2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.03.23 (Thu)

油淋鶏とほうれん草のキッシュ

 みなくちなほこさんの「もっと鉄スキ大スキ」の油淋鶏をいけのこが作ってくれました。

DSC00036.jpg
DSC00033.jpg

 このレシピは6 1/2インチスキレット2枚を使い、揚げるのに1枚、たれを作るのに1枚使うのですが、お肉が大きすぎたみたいで、スキレットではなく鉄のフライパンで揚げてたれもソースパンで作ったようです。

DSC00029_20170323222410612.jpg

 こちらはほうれん草のキッシュ。「ダッチオーブンを使ったら書き込もう」に記事をUPしています。
ほうれん草のキッシュ
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 中華 ジャンル : グルメ

 |  中華  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.09 (Thu)

中国黒酢で酢豚と手羽中

 先日業務スーパーで中国製の黒酢を買ってきました。我が家は基本的に中国の食材を使いませんが、、この手の調味料だけはそうも行かないですね。

IMG_4679.jpg

 最初は酢豚。懐かしい町の中華屋さんの味ですね ^^

IMG_4851_2017030920244605d.jpg

 手羽中は池のこのオリジナルレシピ。気分で黒酢を入れちゃったみたいですが、美味しかったです。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 中華料理 ジャンル : グルメ

 |  中華  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.21 (Wed)

久しぶりに餃子

 久しぶりにスキレットで餃子を焼きました。もう焼き方を忘れたので、このブログで餃子を検索して焼き方を調べて焼きました ^^;;

スキレットで餃子

 今回は44個餃子ができたので、22個ずつ焼きます。最初はスキレットが180度になった時点で油を入れて並べて焼きました。お湯は覚書どおり150ml。

スキレットで餃子

 ちょっと水分が多すぎる感じで、飛ばすのに時間が掛かりました。火力が弱かったのかも? 合計9分焼いたのかな?焼き目がサクサク、具は水分たっぷりです。

スキレットで餃子

 2回目は200度にしてから火を止め油を入れて餃子を並べました。お湯は130mlに減らしました。水分を飛ばす必要がなく3分ほど短縮しました。焼き目が全然違うのが面白いですね。こちらの方がサクサク感が少なくなり、具がしっかりしています。好みが分かれる焼き上がりになりました。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : おうちごはん ジャンル : グルメ

タグ : ロッジスキレット

 |  中華  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.19 (Sun)

肉団子の甘酢あんかけ

 子供のころ肉団子が大好きでしたが、残念ながら最近はおいしい肉団子を食べていないので、いけのこに頼んで作ってもらいました。

肉団子

 今日の料理ビギナーズのレシピで作った肉団子です。とても美味しく、満足です。ひなちゃんも気に入ったそうです。

杏仁豆腐

 こちらは、いけのこ手作りの杏仁豆腐です。残念ながら杏仁の香水のような香りはひなちゃんはあまり好きでなかったようです。なのにお代わりをするのはフルーツを食べたかったからかな?
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : おうちごはん ジャンル : グルメ

 |  中華  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.09 (Thu)

10 1/4インチスキレットで餃子

 まだまだ鍛え方が足りない10 1/4インチスキレットですが、思い切って餃子を焼いてみました。

スキレットで餃子

 今回は50個作る予定でしたが、具が足りなくなって46個。その半分の23個を焼きました。

スキレットで餃子

 お!思ったより上手く焼けました ^^ ただ、フライパンの縁に当たった部分が取れにくかったので2回目は少し内側に並べ、縁に当たる部分に油をちょんと付けながら置きました。

スキレットで餃子
スキレットで餃子

 こちらも上手く焼けました。前回は9インチ3回と、6 1/2インチ1回で4回掛けて焼いたので随分楽になりました。ただ、10 1/4インチになると9インチより加熱に時間が掛かるようで、全体的に1回焼くのに時間が掛かっているので、お湯を減らしてもう少し早く焼けるようにしたいです。それと、9インチで焼いたときに比べるとスキレットに張り付いている感じが強かったので、まだまだ研究が必要ですね。

土鍋の蓋置き
土鍋の蓋置き

 先日パール金属の「土鍋の蓋置き」を試しに買ってみました。ル・クルーゼと土鍋、そして10 1/4インチキッチンダッチオーブンの蓋、9インチ、6 1/2インチスキレットの蓋は上手く置けました。随分と小さな台なのですが大きな蓋を乗せてもわりと安定しています。受け皿は小さすぎてこぼれますが、ないよりマシです。なお、30センチのタジンの蓋も問題なく置けましたが、重心が後ろに来るため、他の蓋ほどは安定していない感じがあり、衝撃を受けると後ろに倒れるかも? キャンプダッチオーブンの蓋は他の蓋とは形が違うため固定できませんでした。一番安い時は350円くらいだったのですが、現在は540円くらいで安定しているようです。



 今回の手順の覚書
1)最初の油は20ml、最後のごま油は7ml。2分30秒ほど強火で焼き煙が出たら油回し。
2)餃子を並べてから、中火で焼き色をつけるのに2分30秒
3)お湯を150ml入れてみた。結構激しく沸騰した。
4)お湯を入れてからは7分くらい焼いてチリチリした音がしたら蓋を開けて2-3分焼いて水分を飛ばした。
5)水分を飛ばしながら、30秒ごとにスキレットを動かして均一な焼き色を目指した
6)水分が飛んだら、ごま油を回しいれてから、少し焼く
7)中央の穴の餃子2個を取り、中央からターナーを外周に向かって当たるまで放射状に差し込み餃子を外す。
8)外周の鍋から外れていないところは、竹製のバターナイフを差して外す。

 次回は油の量を反対にして、最初に5ml、最後に15mlで実験してみたい。お湯の量ももう少し減らしてみたい。心配していた蓋の形ですが、餃子を焼く程度ならなんら問題ありません。蓋の形を理由に10 1/4インチではなく9インチを買うのはナンセンスかもしれません。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 餃子 ジャンル : グルメ

タグ : ロッジスキレット

 |  中華  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.22 (Sun)

3匹のコブタまん

 手羽先餃子用に作った具材が余ったので、いけのこが豚まんを作ってくれました。もちろんイースト発酵の生地です。

3匹のコブタまん

 3匹のコブタが大好きなひなちゃんが大喜びでした。

角煮マン

 私が作った角煮も角煮まんで頂きました。明日にでも角煮の記事をUP予定です。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 手作りパン ジャンル : グルメ

タグ : 自家製パン

 |  中華  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.02 (Sat)

スキレットで餃子を焼く

 先日、自家製のニラを使って餃子を50個いけのこが作ってくれたので、私が9インチと6 1/2インチスキレットで焼いてみました。無駄に長い記事ですが、覚書として残しておきます。

スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ

 最初はいけのこ曰く両面包みの餃子。最後にごま油を回すのを忘れたためなのか、両面包みだからか? あまり焼き色が良くありません。皿が小さく、スキレットを反転させると、油がたれそう。

スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ

 お湯を入れて軽くスキレットを洗って二皿目。今度は最後に油を入れたし、これはきれいな焼き色です。包み方ではなく、最後の油が重要だと言うことですね。なお、水分は1回目は適当。2回目と3回目は70gです。皿を大きくしたので油がこぼれることはありませんが、皿がずれるのでこっちのほうがちょっと危険度が上がった感じ。お湯を入れる瞬間の音が大きすぎてひなちゃんがびっくり。すぐに蓋をしますが、回りがかなり汚れます。

スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ

 3回目もかなりきれいに焼けました。軽く洗いましたが、洗わなくても焼けそうなくらいきれいでした。1回目からですが、画像のようにスキレットをずらして30秒ずつ火の当たる位置を変えることを2分間続けています。お湯を入れる前に強火にするのをやめましたが、焼き上がりには関係ないようです。音は小さくなりましたが、回りが汚れるのは相変わらず。ゴマ油のまわりが悪かったのか、焼き色が悪い餃子があります。

スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ
スキレットで自家製ぎょうざ

 残り7個になったので6 1/2インチスキレットで焼きました。小さなスキレットなのでスキレットの位置を動かす作業が必要ないので楽です。そして、一番きれいに焼けました ^^v 焼色については最後にごま油を入れてからの時間が重要なのかもしれません。

・スキレットで餃子を焼く手順
1)空焼き。 強火で約2分30秒ほど空焼すると煙が出てきます。
2)油回し。 一旦火を消し、油を1センチほど入れ中火にして1分ほどスキレット全体が均等に温まるようにします。
3)油を入れる 油回しした後の油だけじゃ足りないので、油を足して中火でほんの少し暖め、油を全体にまわす。
4)餃子を入れる 火を消してから餃子を並べる。最初と最後で焼き色に差が出るのですばやく。
5)少し焼く 軽く焼き色が付くまで中火で少し焼く。
6)お湯を入れる 9インチで70cc、6 1/2インチで40ccのお湯を入れる。
7)蓋をして4分焼く 3分ほどでちりちりと音がすると思うが4分焼く。
8)蓋を外して少し焼く 水分を飛ばすために30秒程度焼く。
9)ゴマ油をまわす ごま油を鉄肌にまわし入れる。(火は付いたまま、蓋を外したまま)
10)餃子を外す 鍋にちょっと引っ付いているものを、中央から小さなコテを入れて外しておく。
11)取り出す 火を消し皿をかぶせ、スキレットと皿をそのまま反転させて取り出す。

 今回はこんな感じで焼きましたが、スキレットに強く張り付くことも無く簡単にはがれました。6 1/2インチのほうが熱が均等で美味しく焼ける事が分かりました。水分は正確に測るためにわざと小さな計量カップを使ったのですが、ちょっと小さすぎました。次回は100ccの計量カップを使ってもう少し水分を多めにして再挑戦してみたいと思っています。
 焼き色が6 1/2インチのほうが良いのは、同じ火力で同じ時間焼けば当然かもしれません。9インチはもう少し焼き時間を増やしたほうが良いのでしょう。どこの時間を伸ばせば良いのか良く考えてみますが、最後のごま油を回しいれた後が重要な気がします。9インチと6 1/2インチでは厳密には全ての時間が違うと思います。6 1/2インチはこの時点で全ての餃子が鍋肌からはずれていました。そのため均等にごま油が行き渡ったのかも? またごま油の量が重要な気がします。
 両面包みより片面包みのほうが1個多く並べる事ができる。

・次回への反省点
1.100ccの計量カップを使い、お湯を少し増やす。
2.餃子1個当たりの焼き油と、仕上げのゴマ油の量をきちんと計量する。
3.ごま油を入れる前に全ての餃子を鍋から外しておく。
・ブログランキング参加中です。 ポチっと応援していただけると嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園料理 ジャンル : グルメ

タグ : ロッジスキレット

 |  中華  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT