイズみたい。DC4と同じサイズのセンターSPがあったら良いと思います。

 今まで使っていた絶好調のNS-125Fは、エレガントに包み込むように鳴ってくれていました。ただ、中域の厚みがなく力強さに欠けていたのですが、どうなるかな?

 試聴はすべてクラシックのSACD、CD、DVDです。オペラ多めで、オケ、室内楽、器楽もそれなりに聞きます。すべてHDMI接続。SACDはできるだけDSDダイレクト5.1chで聞いています。音量はかなり大きめです。重視するのは生々しさ、自然さ。大事なのは良く鳴ること。詰まった音は嫌いです。ホーンスピーカー大好き。以前は30センチウーファーをゆったりと250リットルの箱に入れ、4ウェイSPを自室で鳴らしてました。私もいけのこもオケの経験があり、生の音をよく聞いています。コンサートにもよく行きます。24畳くらいの部屋の半分を使って聞いています。一応仕切ることもできますが、たいてい仕切りなしで聞いています。

 フロントはトールボーイなのでそのまま付属のスパイクとスパイク受けで設置。細いので一度倒れそうになりました。スパイクを外して、床に張り付けちゃおうかな?w リアのDC4は60センチの高さのスピーカ台に乗せています。邪魔なのでそのうち天井か壁に固定する予定です。センターは何とかぎりぎりテレビ一体のラックの上に乗りました。10Kgまで耐えるらしいですが、ちょっと怖いです。ぎりぎりと言うかラックからはみ出しているので、セッティングとしてはそんなに悪くはない位置だと思いますが、テストトーンを鳴らすと、他のSPと比べるとほんの少しこもった音になってます。テレビのバッフル効果が他のSPより多いし、位置も少し床に近いから仕方ないですね。それとドロンコーンの影響があるのかも?強度的に不安があるので、そのうち(かなり先ですが)現在の棚板をはずし、自作のSP台を作る予定です。

 1週間ほど鳴らしてみましたが、当然のようにエージング不足の音 ^^;; ヨーロッパのちょっとやわらかい音のスピーカーを買うつもりだったのに、結局かなり前に出る音が目の前で鳴ってます。そういえば、昔の本物のタンノイもちょっと硬い音がしていた記憶があります。同軸なので、歌の定位は素晴らしいです。中域の厚みはそこそこあるのでこれからが楽しみ。テレビ番組の会話もそんなに違和感のない音です。今のところ、エージング不足で高音がきつく少し聞き疲れのする音ですが、リビングでCDを楽しむという初期の目的は達成できたように思います。低音を欲張っていない音なので、お店での試聴では分が悪いかもしれませんが、その分効率がよく質の良い低音、中音で、ツイーターとの音のつながりが自然。小さい部屋ならもう少し低音が出ると思います。小さいSPですが大音量でも今のところ問題ありません。センタースピーカーから盛大に歌声が聞こえるDVDを鳴らしてみましたが、心配していたこもりは感じることはなく、一安心です。

 ブックシェルフのDC4を二日ほどスタンドに乗せてフロントで使いましたが、もちろんDC4Tとキャラクターは同じでしたが、ちょっとキャラが強く感じました。DC4Tの方が音のバランスが良くなりキャラクターが見立たないのかもしれません。とはいうものの、DC4Tにフロントを交換して劇的に低音が改善されたようには思いませんでした。

 現在使っているAVアンプヤマハ DSP-AX1900では(他のAVアンプでも同様みたいですが)DSDダイレクトで再生すると、トーンコントロールもスピーカーのバランスも、フロントからスーパーウーファーへの出力の振り分けも無視されます。自動測定の結果もすべて反映されません。ですので、各SPのバランスが大事になるわけですが、今回は5ch分は同じユニットなのであまり問題はありません。問題は5.1ch(クラシックの場合5chが多いのですが)の時のスーパーウーファーと各SPとのバランスです。ざくっと、音楽を聴きながら耳でレベルを合せ自動測定したところスーパーウーファーとフロントスピーカーのレベル差が1dbだったので、しばらくはこのあたりで聞きながら調整を詰めていきたいと思ってます。5.0chの場合の低音不足の補い方はスピーカーのセッティングしかないので、そちらも詰めていきたいと思ってます。

 このユニットカタログを見ると微妙に表記がぶれていますが、ドームということのようです。ティアックに問い合わせたところ、やはりドームツイーターとの返事でした。ホーンツイーターだと思っていたのですが、ドームの前にあまり絞っていないイコライザーをつけただけなのかな?本国のホームページで他の10センチユニットですが、断面の画像を見つけました。見事にホーンなんですが、そちらの表記もドームでした。見た目も、音色はホーンなので、勝手にホーンだと思っておきましょう。
 クロスオーバー周波数は19mmのユニットなのになんと1.5kHz。これは誤植だと思い取り扱っているティアックに問い合わせました。Tannoy から帰ってきたメールには「誤植じゃないよ、ノウハウがあるから任せとけ!」って感じの返事が書かれていたそうです。ま、ホーンじゃなくハードドームだし大丈夫なのかな?

 エラックのCINEMA2SATHGをプレゼンススピーカーとして購入したので、こちらの感想も書いておきます。

 とっても小さいスピーカーなので、クラシックを観賞するためのフロントSPとしては無理があると思われますが、せっかくなのでプレゼンスSPとして壁に固定する前に試しにちょっと聞いてみました。

 とってもまじめに作っているスピーカーだと思われる音を出しましたが、やはり低音不足。チェロの音がチェロに聞こえません。でも、音質的にはお値段以上のものがある感じです。大きいSPの上において鳴らしたら数名はだませるかも?

 見た目は美しいですが、作りはちょっと微妙。底にゴム足があって3点で立つのですが、片チャンネルはまっすぐに立ちませんでした。壁に固定するにはプラスティックの台座に差し込み、その台座を壁にねじ止めした金具にさします。台座に指すときパキパキとSP全体から音がしました。どこから音が出ているのかよくわかりませんでしたが、結構不安。

 プレゼンススピーカーとして使ってみた感じですが、なんとなくタンノイとの音色の違いを感じることもありますが、そもそもDSPで聞く場合目くじらを立てて聞くわけじゃないのでOKかな?
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : オーディオ ジャンル : 音楽

 |  オーディオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.08 (Sun)

AVシステム総入れ替え(購入編)

 DENONのDHT-M380という安い5.1chセットを使っていました。とっても安い製品なので、音楽を聴くには力不足でした。以前は、音楽が聴きたくなったら自分の部屋にある、それなりの装置で聞いていました。でも、妻が忙しく夕食の準備をしている時に自分の部屋にこもるのはねぇ・・・。

 そんなわけでリビングでも音楽が聴ける環境の構築を目指してみました。ちなみに聞く音楽はクラシックがほとんど、とくにオペラをよく聞いています。

 現在のシステムを紹介しますと、

・プラズマテレビ:日立 Wooo P42-HR01
・DVDプレーヤー:PIONEER DV-610AV
・DVDレコーダー:SONY スゴ録 RDZ-D700
・AVアンプ:ヤマハ DSP-AX1900
・フロントSP:ヤマハ NS-125F
・センターSP:ヤマハ NS-C125
・サラウンドSP:DENON SC-A33XG
・フロントプレゼンスSP:DENON DHT-M380 付属の小さなスピーカー
・サブウーファー:ヤマハ NS-SW310

 フロントSPは自室のセパレートアンプに接続したところ、かなり良い音を出していましたので、プレーヤーとアンプを買ってみました。パッシブタイプのサブウーファーは使えないので、サブウーファーも買い足さなくてはなりませんでした。

 予想通り素晴らしく音が良くなり大満足 ^^v 気軽に音楽を楽しむならこの程度で十分だと思います。以下は、購入した商品の簡単な感想です。

 DV-610AVはDVDプレーヤーというよりSACDプレーヤーとして購入しました。自室のプレーヤーの1/10程度の価格ですが、SACDマルチはこちらでしか鳴らせませんし、HDMIで接続した場合の音質は価格以上のものだと思われます。
 DVDの画質がDVDレコーダーと比べ驚くほど違うのにはびっくり。こんなに音も画質も違うとは思いませんでした ^^;;
 価格が安く、もし音が悪くてもあきらめることができる値段だったので購入してみたのですが、予想外に良い買い物でした。

 DSP-AX1900には有名なホールの響きを再現する機能が付いているので、古い録音の演奏を聴くとき便利そうなので、これに決めました。実際に使ってみると、それなりの歌手の声がとっても立派に聞こえたりして、かなり面白いですw フロントプレゼンススピーカーで前後だけではなく、上下の響きも出せるのですが、これもとってもおもしろいです。
 テレビのセンタースピーカーだけを使うモノ放送の音声を、自動的に左右のSPから鳴らすようになっているのはとっても嬉しい。違和感無くテレビの音声をアンプで再生できます。
 アンプはもっと高いものを買いたかったのですが、現在HDMI規格の対応にメーカーが追われているようで、数年後には買い替えしなくてはならない気がするので、ヤマハの高級AVアンプシリーズの中で一番安いものに決めました。残念ながら、このアンプでもHDMI絡みの怪しい動作が散見されます。どちらかというとアンプというより他の機器との相性だと思いますが・・・。

 NS-SW310は今まで使っていたウーファーが使えないので、とりあえず安くて置き場所に困らないサイズの縦型のものでそれなりのものということで買いました。今までと違って出しゃばらずに低音だけを出してくれるので、なかなか良い感じです。


 そんなわけで現在絶好調で鳴っていますが、なにぶん安物スピーカーなので買い替えたくなります。というか、スピーカーを買い替えるつもりでアンプを買いましたw
 リビングに置くのであまり存在感があるものは好ましくないのでスリムなトールボーイタイプのスピーカー、幅20センチ以下が希望。スピーカーの仕上げがビーニールシートでは情けないので、ツキ板仕上げ必須。
 現在自室で使っているSPがJBLのLS60というSPを往年のセパレートアンプで鳴らしています。アメリカ西海岸のメーカーのスカッとした音(中国製だけど・・)なので、リビングにはヨーロッパ製の落ち着いた音色のものを買って音色の違いを楽しむ予定です。

 AVシステムは映画の派手な音を楽しむ必要もあるので、AVシステムにヨーロッパのSPを選ぶのはちょっと不安な面もあるのですが、今の安物でも十分に映画の音なら派手になっているので心配ないと予想してます。

 センタースピーカーから盛大に歌声が聞こえるDVDがたまにあり、フロントSPとセンターSPが違うととっても違和感があるので、センタースピーカーが同じシリーズでそろえることができることが必須条件です。

 そんなわけで候補は
・タンノイ DC4 T 幅16.9センチが魅力です。
・エラック 247 ピアノブラックが素敵です。幅もかなり狭いです。
・KEF iQ50 安いけど、ツキ板仕上げも選べる。幅17.5センチ
・DALI IKON6、Tower。 古くリアSPやセンターSPの調達が?

 タンノイ、KEFは聞いたことがないので視聴が楽しみです。試聴にはワーグナーのSACDを持っていきました。小型スピーカーには厳しい合唱も含まれるちょっと意地悪なソースです。

 スピーカー購入を決めてから、最初に聴き比べに行ったお店は、以前はオーディオに熱心に取り組んでいた量販店。現在もかろうじて扉を閉めることができる視聴室があり、いくつか聞き比べをしてみました。ただし、店員はリストラで人が少なくお忙しい? メーカーの人が付き合ってくれました。以前視聴した時も同様でしたが、これじゃこのお店で買う人いないだろうなぁ・・・。
 この視聴室の音はそんなに悪くなくスピーカーの音色の違いくらいはわかりました。エラック243を聞きましたが、どうも私好みじゃない感じです。でも、ユニットの見た目とは違い、良い音なのは確かだと思いました。タンノイのオートグラフミニは低音はないですが、わりと良い感じ。DC4Tも同様のユニットを使っているので期待が膨らみます。

 次は大型量販店。スピーカーの種類が多く希望のスピーカーを聞くことができましたが、試聴室がなく雑音だらけ。しかも音が悪く歪っぽい。エラックの247を聞きましたが最初の店の243と同じような音を出していましたので、これはキャラクターなんでしょうね。やはり私の好みではなく、エラックは脱落です。DC4Tは歪っぽいだけじゃなく、大入力に悲鳴をあげてました。かなり大きな音で聞くので、これはちょっと心配。でも、これだけすべてのSPの音が悪いと聞き比べにならないです。
 このお店はかなり大きいので各メーカーが個別にブースを持っています。こちらはわりと良い音で聴けますが、希望のSPは置いてない。せっかくなのでヤマハのブースでNS-F700をフロントSPに使った5.1chでDVDを聞いてみましたが、センタースピーカーのセッティングの為なのか、声がとっても図太くなってしまいました。

 今度はオーディオ専門店。残念ながら個人経営の専門店はそんなに多くの在庫を置いておくわけにはいかないので希望のSPを聴くことができませんでしたが、試聴室の音質はぴか一でした。できたらこういうお店で買ってあげたいのですが、欲しいSPがないんじゃねぇ・・。

 次のお店もオーディオ専門店です。でも、タンノイを置いていた場所では、めったに試聴する人がいないのかな?ちゃんと音が出るまでに10分くらいかかりました。こちらにはタンノイが置いてあったので聞かせてもらいますがDC4Tは相変わらずすごくひどい音。あまりの音の悪さに、ちゃんと鳴ったら良さそうな音のように思えてきましたw ついでにDC6Tも聞きましたが、こちらのほうがましでした。この兄弟スピーカーはキャラクターが違う気がしました。IKON6も聞きましたが、こちらはもっと音が悪かった。SPが悪いというよりはお店が悪いんでしょうねぇ・・・。

 次のお店もオーディオ専門店です。高校生の時アンプを買いに日本橋に行き、オーディオ専門店を1日かけて値段を聞いて回り、一番安かったこのお店で買った思い出があります。こちらでやっとKEFのiQ50を聞くことができましたが、ちょっと期待外れ。雑誌などで評判が良いiQ30も聞きました。こちらのほうが好ましい感じですが、どちらも今まで聞いたSPとはグレードが違うようです。確かに値段も安いしね。Towerも聞きました。これは以前から注目しているSPでもっと良い音で鳴っているのを何度か聞いていますがこのお店ではいまいち。センターSPのユニットが小さいのが不安だし、キャラ的にワーグナーのオペラには向かないかも?いずれのSPも条件を整えてちゃんと鳴らせばもっと良い音はするとは思いますが・・・。
 このお店にはブックシェルフのDC4が置いてあったので聞かせてもらったけど、やっぱり歪っぽい音。いけのこ曰く「荒々しい音」がしてました。でも、きっと家で鳴らすと良い音がしそうな予感があったので、タンノイに決定。DC4T、DC4LCR、DC4の5本のSPを購入しました。DC4だけは在庫があったので持ち帰り。残りはメーカー直送です。

 ドキドキしながら家でDC4を鳴らしましたが、エージング無しにもかかわらずそれなりにまとまった音で鳴ってくれ一安心。お店で聞いた歪っぽさは全くなかったです ^^v 早く5本そろって鳴らしたいものです。そうそう、メイドインUKなのはうれしかった。

 それにしても試聴室の音の悪さは昔も今も変わりませんね。スイッチボックス経由の音で音質(音色じゃないです)の違いを聞き分けるのは骨が折れます。そんなわけで、以前は視聴室で直結で聞き比べをしたものです。でも、自宅で試聴させてもらうと、試聴室で直結で聴き比べした結論が逆転することもよくありました。聞き比べは難しいですね。慣れないうちは耳があっという間に疲れちゃうしね。初心者の質問に対し「お店で聞き比べをして自分の好きな音のSPを買いましょう」なんて紋切り型の回答を時々見かけますが、あれだけ悪い音で試聴したんじゃ初心者でなくても正確な結論なんて出せない気がします。

 プレゼンススピーカーにはDHT-M380 付属の小さなスピーカーを使っているのですが、壁に時計を付ける金具でぶら下げているので地震が来たら落っこちるかも? そんなわけで、エラック CINEMA2SATHGを購入。このSPには壁に水平方向にスピーカーの向きを変えることができる固定金具が付いているので、しっかり固定できるのが魅力です。エラックとは思えないくらい安いしね。本当は、Tannoy arena series AR-SAT が欲しいけど、これだと取り付け金具を合わせると10万円オーバーコースになっちゃいます。フロントプレゼンスにそこまでお金をかけるのはねぇ・・・。そのうち買うかもだけどw

 数日後にSPが揃うので、しばらくしたら音の感想を書かせていただきます。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : オーディオ ジャンル : 音楽

 |  オーディオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.04 (Wed)

ピアノとAVアンプがやってきた

 最近更新ができなくて申し訳ありません。ピアノとAVアンプがやってきたのでPCに向かう時間があまりなくて、書き込むことができていません ^^;;
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。
 |  オーディオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |